「気持ち悪い」は英語で何と言う?ネイティブがよく使う英語表現17選

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

日本語において「気持ち悪い」という時の状況は大まかに2パターンに分かれると思います

  • 体調が悪くて気持ちが悪いとき
  • キモいといった気分を害したとき

これは英語でも一緒で、2パターンで「気持ち悪い」を表す様々な英語表現があります。

ぜひ文脈をきちんと理解した上で使い分けれるようになりましょう!

「気持ち悪い」は英語で何と言う?ネイティブがよく使う英語表現17選

スポンサーリンク

体調が悪い場合の「気持ち悪い」を表す英語表現

Sick/Ill

体調が優れない場合、最も一般的に、sickもしくはillという表現を使います。

ニュアンスの違いはありませんが、sickはアメリカ、illはイギリスでの使用頻度が高いです。

例文

サーシャ
Are you okay? You’re not looking very well(大丈夫?体調悪そうに見えるけど)
リンジー
I’m feeling a bit sick(ちょっと気持ち悪いの)
Not feeling well

同じく気分が優れない場合に頻繁に使われるのが、not feeling wellという表現です。

Well(元気である)の否定なので分かりやすいですね。

例文

サーシャ
I’m not feeling well(ちょっと気分が悪いの)
リンジー
Do you want me to go and buy some medicine for you?(薬買ってきてあげようか?)
Under the weather

同じく気分が優れない、体調が悪い際のイディオム表現でよくネイティブが使います。

直訳だと、「天気の下」ですが、ボートを運転していた船乗りが、悪天候などで気分が悪くなった際に雨風を凌げるような場所=under the weather (天気に影響されないような場所)で体を休めていたことが由来となっているようです。

例文

サーシャ
Are you still coming out tonight?(今日の夜出かける?)
リンジー
I’m sorry I can’t, I’m feeling under the weather(ごめんだけど行けないわ、体調が良くないの)
Come down with something

風邪やインフルエンザなどの病気に罹った際に、この表現を使う事ができます。

例文

サーシャ
What’s wrong?(どうしたの?)
リンジー
I think I’m coming down with something(ちょっと風邪でも引いたかも)
Nauseous

このnauseousのいう表現は「吐き気がする」と意味で、形容詞として使います。

Feel like throwing up/vomiting/puking

先ほど説明したnauseous以外に「吐き気がする」際に throw up, vomiting もしくはpukingが使われます。

  • I feel like throwing up/ vomiting/ puking. 「吐きそう」
  • I am about to throw up/vomit/puke. 「今にも吐きそう」

両方とも意味としては同じですが、イギリスやオーストラリアではpukingの使用頻度が高いです。

逆にアメリカではthrow up やvomitingが使われます。

「キモい」というニュアンスの場合の「気持ちが悪い」を表す英語表現

Disgusting

最もよく使われるのが、 disgustingという表現です。

「気分が悪くなるような」「不快な」といった意味があり、日本語で言う「キモイ!」というニュアンスを汲んだ表現としては、このdisgustingが一番しっくりきます。

人やもの両方に対して使う事が可能です。

例文

サーシャ

You put sugar into natto!? That’s disgusting!(あなた納豆に砂糖入れるの!?気持ちが悪い!)

リンジー
Shut up!(うるさい!)
Gross
不快度がより高い場合、disgustingよりこのgrossという表現も頻繁に使います。
主にものに対して使いますが、人に対しても使う事が可能です。

例文

サーシャ

The other day, I found some stores selling insect food(こないだ昆虫食を販売しているお店をいくつか見つけたよ)

リンジー
Seriously? That’s so gross! (マジで?それはマジで気持ち悪い!)
Nasty
同じようなニュアンスのnastyも非常に良く使います。下品な人や非常識な人もしくはものに対しても使います。

例文

サーシャ

James always says nasty jokes(ジェームズったらいつも下品なジョークを言うわ)

リンジー
He should realise no one is laughing(そろそろ誰もジョークに笑ってないのに気づくべきよね)
Creepy

恐怖心があり、不気味で気持ち悪い際に使います。

例えば心霊スポットなんかはクリーピーですし、不気味な不審者もクリーピーです。

例文

サーシャ

That guy in the restaurant is staring at us. He is so creepy(レストランにいるあの男、さっきから私たちのことじっと見てるよ、超気味悪い)

リンジー
I haven’t noticed that!(私は気づかなかったわ!)
Yuck

何か食べ物などの臭いがきつい場合時などに、シンプルにYuck!と表せます。

日本語の「くさっ!」「汚なっ!」のニュアンスに近いです。

例文

サーシャ

This meat is rotten. Yuck! (この肉腐っているじゃん、臭い!)

リンジー
That is ancient!(それ相当古いやつよ!)
Sick/Sickening
体調が悪い際にsickを用いると説明しましたが、何か嫌悪を感じた際にもsick を使います。人として不愉快なことをする人や不快なものに対しても使います。

例文

サーシャ

Stop saying such dirty things to me! You sick!(いい加減下品なこと言うのをやめてくれない、キモイよ!)

リンジー

There’s a bug in my ramen. That’s sickening!(ラーメンの中に虫が入っているじゃん。気持ち悪い!)

Ewww
日本語で言う「うぇー」に最も近いニュアンスで使われます。

例文

サーシャ

Ewww! A cockroach is flying around the kitchen(うぇー、ゴキブリが台所で飛んでいるよ)

リンジー
Ewww(気持ちわるー)

まとめ

今回紹介したすべてが「気持ち悪い」に該当する英語表現です。

たくさんありましたが、やはり状況や文脈に沿って使っていけるようになることが非常に重要です。

「気持ち悪い」を思うがままに操れるようにぜひ覚えてみてください!

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

広告
Secured By miniOrange