IELTSに向けてイギリス英語の勉強は必須?【結論:必須じゃない】

こんにちは、偏差値40台の高校に通っていた高校3年時に4ヶ月猛勉強してIELTS6.5を取得し、その流れでイギリスの大学に正規で入って最終的に卒業したSCRACHH CO 管理人ライターのJINです。

海外留学でよく使われている英語資格には大きく分けて

  • TOEFL(アメリカ系)
  • IELTS(イギリス系)

の2種類があります。

アメリカ留学ではTOEFLを求められることが多く、イギリス留学やオーストラリア留学だとIELTSが求められるケースが多いのです(最近は両方受け入れている場所も多い)

そこでIELTSを受ける人が疑問に思うのが

「IELTSを受けるならイギリス英語を勉強しなければいけないのか?」

「IELTSの為にイギリス英語を知っておいた方が良いの?」

結論から言うと「IELTSの為にイギリス英語を勉強するのは必須ではありません」

しかしイギリス英語を知っておくメリットもありますので、今回は

  • IELTSの為にイギリス英語を覚える必要はない理由
  • 知っておくと便利な理由

の2点を4技能別に分けて紹介していきます。

IELTS専門、リンジー先生
IELTS専門のリンジーです、今日はIELTS対策におけるイギリス英語の重要度を一緒に見ていきましょう!

IELTSに向けてイギリス英語の勉強は必須?【結論:必須じゃない】

スポンサーリンク

IELTSのスピーキングとライティングではアメリカ英語を使っても問題ない

まずはアウトプットスキルのスピーキングとライティングでイギリス英語の必要性を考えていきましょう。

前提としてスピーキングとライティングでアメリカ英語を使ったから減点される、イギリス英語を使ったから優遇される、という事は一切ありません。

スピーキングなら

  • 発音
  • 英語表現
  • 語彙(Lift VS Elevatorなど)

ライティングなら

  • スペル(ze/seの違いなど)
  • 文法

アメリカ英語を使っても問題ありません。

つまりIELTSのライティングやスピーキングに関して言えばわざわざイギリス英語を覚えなおす必要はありません。

しかしライティングではアメリカ英語とイギリス英語をごちゃ混ぜにするのはやめましょう。

ごちゃ混ぜの悪い例

同じライティング内でオーガナイズという単語をOrganizeとOrganiseの両方で使う

つまりアメリカ英語に慣れているのにもかかわらず所々でイギリス英語を挟むのはやめましょうという事です。

IELTSでは「統一性」のほうがより重要です。

IELTS専門、リンジー先生
イギリス英語でもアメリカ英語でも使うのはどちらでもいいですが、中途半端に両方使うのだけはやめましょう

スポンサーリンク

IELTSのリーディングやリスニングではある程度イギリス英語の知識があるといい

次はインプット分野のリーディングとリスニング面を見ていきましょう。

IELTSの特徴として

  • リーディングは基本イギリス式(スペルなど)
  • リスニングの多くはイギリスに寄った発音や表現(ただイギリス以外の英語圏の英語も使われる)

が使われているという事です。

つまり少なくとも少しばかりの知識はあった方が便利だよね、という事です。

結論「自分でイギリス英語を使えるようになる必要はないけど、インプットの際に理解できるくらいの知識は欲しい」と言ったところです。

IELTS専門、リンジー先生
スペルに関して言えばごく小さな違いなのでそこまで神経質になる必要はありません

IELTSに向けて知っておくべきイギリス英語の側面

それではインプット科目(リーディングとリスニング)でイギリス英語が出てきても戸惑わないように知っておくべきイギリス英語の側面を紹介していきます。

イギリス英語のスペル

アメリカ英語とイギリス英語ではスペルが異なる単語がいくつかあります。

例えば

イギリス英語アメリカ英語意味
AnalyseAnalyze分析する
TravelledTraveled旅をした
TravellerTraveler旅人
ManoeuvreManeuver誘導する、軍事演習
OestrogenEstrogenエストロゲン
PaediatricPediatric小児科
DefenceDefense防御
LicenceLicenseライセンス

ただ基本的にイギリス英語とアメリカ英語間のスペル違いには法則があります。

イギリス英語とアメリカ英語のスペリングの違いをより詳しく知りたい方はこちらの記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

イギリス英語とアメリカ英語の使用単語の違い

スペリングだけでなくイギリス英語では同じ物でもアメリカ英語と違う単語を使う事があります。

イギリス英語アメリカ英語意味
HolidayVacation休暇
City CentreDowntown中心街
QueueLine
PostcodeZip code郵便番号
Car ParkParking Lot駐車場
Petrol StationGas Stationガソリンスタンド
JumperSweaterセーター
TrainersSneakersスニーカー

他にもイギリス英語とアメリカ英語で異なるボキャブラリーを知りたい方はこちらの記事でぜひご確認ください!

IELTS専門、リンジー先生
一応よくあるボキャブラリーの違いは覚えておいた方がいいかもしれませんね

イギリス英語を学ぶのにおすすめの記事

この記事では慣れたアメリカ英語とイギリス英語との間にどのような違いがあるのかを説明すると同時に、イギリス英語の特徴を紹介しています。
非常に基礎的なイギリス英語の特徴が載っているのでイギリス英語に馴染みがない人におすすめです。
こちらの記事ではイギリス英語を学ぶ為、慣れるために使える無料アプリを7個紹介しています。
手軽にダウンロードできるものばかりなので、アプリで気軽に慣れてみたいという人におすすめしたい記事になっています。

こちらの記事ではアプリよりもより気楽に、カジュアルにイギリス英語になじめるイギリス英語を使っている映画を15個紹介しています。

ある程度既に英語力がある方におすすめです。

こちらはさらに自分の英語の発音をイギリス英語に寄せたい、イギリス英語の発音を知っておきたいという人に向けたイギリス英語の発音に付いて解説している記事です。
IELTS以降もイギリス英語の勉強を続けたいという方や将来イギリス英語を喋れるようになりたいという方におすすめです。
IELTS専門、リンジー先生
ぜひ自分が将来的にもイギリス英語を極めていきたいのか、それともとにかくIELTSで高いスコアを出したいのかで優先順位を考えてきましょう

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

広告
Secured By miniOrange