「厳しい」は英語で何て言う?ニュアンス別に使い分けられる7選

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

「厳しい」

この言葉を目にした時皆さんはどんなニュアンスを思い浮かべますか?

  • 性格が厳しい
  • ルールが厳しい
  • 状況が厳しい
  • 天気が厳しい
  • 時間的に厳しい

厳しいで表せるニュアンスって実際かなりありますよね!

日本語では「厳しい」一言で表す事ができますが、英語では使う単語を状況ごとに変えなければ伝わらない場合があります。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「厳しい」にフォーカスしてニュアンス別に使える英語表現を7つ例文付きで紹介していきます!

「厳しい」は英語で何て言う?ニュアンス別に使い分けられる7選

スポンサーリンク

ルールや人が厳しい時に使える「Strict」

「厳しい」として学校で習う単語はこの「Strict」が一番知られているのではないでしょうか?

こちらは人やルールによく使われる単語です。

簡単な例

  • Strict person:厳しい人
  • Strict rule:厳しい規則

つまり「厳格な」というニュアンスで使う事ができる単語になります。

例文

ジェームズ
My old school had some strict rules.(僕の学校では厳しい校則があったよ)

厳格な、毅然なといった意味を表す「Stern」

こちらのSternは若干Strictと似ているところがあります。

このSternも「厳格」というニュアンスが強くあり「厳格な」「毅然とした」「容赦ない」という風に訳されることが多いです。

例文

ジェームズ
Why are you pulling a stern face?(なんでそんなにいかめしい顔をしているの?)

状況などが厳しい時に使える「Rough」

日本語で「ラフな」と言ったらなんとなく気軽な、適当な、というニュアンスがしますが

  • 厳しい(状況が)
  • 雑な
  • つらい
  • 酷い
  • 苦しい

といった意味もあります。

例えばRough conditionと言えば「厳しいコンディション」という風に訳す事ができます。

例文

ジェームズ
I’ve had a rough couple of days.(この数日間はとても厳しかった)

ラフと同じように使える「Tough」

先ほど紹介した「Rough」と同じように使えるのが「Tough」です。

こちらのToughの方が先ほどのRoughよりも「厳しい」というニュアンスがやや強い単語な気がします。

重要単語

Tough:厳格な、無情な、つらい、きつい、厳しい

例文

ジェームズ
That was a tough decision.(とても厳しい決断でした)

スポンサーリンク

状態が厳しい事を伝える「Severe」

日本語でも「シビア」というのでニュアンスは分かりやすいかと思います。

また、このSevereはかなり多くのニュアンスを含むので様々な場面で使える汎用的な単語でもあります。

  • 人などの扱いが手厳しい
  • 態度が厳しい
  • 天気などが厳しい
  • 耐えがたい
  • 病気や状況が深刻な

こう見ると日本語の「シビア」とは少し違いますね。

発音も「シビア」ではないので注意しましょう。

例文

ジェームズ
We’re going to have severe winter this year.(今年の冬は厳しくなる)

態度や言動が厳しい時によく使われる「Harsh」

こちらは態度や言動が「厳しい」時によく使われる重要な単語です。

これまでとは違い

  • 厳しい
  • 手厳しい
  • とげとげしい
  • 辛辣な
  • 強烈な

このようなニュアンスがかなり強いです。

なので、例えばある人が誰かにとても厳しい辛辣な言葉を発したらそのコメントは「Harsh」と形容する事ができます。

例文

ジェームズ
That was too harsh. You should apologize to him.(さすがに辛辣すぎるだろ、彼に謝った方が良いよ)

スケジュールや時間が厳しい時に使える「Tight」

日本語でも「タイトなスケジュール」というので非常に分かりやすいですね。

英語のTightもニュアンス的にはほぼ一緒です。

Tight scheduleであれば→詰め詰めのスケジュール→厳しいスケジュールといった感じになります。

例文

ジェームズ
I’m sorry but my schedule is too tight this week.(申し訳ありませんが、今週はスケジュールが詰まってて厳しいです)

今回の「厳しい」のまとめ

今日の記事では「厳しい」にフォーカスを当てて、様々な状況で使える英語表現を紹介してきました。

今日のおさらい

  1. Strict:厳しい(人や規則など)
  2. Stern:厳格な、毅然とした
  3. Rough:状況などが厳しい
  4. Tough:状況などが厳しい
  5. Severe:様々な厳しいを表せる
  6. Harsh:言動や態度が厳しい
  7. Tight:時間やスケジュールが厳しい

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます