SPONSORED LINK

こんにちは、日本語ってあたかも英語っぽいんだけど実は日本で作られた造語という例結構ありますよね、SCRACHH COライターのJINです。

日本語の中にはあたかも英語かのような音なのに全くネイティブには理解されないような和製英語が多数存在します。

僕もイギリスに最初に居たころなんて切羽詰まってなんて言ったらいいか分からないときに和製英語を使ってしまった事もありましたがそういう時はみんなこんな感じ

「ポカーン」

「いったい何のこと言ってるの?」

それ程ネイティブが予測すらできないような和製英語は存在します。

今回はそんな状況を少しでも減らす為に知らないと少し恥ずかしいかもしれないネイティブに全く理解されない和製英語や英語と全く意味が違うカタカナ英語表現を紹介します。

ドンマイ!(Don’t mind!)

スポーツとかで誰かが失敗した時に日本では

「ドンマイ」「ドンマイ」

と言う事がかなりありますがこれは正しい表現ではありません。

Mindは気にする、という動詞なので一見合ってるように思いますが違います、Mindは基本的にI don’t mindなど能動態として使用される単語であり命令形で使われることは無いからです。

ですので英語圏の国で「Don’t mind!」と言っても「え?」となります。

こういう時は普通に「Don’t worry」で大丈夫ですよ!

英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
しかもMindは英語初心者が使うにはかなりトリッキーな単語だわ、ここはシンプルに「Don’t worry」で行きましょう!

SPONSORED LINK

ノートパソコン、パソコン

こちらは完全なる和製英語ですね。

そもそもこちらは予測できると思いますがパソコンは「Personal computer」の略語として日本人が作った造語です。

だからといってNote PCとかNote personal computerと言っても通じません。

ノートパソコンは英語で「Laptop」(ラップトップ)これ一択です。

SPONSORED LINK

パーカー(Parker?)

多くの人が着る機会のあるパーカー、カタカナだし英語かなと思われるかもしれません、しかしこちらは全く使われることはありません。

英語でパーカーは「Hoodie」(フディー)です。

パーカーと言って理解してくれる人はほぼいないと考えて良いです。

マンション(Mansion)

こちらは何とか相手に意図を汲み取ってもらえる可能性もありますが英語でのMansionは日本のマンションとは違います。

なぜなら英語でのMansionは大豪邸と言う意味であり日本でいうマンションはアメリカ英語でApartment、イギリス英語でFlatだからです。

Playboy Mansion(プレイボーイマンション)というプレイボーイ誌を作り上げたヒュー・ヘフナーが建てた有名な大豪邸がありますがこちらも大豪邸であってマンションでは無いですよね。

ドライヤー(Dryer)

ネイティブの人からドライヤー貸りたい時に「Can I borrow your dryer?」と聞いたら乾燥機を持ってこられる可能性があります。

冗談はさておき、単純にドライヤー(Dryer)だけだと意味は乾燥機です。

日本でいう髪を乾かすドライヤーはヘアドライヤー(Hair dryer)なんです、正式名称で言わなければいけないという事ですね!

アルバイト

勘の良い人は分かるかもしれませんがアルバイトは外来語を基にして作られた言葉ですが英語ではありません。

アルバイトはドイツ語の「Albeit」から来ています。

英語でアルバイトは「Part-time job」です。

フライドポテト

フライドポテトもあたかも英語表現みたいな感じを醸し出していますが違います。

恐らく単純にFried(揚げた)Potato(じゃがいも)をくっつけて作られた言葉なんだと思います。

アメリカ英語でフライドポテトはFrench friesとかFries、イギリス英語でChips、Friesとかで通じます。

レジ、レジスター

スーパーやコンビニにあるレジ、このままレジと言ってしまうと理解されません、略を外してレジスターだけでも微妙です。

アメリカ英語でCash register(キャッシュレジスター)です、イギリスに至ってはTill(ティル)と呼びます。

ジェットコースター

ジェットコースターなんていかにも英語!と思われるかもしれませんが違います。

英語ではJet coasterではなくRoller coasterなんです!

ディープキス

これはとても面白く興味深いのですが、英語でDeep kissと言っても理解されません。

英語で日本語で言うディープキスは真逆のフレンチキスなんです。

なので軽いキスの事を英語ネイティブの人にFrench kissなんて言ってしまったらちょっと恥ずかしいのでお気を付けを!

今回は日本では英語っぽい言葉でも英語ネイティブにとっては理解できないような表現をまとめてみました。

うっかりこれらを使ってしまわないように気を付けましょう!

英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
今回は私の出番はあまりなかったわね、でもこうやって言語の違いを見るのも面白いわね!