「最後に」を表す英語はどれくらいある?ニュアンス別で7つ解説

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

「最後に」という表現は

  • プレゼン
  • エッセイや論文などのライティング
  • メール

このような場面で使いたい表現ですよね!

しかし「最後に」と一口に言っても英語ではニュアンスが若干異なる表現がたくさんあります。

結論から言うと「Finally」が最も一般的に「最後に」ですが、今回の記事では異なる場面に適切な「最後に」を表す英語表現を7つ例文付きで解説していきます。

「最後に」を表す英語はどれくらいある?ニュアンス別で7つ解説

スポンサーリンク

最も一般的に使われる「Finally」

先ほども言ったように「最後に」で最も一般的に使われている表現が「Finally」です。

Final(最後の)という形容詞の副詞系で

  • やっと
  • 最後に
  • とうとう
  • 最終的に
  • いよいよ

といった意味を持ち幅広く使う事ができる副詞です。

例文

エレナ
I can finally see you next week!(来週やっとあなたに会えるわ!)

最終的にという側面が強い「Eventually」

Eventuallyも「最後に」としてよく挙がる英単語ですが、Finallyより使える幅は狭まります。

例えばプレゼンで「最後に~」と言いたい時にFinallyは使える一方でEventuallyは適していません。

というのもEventuallyは「最終的に」「結局のところ」という意味が強い副詞だからです。

例文

エレナ
All things must eventually come to an end.(どんなことにもいつかは終わりが来る)

カジュアルに会話で使われる「In the end」

色々な記事で言っていますが、英語は基本的に単語よりも熟語の方がカジュアルなイメージになります。

In the endも例外ではなく「最後に」を表す表現の中では口語的で、カジュアルな表現です。

例文

エレナ
You’ll get there in the end.(あなたもいつか成功する時が来るわ)

最後に~というニュアンスが強い「Lastly」

Eventuallyとは逆でこのLastlyはプレゼンなどの「最後に~」でよく使える副詞です。

考えてみると分かりやすいのですが、Lastlyの前には

  • Firstly:第一に
  • Secondly:第二に
  • Thirdly:第三に…

という表現があり、それらの最後という位置づけなのが「Lastly」なのです。

例文

エレナ
Lastly, I’m going to talk about the potential of the project.(最後にこのプロジェクトの可能性についてお話します)

スポンサーリンク

究極的にというニュアンスの「Ultimately」

Ultimate(アルティメット、究極の)という形容詞の副詞系です。

「究極的に」という意味と共に「最終的に」という意味もあります。

ニュアンス的には「突き詰めた結果、最終的に(究極的に)は~」といった感じなので、「最終的に」として使う場合でも「究極的に」というニュアンスは残ります。

紆余曲折あっての「最終的に」といった所でしょうか。

例文

エレナ
It will be ultimately beneficial to your customers.(最終的にはあなたの顧客にとって有益になるかと思います)

まとめる時に最適な「In conclusion」

ライティングでもスピーチでも最後にすべてをまとめたいときに使える便利な表現がIn conclusionです。

「結論として」「最後に」という意味を表し、最終的な結論をまとめることができます。

例文

エレナ
In conclusion, I would like to say thank you all for coming today.(最後に、今日は皆さん来ていただきありがとうございました)

ついに、とうとうという意味を表す「At last」

こちらの表現は「最後に」というよりは「遂に」「とうとう」といったニュアンスがかなり強い表現です。

長時間かかってやっと…という感じです。

例文

エレナ
We came to an agreement at last.(最終的にやっと私たちは合意に達した)

今回の「最後に」のまとめ

今回の記事ではニュアンスの異なる「最後に」を表す英語を例文付きで7つ紹介してきました。

今日のおさらい

  1. Finally:最も一般的でよく使われている
  2. Eventually:最終的にというニュアンス
  3. In the end:カジュアルで会話内でよく使われる
  4. Lastly:スピーチやライティングの「最後に~」でよく使われる
  5. Ultimately:究極的にというニュアンスで紆余曲折あったうえでの最終的なを表す
  6. In conclusion:「結論として」というニュアンスでまとめで使われる
  7. At last:長時間後に「とうとう」「やっと」というニュアンス

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます