イギリスの大学卒が考える効果的な3つの英語リーディング勉強法

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

国語や日本語の本を読むときでも得意な人、不得意な人がいるように、英語リーディングでも得意不得意があります。

そこに影響される面があるとはいえ、リーディングは勉強さえすれば必ず伸びる分野です。

  • スピーキング
  • リスニング

に比べれば、リーディングは努力が報われる可能性が高い分野です。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が英語リーディングの勉強法について解説していきます。

英語の中でリーディングが苦手な人

リーディングをより伸ばす勉強法を知りたい人

英語の試験に向けてリーディング対策をしたい人

英語リーディングを上達させる3つの基本的勉強法

一般的にリーディングの勉強としてざっくり挙げられる3つの方法が

  • 多読→ざっくりと素早く読む
  • 精読→内容までしっかりと突き詰めて読む
  • 音読→声に出して読む

と言われています。

僕がおすすめする勉強法を紹介する前にこの3つの勉強法について少し触れておきます。

リーディング勉強法:多読とは?

多読は文字通り

「とにかく多くの量をこなすこと」

つまりざっくりでも速く読むという勉強法です。

読書と言う面だけでなく、試験のリーディングにおいても素早く読めるスキルと言うのは言うまでもなく非常に重要です。

試験文章は1文字1文字が全部大切と言う訳ではありません、また時間制限も設けられています。

重要でない部分は概要を掴む程度で素早く読める必要があるのです。

リーディング勉強法:精読とは?

精読は

「とにかく内容の細部までこだわってしっかりと読む事」

これもまた多読と同様テストのリーディングで必要なスキルとなります。

状況例としては問いに対応する文章を見つける時。

この場合ざっくり素早くと読むだけでは正解の問いに辿り着く事ができません。

リーディング勉強法:音読とは?

皆さんも学校の国語の授業で音読をしたことがあると思います。

あれと同じです。

文章を声に出して読む練習が音読です。

リーディングだけという観点だとこの音読はあまり必要無いと個人的には思っています。

しかし、音読をするとリスニングやスピーキングに良い影響があるので、英語学習全体を考えてみるとかなり役に立つ勉強法です。

ジョーダン先生
リーディングをより効果的に読むには多読、精読両方のスキルを持って、リーディング中に強弱をつけて読めるようになる必要があります

スポンサーリンク

イギリスの大学卒が考える効果的な英語リーディング勉強法

多読→精読

  • 多読=ざっくりたくさん読む方法
  • 精読=細かいところ隅々まで理解して読む方法

教材を使って勉強するなら

  1. ざっくり素早く読む
  2. 答え合わせ
  3. 隅々まで精読

といった段階を踏むと速読の特訓も細かく読む特訓もできるので非常におすすめです!

最初から精読で問題を解いてしまうと、せっかく試験用の問題集を解いているのに時間を気にせずにリーディングをする癖が付いてしまいます。

あくまで一発目は本番さながらで素早く解くことを目標にした方がいいと思います。

ジョーダン先生
例えばTOEICのリーディング問題集を最初から精読していてはいつまで経っても終わらないですよね

音読はあんまりリーディングには効果がない

先ほど紹介したように世の中で広く言われているリーディング勉強法にはザックリ

  1. 多読
  2. 精読
  3. 音読

の3つがあります。

この中で「リーディング力」だけを考えた時音読はそこまでいらないと考えます。

スピーキングやリーディングには確かに役に立ちますが、リーディングだけを見た時にあまり効果がないというのが1つ。

さらにこちらの記事でも紹介しましたが、リーディング中に頭の中で音読してしまうのは確実にリーディングスピードが落ちるのであまりおすすめできません。

音読をするとその癖がついてしまう可能性もあります。

重要度的には

多読・精読>>音読

といっても良いでしょう。

ジョーダン先生
リーディング中に頭の中で音読してしまうのは、自分のリーディングスピードに制限をかけているようなものなので私はおすすめできませんね

少なくとも高校卒業レベルの英文法は必要

TOEICやIELTSといった試験のリーディング力を上げたい場合、やはり最低限でも高校卒業レベルの英文法を知っている必要があります。

英単語の取得は当たり前の話ですが、どれだけ単語を知っていても文法を知らなければパズルのピースが繋がらず速く読む事ができません。

十分な英文法知識がないとうやむやな感じでリーディングが進んでいくのです。

TOEICのリーディングを伸ばしたいのであれば最低限高校卒業レベルの英文法知識が必要だと僕は思います。

ジョーダン先生
リーディングにおける文法は本当にパズルのピースを繋ぎ合わせるような役割なので、いくらたくさん単語を知っていても文法知識が少なければ長文を読む事ができません

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

Secured By miniOrange