SPONSORED LINK

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJINです。

これまでTOEFL、IELTS、英検1級、もちろんイギリスの大学でのたくさんのテストなど様々な英語のテストや試験を受けてきました。

でもまだTOEICだけは受けたことが無いんです。

もはやTOEICなんて必要なわけでも取る必要も無いんですが日本では重要とされている英語の試験であり、このようなサイトを運営するにおいて受けたこともないテストについて偉そうに読者の方々に対して記事を書くことは僕にはできません。

そういう訳で完全に自己満足とこのサイトで記事を書くためだけにTOEICを受ける事にしました!

やるからにはもちろん990点満点を目指すつもりでいます(満点取れなくてもちゃんと随時結果報告します、むしろ満点取れるまでやり続けます!一緒に頑張りましょう!)

当サイトの英検やIELTSの勉強法記事では執筆時にテストが既に終わっていたため、結果論的な見解で内容を書いていますが、今回は本番を受ける前に僕がやろうとしている、やっている勉強法をリアルタイムでそのままお伝えしたいと思います。

TOEICで満点を目指すためにイギリスの大学を卒業し、英検1級を持つ僕はこうやって勉強する!

今回はTOEICのリスニング編です。

TOEIC専門のサーシャ先生と共に、TOEICで一発で高スコアを目指す為のリスニング対策・勉強法を裏技も織り込みながら紹介していきます。

TOEIC専門、サーシャ先生
サーシャ先生
TOEIC専門のサーシャです!今日は私と一緒にTOEICで一発で高得点を目指すリスニング対策を学んでいきましょう!

まずはとにかくTOEIC単語を攻める

※最初の部分はリーディング編と重複しています、既にリーディング編をご覧になった方は単語の部分は飛ばしてください

TOEICは極論点さえ取れればいい

TOEICを受験される方のバックグラウンドは様々です。

  • 大学に通っていて半ば強制的に受けさせられる大学生
  • TOEICのスコアが採用基準にありなんとしてでもスコアを取りたい就活生
  • 職場でTOEICを取るように言われている社会人
  • 転職するためにTOEICのスコアを取りたい人
  • 職場内で昇進を目指すためにTOEICのスコアを取りたい人

ざっと考えてこんなもんです。

ほとんどに共通しているのが「点さえ取ればいい」んです。

そこがゴールな訳で、TOEICは勉強して総合的に英語力を伸ばそうと考える人が受けるようなテストではありません。

むしろ英語力を伸ばすためにTOEICを目指そうと思っている人は考え直した方がいいかもしれません。

TOEICは勉強すれば誰でも点が取れる仕組みになってる

TOEFL、IELTS、英検(準1級、1級レベル)はそれに向けて勉強をしたとしても総合的な英語力、地力が無ければなかなかスコアを伸ばしたり合格することが出来ません。

その代わりTOEICは誰でも勉強すればスコアは伸びます、極論学生時代の勉強すれば点が取れる日本史や世界史の定期テストと似ているかもしれません。

TOEICに向けて勉強した人が報われるようなテストです。

それはなぜか、一番大きな要因は総合的な英語能力、スキル、思考能力、アウトプット能力が必要になるスピーキングとライティングが無いことです(利用者は少ないですがスピーキングとライティングのあるTOEICも一応あります)

正解のないIELTS、TOEFL、英検のスピーキングとライティングで満点を取ることはまず不可能です。

その一方でTOEICは選択式のリーディングとリスニングだけなので満点を取ることが可能です、そして英語的思考力、アウトプットが必要ではないので勉強すれば高スコア取れる仕組みになっています。

英語力を伸ばしたいならTOEICを勉強するのは間違いだ、と最初に言ったのはそういう理由からです。

こちらに関する詳しい記事は過去に書いていますのでご興味がありましたら読んでみてください。

勉強すれば点が取れるからこそ専門の単語帳で攻める

前置きが長くなりましたが単語の方に戻りましょう。

勉強すれば高スコアが取れるテストだからこそピンポイントでTOEIC専門の参考書のみをやるべきです。

IELTSやTOEFLの勉強記事では留学などを見据えた受験者が多かったり、地力が必要な試験なので地力を鍛えるようなアプローチや今後使えるような総合的な英語学習アプローチと共に勉強法を紹介しましたがTOEICは違います、とにかく得点にこだわりピンポイントで攻めるべきです。

様々な単語帳がありますが僕は以下の理由でこちらの書籍を選びます

  • 収録単語が多く1冊でたくさん網羅できるから
  • 初心者用のみとか上級者用のみではなく全レベルに対応しているから
  • レビューや評価が良いから

まずとりあえずはこれ1冊を終わらせるまではこれだけで十分です。

というか他のIELTSやTOEFLでもそうですが単語帳は収録数の多いものをまず選んで1ページ目から最終ページまで記憶するまで他の単語帳に移る必要なんてありません。

載ってる単語なんて大して変わらないですし、だったら収録多い方を買うよね、っていう考えです。

TOEIC専門、サーシャ先生
サーシャ先生
TOEICに関わらず英語テストでまず着手すべきなのは単語です、単語を知らなければ何もできませんよ

英単語は僕が唯一信じる単語習得法で覚える

高スコアを取りたければこの書籍に載っている3000語を全部覚えます。

難しいと思われるかもしれませんが言うほどそんな事ないです。

僕は英語を17歳の時に本格的に興味を持ってからイギリスの大学を卒業するまで様々な英単語記憶の方法を調べては試してきましたがこの方法を編み出してからはこの方法一本で来てます。

色々試して試行錯誤した中で色々な要素を組み合わせて自分でアレンジして完成させた方法です。

今あなたが

「この単語帳の単語全部覚えてね!」

と言われたら皆さんはどのように覚えますか?

  • 単語帳をそのまま使う?
  • ノートに書きだす?
  • 暗記ペンや暗記シートを使う?
  • とにかく読み込む?

残念ながらこの挙げた4つの方法で覚えている人はとっても損をしています、効率的ではありません。

やり続ければいずれは覚えられるかもしれませんが効率的ではない為莫大な時間を単語学習に費やすことになります。

そしてこれらの方法で覚えた単語は覚えたと思っていたとしてもすぐに忘れます。

みなさんは

「暗記したはずなのに忘れた…出てこない…」

なんて経験はありませんか?

もちろん人間は多少は物事を忘れていく生き物なので忘れる事はありますが、記憶の中に長く刻み込む方法はあります。

SCRATCHH COが受験英語、英会話、その他英語試験に関わらず誰にでも推奨する詳しい覚え方はこちらの記事に載っています↓

こちらの記事をじっくりと読んでいただくのが一番分かりやすいですが簡単に要約をすると

  • 全ての単語を英英で覚えようと絶対にしてはならない(時間の無駄)
  • 単語は自分で取捨選択をして英和で覚えるものと英英で覚える物を分ける(時間短縮、効率アップの為、取捨選択の詳しい方法は上の記事内にあります)
  • ノート書き、暗記ペンなどの使用は絶対にしない(単語を順番で覚えてしまうため)
  • 単語集をそのまま使うのも絶対にNG(単語を順番で覚えてしまうため)
  • 覚える目的は暗記ではなくてその単語を使いこなすこと
  • 短期間で詰め込まない事(ルーティーンにして毎日やらなければいけません)
  • 単語カードを使って勉強をすること(単語カード勉強法の説明と工程は要点ではまとめられません、こちらの記事を参考にしてください)

僕が知りうる中で一番定着率が高く効率が良い方法です。

TOEIC専門、サーシャ先生
サーシャ先生
だまされたと思ってJINさんの経験を信じてみて!

SPONSORED LINK

新TOEICリスニングの問題特徴を把握する

Part 1の特徴

Part 1は人物写真と風景写真を基にした問題形式です。

10枚の写真があり、各1枚に関する正しい記述を当てるという問題なのですが、難しい問題とはとても言えないです。

Part 1は頻出単語、表現さえ押さえて形式に慣れさえすれば誰でも取れそうな問題ばかりです。

対策すれば簡単に取れる、絶対に落とせない部分です。

感覚的にはいかにも受験の英語で出てくる発音問題とか対策と慣れがモノを言う問題と同じような感じです。

Part 1の対策

Part 1に関してはどれだけ同じような問題を解いてマスターしたのか、というところがキーになってきます。

場数がモノを言うと言いましょうか…

場数をこなしていくことで、写真のどの部分を重点的に見れば良いのか、リスニング内でどんな単語を気にかけて聞いていけばいいのか…そういうところが自然に分かってきます。

傾向と頻出単語さえ掴めば誰もが点を取れるパートです。

まだ英語力があまりなく、TOEICもまだ受けたことが無いという人には初心者用の参考書を一つ手に入れておくことをお勧めします。

こちらなんかはパート1とパート2両方網羅しているので初心者の方にはおすすめです。

上級者の人はより実践的な公式の問題集を解きまくる事ですね。

TOEIC専門、サーシャ先生
サーシャ先生
パート1は本当に慣れです、慣れれば解けます!

Part 2の特徴

Part 2は「応対問題」と呼ばれる問題形式です。

英語リスニングに苦手意識を持っている人であれば結構恐怖に感じる部分かもしれません。

長文のリスニングではないのですが、ひっかけ問題がある為簡単に引っかかってしまう可能性のあるパートです。

「応対」と聞いて分かるように疑問文で聞かれて、適切な答えを選ぶという方式です。

こちらも引っかからずに攻略できる対策はあります。

Part 2の攻略

パート2は応対、相手の疑問文に対して適切な答えを選ぶ問題です。

疑問文の先頭に使われる単語は限られます、いわゆる6W1H(+Be動詞)と呼ばれる単語です↓

  • What(なに)
  • Where(どこ)
  • When(いつ)
  • Why(なぜ)
  • Who(だれ)
  • Which(どれ)
  • How(どうやって)
  • Be動詞+Do, Does, Did, Will

これさえ聞けば選択肢の4つから絶対にありえないものを排除できますよね。

例えば、答えがYes/Noになる質問文はBe動詞+Do, Does, Did, Willのみです、6W1Hで聞かれた質問にYes/Noで答える事はありません。

一番意識するのは疑問文の先頭の部分です。

あとはHowは他の単語と繋がってトリッキーにもなり得ますのでそこの確認もしっかりとしておきたいです

例:

  • How long(どれくらいの間)
  • How far(どれくらい遠く)
  • How much(どれくらいの値段/量)など
TOEIC専門、サーシャ先生
サーシャ先生
質問の先頭に何が使われているかを聞き取ることでそれに対する答えがどのようになるのか割り出したり、絞り込んだりする事ができます。

Part 3の特徴

Part 1やPart 2とは違い割と長文のリスニングです。

ゆえに英語力だけでなく、集中力や処理能力が必要になるパートです。

長文を一言一句聞いて覚えようとしては絶対に頭がパンクしてその後に響きます。

長文の中から大切だと思う部分を抽出して処理するアクションが必要になります。

Part 3の対策

長文リスニングでまずしたいのは問題文の先読みです。

問題文を先読みする事でこの会話が

  • 何についての話なのか
  • どんな人物がどんな状況/場所で登場するのか
  • 質問では何を聞いているのか

を大体でいいので把握しておくとリスニング自体が楽になります。

あとは設問を先読みしたうえでどんなところを重点的に聞くべきなのかを考え、実際のリスニングでもその部分に対して重点的に耳を傾けてみましょう。

また、初心者の方はこちらの本から始めてみると安くていいと思います。

Part 4の特徴

Part 4とPart 3はかなり似ています。

というのもこちらも長文の問題形式なのですが、唯一の違いはPart 3が複数人の会話長文だったのに対してPart 4の登場人物は一人というところです。

一人でどうやってスピーキングすんねん、という話ですがこんなような場面がPart 4には使われています。

  • ニュース
  • 留守番電話
  • 空港、駅のアナウンスなど

Part 4の対策

登場人物の数が違うだけで長文という事は変わらないのでアプローチとしてはPart 3とはほとんど変わりません。

しかし個人的には複数人の会話のリスニングよりも1人がスピーチしているような状況のリスニングの方がやりにくく、また難しいと感じます。

こちらもPart 3同様設問分の先読みが重要になります。

SPONSORED LINK

リスニング中にやってはいけない3つの鉄則

TOEICに関わらずリスニング中にやるべきではないことがいくつかあります。

これを知っておくと効果的にスマートにリスニングに対して回答する事ができるのでぜひ心に留めておいてほしいです。

1.考え込んではいけない、そういう時はあきらめる

人間というのは分かりそうで分からない物があるとずっと深く考えてしまうようにできています。

あなたもこんな状況を何度も経験したことがありますよね?

「あーあれなんだっけ?頭のここまで出てきてるんだけどなぁ…」

さぁあなたの経験上この状況から10秒以内に答えが出てきたことは何回くらいありますか?

僕は恐らく0です。

さぁ日常でこの状況が起こったとしても別に損するわけでもありませんし、みんなで答えを考え出す過程が面白かったりするものです。

しかし!

音源が一回しか再生されない時間制限のあるTOEICリスニング中にこの状況が起こってしまったら絶対すぐに諦めるべきです。

一旦考え込んでしまうとその問題以降のリスニングに響きます。

次のリスニング音源が流されるまでに思い出す可能性はほぼありませんし、次の問題への準備が厳かになってしまいます。

それを引きずり続けると最終的にドミノ倒しのように取れるはずの点を落とすことになります。

モヤモヤ考えたくなる気持ちは痛いほど分かりますが、バシッと諦めましょう!

TOEIC専門、サーシャ先生
サーシャ先生
常に1問1問は全体のたくさんある中の1つという意識を持ちましょう、たった1つの設問の為に残りを台無しにしてしまうのは勿体ないです

2.訳しながら聴いたらもう時間遅れ

「英語を喋ってる時って英語で考えるの?日本語で考えるの?

よく耳にする疑問です、僕も英語が出来るようになるまでは日本で育った日本人が英語で考えられるわけないだろ!

なーんて思っていましたが僕も今英語を使う時の思考回路は英語です。

わざわざ日本語で考えて脳内で翻訳していてはリスニングだけに関わらず全ての状況において時間遅れになり、会話すら成立しないからです。

まず英語を英語で聴く必要がある理由を少し挙げてみましょう

  1. 日本語で考えているとスピードが追いつかない
  2. 情報量が多すぎて頭がパンクする
  3. 脳内変換の過程で情報が抜ける、忘れる

日本語で考えていたらこんなデメリットがあります。

リスニングテストでスピードに追い付けないというのはもはや致命傷です。

問題についていけなくなったらそこで試合終了です。

リスニングが苦手な人へイチオシのルールブック

今話した

「頭の中で日本語考えちゃいがち」

「英語を聴きながら英語で処理するのは難しい…」

と感じる人に読んで欲しい一冊です。

タイトル通りどのように考えれば、テクニックを使えば英語思考に近づけるのか、というのを順を追って説明しています。

ルールブックのようなものです。

しかし既に脳内で英英で考える事が出来るような人にとっては恐らくレベルが低いかもしれません、あくまで「リスニングが苦手!」もしくは「リスニングを英語で聞いて英語で考えられない」という人へおすすめします。

3.しっかりと次を見据えて準備していく

野球のイチロー選手やサッカーの中田選手、本田選手なんかは常にインタビューなどで準備の大切さを語ってきました。

リスニングテストも同じで準備がモノを言います。

この際の準備というのは事前の対策準備だけでなく、次の1問への準備も含みます。

1つ目のルールで考えすぎてはいけないと言いました、それは次の問題への準備が遅れてしまうからです。

焦ってしまうとリスニングの音源が耳に上手く入ってきません。

これは誰もが経験したことがある事でしょう、英語力が無いから入ってこない場合ももちろんありますが、精神状態が準備できていない、整っていない場合もこれは起こります。

次の音源が始める前に少なくとも一息つくくらいの時間の余裕を持ちたいところです。

TOEIC専門、サーシャ先生
サーシャ先生
準備ができていないうちに問題が始まってしまうと必ず焦って聞き逃します、絶対に一息おけるくらいの感覚は確保しましょう

TOEIC公式問題集で傾向を掴んで攻める

TOEIC専門の単語帳をある程度進めて覚えてきたら(6~7割くらいかな)TOEICが公式で出している問題集で実戦経験を積みましょう。

色々なTOEICの問題集が出ていますがやはり公式問題集は唯一無二の存在です。

問題集を使った無駄のないリスニング勉強の為の3つのルール

1.答え合わせを絶対に答え合わせだけで終わらせない

答え合わせと言ってもただ丸付けしてるだけでは全く意味がありません。

必ず答え、解説と照らし合わせて

「なぜ間違えたのか」

「本当の答えは何だったのか」

「答えはどこにあったのか」

「どういう経緯でこの答えになったのか」

この4つを割り出すまでそこから動いてはいけません。

2.リスニングスクリプトに目を通しもう一度聞いてみる

答え合わせ中はTOEICリスニングのスクリプト(原稿)に必ず目を通しながら答え合わせをしましょう。

自分が聞いて分からなかったところを文字で見る事で「どこで」「どのような」聞き間違い、もしくは聞き取れなかったのかを理解する事が出来ます。

鉄は熱いうちに打てと言いますが聞いたリスニングの内容をなんとなく覚えているうちに答え合わせをしてしまいましょう。

「どこで」「どのように」間違えたのかを調べ上げたら原稿内で自分が分からなかった単語を全て割り出し覚えて下さい。

分からなかった単語は全て先ほど紹介した単語カードに全て書き留め覚えるようにしましょう、これこそ隅から隅まで過去問を利用するという事です。

SPONSORED LINK

3.時間を空けて同じリスニング問題を最低2回はやる

TOEIC公式問題集は必ず少なくとも2周はやってください。

2周目に入るころには1周目に分からなかった単語や聞き逃したところ、理解できなかった会話も1回目よりは必ず分かっているはずです。

そして2周目では1周目と比べて

  • 正解率は上がったか
  • 分からない単語は無くなっていたか
  • 音源の言っている事をより聴けるようになったか
  • 音源を理解する事が出来たか

に注目をしてください。

99%の人が1周目より高い得点が取れているはずです。

1周目より低い人は先ほど紹介した質の高い答え合わせや分からなかった単語の取得を怠っている人です、これまでに説明した工程を1つでも怠ってしまう人は伸びませんよ、これははっきり自信を持って言えます。

ここで重要なのは自分が1回目で間違えたことによって覚えたことの再テストをする事ができる、というところと、単語さえ知っていればこんなに正解する事ができるんだ!という成功体験をしてほしいんです。

反復練習の努力が創り出す成功体験が成長には必要なんです。

TOEIC専門、サーシャ先生
サーシャ先生
リスニングは英語力だけでなく集中力や忍耐力も重要になります、地道に毎日少しずつリスニング問題をこなしていく事で準備していきましょう