「見る」を表す英語 (See, Watch, Look at)の違いと使い分け方法+α

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

「見る」を表す

  • See
  • Watch
  • Look at

といった基本単語は中学校ですべて学んだかと思います。

しかし結論から言うとこの3つのニュアンスはすべて異なります、詳しい違いを皆さんはご存知ですか?

日常でもよく使う基礎的単語だからこそニュアンスを深く知っておくと非常に便利です。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「見る」を表す英語にフォーカスしてSee、Watch、Look atの違いや使い分け方、そしてこの3つ以外にもよく使われる単語を例文付きで解説していきます!

「見る」を表す英語 (See, Watch, Look at)の違いと使い分け方法を解説

スポンサーリンク

無意識に視界に入るイメージなのが「See」

まずは「See」を見ていきましょう。

Seeのニュアンスは「無意識に視界に入る」というイメージ。

自ら意識を向けて「見る」ではなく「見かける」「見える」です。

Seeが好まれる場面例としては

  • 昨日レストランであなたを見かけたよ(I saw you at the restaurant yesterday.)
  • 彼女があそこで立っていたのを見たよ(I saw her standing there.)
  • あなたがそこにいるのが見えるよ(I can see you.)

Seeを理解する上で重要なキーワードが「視界」です。

例えば先ほど出した例の1番目「昨日レストランであなたを見かけたよ(I saw you at the restaurant yesterday.)」これをLook atやWatchに置き換えるのは意味が変わり非常に不自然でになります。

置き換えて不自然になる例

  • Look atの場合:I looked at you at the restaurant yesterday.(昨日レストランであなたに目を向けたんだけど)
  • Watchの場合:I watched you at the restaurant yesterday.(昨日レストランであなたを監視していました)

完全にニュアンスが変わってしまいますよね!

また、Seeには「見る」以外にも様々な意味があります。

英語、特に動詞では他の意味を理解する事でニュアンスを掴みやすい場合もあります。

Seeで表現できる他の意味

  • 会う
  • 理解する
  • 確かめる
  • 予想する
  • 交際する
  • 気を付けるなど

例文

エレナ
I can see you from here!(ここからあなたの事見えるわよ)

意識的に目を向けるのが「Look at」

無意識に視界に入るイメージなのが「See」である一方で、意識的に目を向けるのが「Look at」になります。

「At(点に向かうイメージ)」という前置詞が使われている事を見ても分かりやすいかと思います。

その代わり意識的に目を向けると言ってもそれは長時間見る訳ではないのもポイントです。

Look atが好まれる場面例

  • もうこんな時間!時計を見て!(Look at the time!)
  • この書類に目を通してくれる?(Can you look at the document?)
  • ちょっと鏡で自分を見てごらん(Look at yourself in the mirror.)

ここでも先ほどのように以上の文章をSeeとWatchに入れ替えるとどうなるのか、見てみましょう。

置き換えて不自然になる例

  • Seeの場合:See the time!(不自然なので訳不可)
  • Watchの場合:Watch the time!(時間に気をつけて!)

Seeの場合はこの文脈ではそもそも不自然なので何とも言えませんが、Watchに入れ替えてしまうとニュアンスが「時間に気を付けて!」時間を気にしておいてね!といったような形に意味が変わってしまいます。

Look atで表現できる他の意味

  • 調査する
  • 検討する
  • 直面する

例文

エレナ
Can you look at my essay?(ちょっと私のエッセイ見て(チェックして)くれない?)

注目してじっくり見るのが「Watch」

Watchには「注目してしっかりと見る」という意味があります。

分かりやすく言うと日本語の「観る」です。

例えば

  • スポーツ
  • 映画
  • 演劇

集中してしっかりと見るこれらに対して日本語では「観る」を使いますよね。

これこそまさにWatchが表す意味なのです。

なので、一概には言えないのですが

  • Look at=見る
  • Watch=観る

という風にシンプルに考えても良いと思います。

また、WatchとLook atは似ている一方で、Seeは違うニュアンスであるという事も分かって頂けたかと思います。

Watchが好まれる場面例

  • 赤ちゃんの事ちょっとみていてくれない?(Can you watch my baby for a bit?)
  • サッカーの試合を観よう!(Let’s watch the football game!)
  • 私は映画を観ています(I’m watching a movie.)

ただ日本語でも「見る」と「観る」があやふやであるように、英語でもWatchに関しては意外とSeeやLook atで置き換えても問題が無い場合もあります。

置き換えても不自然にならない例

  • 映画を観に行こう!(Let’s go see a movie!)
  • 赤ちゃんの事ちょっとみていてくれない?(Can you look at my baby for a bit?)

こうなってくると難しいのですが、Watchに関しては「観」というイメージさえ持っておけばいいでしょう。

Watchで表現できる他の意味

  • 見張る
  • 見守る
  • 注意する
  • 世話をする
  • 期待する

例文

エレナ
How long do you watch TV everyday?(毎日どれくらいの間テレビを観ますか?)

スポンサーリンク

ジロジロ見る「Stare」

See、Watch、Look以外にも日常会話でよく使われる表現はあります。

その中でもよく使われるのが「Stare」

「ジロジロ見る」「凝視する」という意味があります。

例文

エレナ
Stop staring at me!(ジロジロ見るのやめてくれる!)

チラッと見る「Glance」

Stareの真逆で「チラッと見る」を表す動詞が「Glance」です。

サッと一目で見るニュアンスを持ちます。

例文

エレナ
He glanced at a clock!(彼は時計をチラッと見ました)

「見る」を表す他の英語表現

Spot気づく、見分ける
Glimpseチラッと見る
Notice気づく
Observe観察する
View見る、眺める
Eye目を留める
Gazeじっと見る、凝視する
Peepのぞき見する
Peekコッソリ見る
Study観察する

今回の「見る」のまとめ

今回はWatch、See、Look atを中心に「見る」にフォーカスして違いや特徴について解説して来ました。

今日のおさらい

  1. See:見える、見かける
  2. Look at:意識して目を向ける(短時間)
  3. Watch:注目してじっくりと見る、観るというイメージ
  4. Stare:じろじろ見る
  5. Glance:チラッと見る

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます