IELTSのライティング問題タスク1で使える便利な英語表現50超選

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

IELTSで多くの人が苦戦しがちなのが「ライティング」分野ではないでしょうか?

英検のように筆記問題の中に組み込まれたライティングではなく、ライティング単体で評価されるため攻略は完全に必須です。

IELTSではライティングができないだけで全体の点数にかなり響きます。

とはいえIELTSライティングの攻略はさほど難しいという訳ではなく、特にこの図やグラフを言葉に置き換えるタスク1は慣れてしまえばとても簡単です。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「IELTSライティングのタスク1」に焦点を当ててタスク1で使える便利フレーズをたくさん紹介します。

IELTSのライティング問題タスク1で使える便利な英語表現50超選

スポンサーリンク

数値などの上昇を表す事ができる動詞・表現

Soar上昇する
Leap急上昇する
Climb上昇する、増大する
Rocket急騰する
Surge急増する、急騰する
Rise上がる
Increase増える
Grow成長する、増える
Go up上がる
  • 急に増えているのか
  • 徐々に増えているのか

このような点を考慮して適切な動詞を使うか、副詞を活用して適切な表現ができるようにする事がコツです。

数値などの上昇を表す事ができる動詞・表現

Sink沈む、徐々に下がる
Drop落ちる、低下する
Plummet急落する
Decrease減少する
Fall下落する、減少する
Deline減少する
Dip下がる、落ちる

このような上昇や減少の単語を上手く使う方法を学ぶ1つの方法としておすすめしたいのが、英語で株価に関するニュースを読んでみるという事。

正しい使い方を実際のグラフと比べて学ぶことができます!

スポンサーリンク

程度を表す形容詞編

Significant重大な、著しい
Dramatic劇的な
Sudden急な
Substantialかなりの、相当な
Sharp鋭い

名詞(Change、Shift、Riseなど)と組み合わせてグラフ数値をより詳しく正確に説明できるとポイントアップ!

グラフ説明に使える便利な形容詞

Consistent着実な
Steady安定した
Constant絶えず続く
Gradual緩やかな
Slightわずかな
Marginalわずかな
Modest若干の
Upward上向きの
Downward下向きの
Overall全体的な

IELTSライティングタスク1で使える便利な副詞

IELTSのタスク1では、グラフなどをできる限り詳しく表現する事が重要です。

そこで重要になってくるのが「副詞」です。

副詞を使えば表現をより細かい形にする事ができます。

Dramatically劇的に
Steadily安定して
Significantlyかなり
Gradually徐々に
Sharply鋭く
Enormously莫大に
Steeply急激に
Moderately程よく
Hardlyほとんど~ない
Marginallyわずかに

IELTSライティングタスク1で使える便利な時間表現

Over the next~次の~で
~later~後
In the following~~のうちに
Over the periodその期間の間
From A to BAからBにかけて
Between A and BAとBの間で
At the beginning of the periedその期間の最初で

IELTSライティングのタスク2でも応用できるライティングの基本ルールや基礎表現は以下の記事で紹介していますのでぜひご覧ください!

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます