「気にしないで」は英語で何て言う?ネイティブがよく使う表現15選

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

「気にしないで」

このようなニュアンスの表現って日本人なら誰しもよく使う表現なのではないでしょうか?

何もこれは日本に限った話ではなく、英語にも「気にしないで」という表現はたくさんあります。

結論から言うと最も使いやすく、ネイティブにもよく使われている表現でおすすめなのは「No worries」です。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「気にしないで」を表す英語表現を例文付きで紹介していきます!

「気にしないで」は英語で何て言う?ネイティブがよく使う表現15選

スポンサーリンク

シンプルで最も使いやすい「No worries.」

worryは「心配する」という意味の動詞、あるいは「心配」という意味の名詞です。

簡単に「No worries」というだけで「気にしないで」という意味を伝えることができ、シンプルですが、英語ネイティブもよく使う表現ですので、覚えておきたいですね。

応用として「Don’t worry about it」といういい方もできます。

例文

エレナ
I’m sorry, I broke one of your cups.(ごめんなさい、コップを1つ割ってしまいました)
リンジー
That’s okay. No worries!(大丈夫よ、気にしないで!)

問題無い事を表す「No problem.」

こちらもネイティブがよく使う表現で、しょっちゅう耳にします。

直訳すると「問題ないよ」「大丈夫だよ」という意味です。

どんなシチュエーションでも使いやすい「気にしないで」フレーズです。

例文

エレナ
Is this okay?(これで大丈夫ですか?)
リンジー
Yes, that’s fine. No problem!(大丈夫よ、問題無いわ!)

気にしないでを最も忠実に表す「Never mind.」

「気にしないで」という訳に近い表現はこれかもしれませんね。

mindは「気にする」という意味の動詞です。

注意したいのは、日本語のドンマイに習って「Don’t mind.」とは言わないということ、「Don’t」ではなく「Never」を使うのが自然な言い回しです。

Never mind.は言い方によってはやや突き放したように聞こえることもありますので注意が必要です。

似た言い方に「I don’t mind.」という表現もあります。

こちらの方は、「私は気にしないから」という意味になり、相手に謝られたときなどは「私は気にしてないから大丈夫→あなたも気にしないで」といいたいときに使えます。

例文

エレナ
Oh sorry I forgot about that!(ごめん、忘れてた!)
リンジー
Never mind.(気にしないで)

大したことないというニュアンスの「It’s not a big deal.」

「大したことないよ」という意味のフレーズです。

「心配しないで」「気にしないで」というニュアンスで使うことができ、これもさまざまなシーンで使用できます。

例文

エレナ
I’m very sorry, I forgot to tell you that.(すみません、伝えるのを忘れていました)
リンジー
That’s okay. It’s not a big deal.(大丈夫よ、大したことじゃないわ)

何でもないよを表す「It’s nothing.」

直訳すると「何でもないよ」です。

「そんなことは自分にとっては何でもないことだから、気にしないで」という意味で使うことができます。

例文

エレナ
Thank you very much for the card.(カードを頂きありがとうございました)
リンジー
That’s okay, it’s nothing.(気にしないで、当たり前の事よ)

That’s OK./It’s all right.

これもよく使われる表現です。

日本人の英語学習者にとって覚えやすいフレーズではないでしょうか。

「大丈夫だから気にしないで」という意味になり、いろんなシチュエーションに使えます。

It’s fine./Everything is fine.

上に紹介した「That’s OK.」や「It’s all right.」と似た表現ですが、「fine」を使って表すこともできます。

Forget it./Forget about it.

forgetは「忘れる」という意味の動詞です。

「そのことについては忘れなさい」という意味になり、「気にしないで」という表現ができます。

相手がミスなどをして謝られたシーンや、何かよくないことがあってくよくとしているときの「気にしないで」として使うことができます。

お構いなくを表す「Don’t bother.」

botherは「(相手を)煩わせる」という動詞です。

Don’t botherというと、「お構いなく=気にしないで」という意味になります。

「Don’t bother. I’m alright.(気にしないで、私なら大丈夫だから)」という感じで使われることも多いです。

さらに怒っている人が皮肉っぽく「お構いなく」という時にも使われます。

スポンサーリンク

謝らなくても良い事を表す「Don’t be sorry.」

相手に謝られたシーンで使えるフレーズです。

直訳すると「謝らないでください」「申し訳なく思わないでください」という意味になります。

Don’t mention it.

mentionは「言及する」という意味の動詞です。

Don’t mention it.で「わざわざ言わなくてもいいですよ」という意味になり、お礼をいわれたなどに「気にしないで」というニュアンスを伝うことができます。

Don’t blame yourself.

blameは「責める」「(誰かの)せいにする」という意味の動詞です。

落ち込んでいる人や自分を責めている人に対して「自分を責めるのはやめて」「気にしない方がいいよ」という励ましの言葉として使えます。

同じような意味で「That’s not your fault.(あなたの失態ではありません)」といういい方もあります。

落ち込んでいる相手を慰めたり、元気づけるときに使える表現ですので、まとめて覚えておきたいですね。

今回の「気にしないで」のまとめ

今回の記事では「気にしないで」を表す英会話表現を紹介してきました。

今日のおさらい

  1. No worries:シンプルでネイティブもよく使う
  2. No problem:問題ないよ
  3. Never mind:気にしないでを一番忠実に表すものの、言い方には注意
  4. It’s not a big deal:大したことないよ
  5. It’s nothing:何でもないよ、どうってことないよ
  6. That’s okay/It’s all right:大丈夫だよ
  7. It’s fine/Everything is fine:大丈夫だよ
  8. Forget it/Forget about it:そのことは忘れて
  9. Don’t bother:お構いなく、皮肉として使われる場合も
  10. Don’t be sorry:申し訳なく思わないで
  11. Don’t mention it:わざわざ言わなくてもいいですよ
  12. Don’t blame yourself:あなたのせいではないよ

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます