イギリスの大学を卒業した僕が考える英語リスニング上達のコツ5選

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

皆さんは英語の中で

  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

どの分野が苦手でどの分野を伸ばしたいと思っていますか?

恐らくこの記事を見てくれている皆さんはリスニングが苦手、もしくはリスニングを上達させたいと考えている方々でしょう。

僕の経験上ですが、リスニングってリーディングと並んで一番独学で上達しやすい分野だと思っています。

やれば聞こえるようになります。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業し、英検1級を取得している筆者が英語のリスニングを上達させるコツを紹介していきます!

英語のリスニングが苦手

英語のリスニングを上達させたい

色々な英語リスニングの上達法を知りたい

イギリスの大学を卒業した僕が考える英語リスニング上達のコツ5選

スポンサーリンク

リスニングはとにかく触れる事が大事

  • リーディングとリスニング
  • ライティングとスピーキング

ザックリ2つに分けた2つの違いはズバリ

「直してくれる人がいるかどうか」

ライティングは添削してもらう事で飛躍的に伸びますし、スピーキングは直してくれる人がいれば良いのはもちろん、さらに実践では実際に相手が必要な分野です。

しかしリーディングとリスニングは相手無しの独学で、自分の時間でいくらでも伸ばせます。

だってネイティブが書いた文章やネイティブが話す音源なんて今の時代どこにでもあるじゃないですか。

つまり完璧な手本が目の前に転がっているのです。

リスニングは常に正しい英語で勉強する事ができます。

言い方を変えればリーディングと並んで一番コスパの良い領域で、伸ばすのは簡単です。

まずは

  • 映画
  • ドラマ
  • ラジオ
  • YouTube
  • ポッドキャスト

何でもいいのでネイティブが話す英語にたくさん触れて習慣づけましょう。

サヤカちゃん
本当に英語で聞くなら何でもいいの?
エレナ先生
よりアカデミックな方が好ましいけどもちろん楽しめなきゃ意味が無いから基本的には自分が楽しめるものなら何でもいいわ

スポンサーリンク

同じ音源を何度も聞く

例えば、実は僕最近イタリア語を勉強しているのですが、知識がないイタリア語の会話を聞いたら何のことだか多分わかりません。

凄く速く感じるし、知っている単語でも音源になると全く理解できないのです。

しかし

  1. とりあえず聞いてみる
  2. スクリプト(音楽なら歌詞など)を確認する
  3. 知らない単語を調べる

この後にもう一度聞くと不思議と全部耳に入ってきます。

一回目で分からなかったからといって諦めないでください。

スクリプトを確認して何度も聞けば必ず完璧に意味を理解でき、ちゃんと聞けるようになっています。

こういう成功体験は凄く大事ですよ!

これを繰り返していく事でどんどんリスニング力が上がっていきます。

リスニング勉強をするときは毎回この作業をすると絶対にリスニング力は上達します。

サヤカちゃん
同じ音源聞くのなんてつまんなそう!
エレナ先生
でも本当に好きなドラマや映画のセリフなら詳しいところまで知ってみたいと思わない?詳しい意味を知ってみたい英語でこれをやってみるのが良いと思うわ

自分で発音できない単語は聞けない

基本的に自分で正しい発音で言えない単語はリスニングでも耳に入りません。

これ勘違いされがちなのですが、単語学習をして覚えた単語であってもリスニングで理解できるという訳ではないのです。

つまり正しい発音を調べて音読をする事でリスニング力も向上させることが可能という訳です。

覚えた英単語=リスニングで耳に入る単語では決してありません。

単語学習する時は必ず音でも覚える

先ほどの

「自分で発音できない単語は聞けない」

にかかってきます。

英単語を覚えるときに皆さんは目だけで覚えていませんか?

リスニングで使えるようにするためには単語の音もしっかりと覚える必要があります。

なぜなら単語の勉強をして覚えた単語は必ずしもリスニングで使える単語ではないからです。

目で覚えた時の音のイメージと実際の音にギャップがある場合リスニングで理解できません。

このギャップを埋めるためには単語を覚えるうちからリーディングで使える文字に対応する意味を覚えるだけでなく、正しい単語の発音もしっかり頭に入れて、しっかり自分で発音してみる必要がある、という事です。

サヤカちゃん
えー英単語覚えるときに発音も覚えるなんて考えた事無かった!
エレナ先生
そうね、意外と見落としがちなところよね、面倒と思うかもしれないけど発音を調べないのは逆にもったいないわ

ディクテーションをしてみる

ディクテーションと言うのは音で聞いたものを書き出すという作業です。

これを行う事でしっかり1ワード1ワードまで詳細に聞き取れているかどうかが分かります。

リーディング上達のコツの記事では、リーディング勉強法にはざっくり

  1. 多読
  2. 速読
  3. 音読

の3つがあると説明しました。

そしてこの「ディクテーション」はリスニング版の精読、つまり精聴(無理やり)と言えるでしょう。

英語をザックリ聞いて、概要だけ素早くまとめる多読のような能力も必要ですが、リスニングでも細部まで理解する能力は必要です。

このディクテーションはこのように細かいとこまで情報を理解する能力が上達します。

エレナ先生
ディクテーションはスクリプトがあって答え合わせできる音源でやるのがおすすめよ

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

Secured By miniOrange