自分に合った英語勉強法を探すために覚えておきたい5つのポイント

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

現代ではあらゆる情報がインターネット上に溢れ、誰もがアクセスできる時代になりました。

これは英語学習においても同じで、たくさんの人が勉強法を発信し、それぞれのメリットやデメリットなどを解説しています。

しかし情報が多すぎるが故の弊害も少なからずあると個人的には思っています。

今回の記事では「自分に合った効果的な勉強法」を探して英語力を最大限に高めるために覚えておきたい、気を付けておきたい5つのポイントを紹介していきます!

自分に合った英語勉強法を探すために覚えておきたい5つのポイント

スポンサーリンク

ポイント1:まずは楽しく続けられるかが第一優先

結論から言うと「自分に合った英語勉強法」というのは自分が続けられるような英語勉強法の事を指します。

どんなに凄い勉強法を見つけたって続けなければ全く意味が無いからです。

本当に当たり前の事で、誰もが知っているような事実ですが見逃されがちです、というよりも楽をしたいが為にわざと見ないようにしている人さえいるかもしれません。

でもどんな勉強法で学んだって続けなければできるようにならないのは当たり前の事ですよね。

もっと言うなら楽しんでやるという事も重要で、楽しまなければ身に付くものも身に付きません。

だからこそ英語の勉強法を選ぶ上でまず第一に考えて欲しいのが「続けられるかどうか」「楽しくできるかどうか」の2点です。

仮にもしどんな勉強法を使っても一切楽しみが湧かないという場合はそもそも語学学習に向いていない可能性があります。

スポンサーリンク

ポイント2:一人が発信する勉強法に固執しない

僕を含め英語に関する情報をインターネット上で発信している人は今たくさんいます。

皆さんもお気に入りの英語系インフルエンサーがいるのではないでしょうか?

お気に入りがいる事に関しては全く問題がありません、ただその人が発信する英語の勉強法だけに固執するのはやめましょう。

僕もそうですが、発信する側は基本的に自分の成功経験を基に発信しています。

ここでの場合は自分たちが英語ができるようになった過程で使ってきた、良かったと思った勉強法の紹介です。

もちろん僕たちは自分が成功した方法を発信していますが、例えば僕には合った勉強法が必ずしも万人に効果的かといったら正直に言うとそうでないと思います。

人それぞれ個性があって得意分野や興味も違います。

つまり自分に合う英語勉強法を探す際には1人の人が発信する情報だけに固執せずに、オープンな状態で様々な人のアドバイスを聞いてみましょう。

ポイント3:情報博士にはなるな!

これはポイント2の逆になります。

一人の人が発信する情報に固執しない、とはいえ極論インターネット上にある英語勉強法をすべて漁るようなことはやめましょう。

テクニックや知識ばかりを集めてもしょうがありません。

「英語の上達」という目標を達成したいのであればあくまで必要なのは行動と作業、継続です。

話が少しそれますが、個人的に英語の勉強とダイエットってちょっと似ていると思っています。

というのも、両者とも挫折する人が非常に多いというのはもちろんの事、とにかく楽をして達成したいと情報ばかりを集めている人が多い点も似ているのです。

新しいダイエットの方法って毎日のようにテレビで発信されていますよね。

バナナがいい、アボカドがいい、ヨーグルトがいい…無限に増えて行っているのではと思う程です。

例としてアボカドがダイエットに良いとテレビで紹介された次の日に僕のがいつも使っているスーパーからアボカドが消えました、でも1ヶ月後にはもうたくさん在庫の余りが出ていたのです。

つまりほとんどの人が続けなかったという事。

とにかく楽な方へ、新しい方へと傾いてしまうのは事実で、続ける人が少ないのです。

例えば世界で一番古典的でベーシックなダイエット方法と言えば徒歩やランニングですよね。

では毎回毎回アボカドが良いと言われれば始め、次にバナナが良いと言われたらアボカドを辞めてバナナを始める人と、ダイエットを決意した1日目からコツコツウォーキングやランニングをした人、どちらの方が成果が出るかと言ったら明白です。

英語の勉強も同じで絶対に知識だけの博士にはならないように、あくまで一番重要なのは行動と継続です。

これは情報が多いからこその弊害とも言えるでしょう。

ポイント4:英語勉強の目的を明確にする

英語の勉強と言っても理由はみなそれぞれ。

目的によってどこに重きを置くかも変わってきます。

例えば

  • 英会話ができるようになりたい→スピーキング、リスニング中心
  • TOEICで高得点を取りたい→TOEIC中心
  • 受験で英語の点数を上げたい→受験英語中心
  • 英文の専門誌などを読めるようになりたい→リーディング、語彙中心
  • 趣味程度に英語の勉強をしたい→気楽に楽しく続けられる勉強中心

などフォーカスする分野は若干変わってきます。

実際のところ使える高い英語力を付けたい場合はもちろんすべての分野を満遍なく勉強しなければなりませんし、各分野は結局のところ連動しています。

しかしモチベーションに応じて入り口の入り方はそれに合ったものの方が有意義でしょう。

ポイント5:常に考えながら努力を続ける

一旦英語の勉強法を選んだからと言ってずっと無心にそればかりやる必要はありません。

常に考えながら柔軟性を持って、勉強の配分を変えて見たり、異なる勉強法を組み合わせて見たり、成果が見られなかったら止めて見たり、考えながら勉強を続けていきましょう。

僕の持論としては、最高の勉強法は考えて勉強する過程で自分自身の特性にカスタマイズした自分の為の勉強法です。

時間をかけて自分で最適化しながら継続して勉強する事で必ず英語力は伸びます。

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

Secured By miniOrange