「マジメ」は英語で何て言う?真面目が表す要素を考えてみよう!

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

「マジメ」

日本語では魔法のように様々な要素を一括で表す事ができる便利な言葉です。

まず結論から言ってしまうと、日本語の「マジメ」を純粋に同じように表す事ができる英単語はありません。

しかし、日本語の「マジメ」にはどんな要素が含まれているのか、という事を考えてみると英語でどう表現すればいいのか見えてきます。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「マジメ」という日本語を表す際に使える様々な英語を例文付きで紹介していきます!

「マジメ」は英語で何て言う?真面目が表す要素を考えてみよう!

スポンサーリンク

正直である事を表す「Honest」

「正直」という要素はマジメを語る上で大きな要素ではないでしょうか?

正直な人だから真面目な人、という場合はこのHonestを使って表すのが最も適切です。

また、名詞形は「Honesty(正直、誠実)」という形でよく使われます。

例文

ジェームズ
He is such a honest person.(彼は本当に正直な人だ)

勤勉なハードワーカーに対しては「Hardworking」

勤勉である事、ハードワーカーである事も真面目を表す1つの要素ですよね。

例えばいつも仕事を非常に頑張っている→真面目な人

そんな人に使えるのがこのHard workingです。

重要単語

Hardworking:よく働く、勤勉な、勉強熱心な

また、直接「働き者」を表したい時はHard workerとして名詞でも使う事ができます。

例文

ジェームズ
She is one of the most hardworking students.(彼女は最も勤勉な生徒の1人です)

性格を表すときにはちょっと注意な「Serious」

日本語でもシリアスな人、なんて言ったりしますよね。

日本語でシリアスな人という時は大体「あまり感情を表には出さないいつでも真剣で真面目な人」といったところではないでしょうか。

しかし英語でこのSeriousを使って性格を表すときはややネガティブ寄りなニュアンスになります。

Serious person:真面目人間(真面目過ぎてつまらないというニュアンスも含む)

例文

ジェームズ
Don’t you think he’s a bit too serious?(彼ちょっと真面目過ぎると思わない?)

純粋である事を表す「Genuine」

日本語では「純粋な人」「ピュアな人」という部類でしょうか。

英語でGenuineを使う時は「純粋な人」「偽りがない人」「正直な人」「誠実な人」このような性格要素を表す事ができます。

例文

ジェームズ
Lindsay is a very genuine person.(リンジーさんはとても純粋な人です)

スポンサーリンク

信頼できる誠実な人は「Faithful」

Faithという名詞から来ている形容詞です。

重要単語

Faithful:信頼できる、誠実な、人を裏切らない

なので、特に信頼できて誠実な人に対してはこの単語で表す事ができます。

例文

ジェームズ
I’m going to stay faithful to her.(私は彼女を裏切りません)

熱心でひたむきな事を表す「Earnest」

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、このEarnestも真面目の要素を表す際に使う事ができます。

重要単語

Earnest:熱心な、真剣な、ひたむきな

「本気な」というニュアンスが強くあります。

例文

ジェームズ
This is an earnest discussion, not a joke.(これは真剣な議論です、冗談ではありません)

超ネガティブなマジメに使われる「Boring」

最後は少し違った角度から見た表現です。

日本語の「マジメ」という表現は、ポジティブに使われることもあれば、ネガティブにディスのような形で使われることもありますよね。

「マジメ過ぎてつまらない」というディスの形でよく使われるのがこのBoringです。

単純に「つまらない」を表す表現ですが、時に英語はこのようなドストレートな表現が選ばれます。

今回の「マジメ」のまとめ

今回は日本語で言う「マジメ」を表すような英単語を色々紹介してきました。

今日のおさらい

  1. Honest:正直な
  2. Hardworking:勤勉な
  3. Serious:真剣な(多くの場合マジメ過ぎる)
  4. Genuine:素直な、純粋な
  5. Faithful:信頼できる、誠実な
  6. Earnest:ひたむきな、本気の
  7. Boring:つまらない

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます