英語の接続詞は今日マスター!よく使われる15種類を例文付きで解説

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

英語にはおおまかに

  • 名詞
  • 代名詞
  • 動詞
  • 形容詞
  • 副詞
  • 冠詞
  • 助動詞
  • 前置詞
  • 疑問詞
  • 接続詞

10種類の単語タイプがあります。

英語は暗記科目ではなく言語なので正直なところ名称とか細部までこだわって覚える必要は一切ありません。

ただそれぞれにはどんな重要単語があって、文章のどの位置で使用できるのかという事をある程度知っておくのは結構重要です。

そんな中今回は英語の接続詞にフォーカスして僕が知っておくべきだと思う必要な情報だけ凝縮して解説していきます。

超コンパクトにまとめます、今日で接続詞はマスターしてしまいましょう!

よく使われる接続詞の一覧を知りたい

接続詞のおおまかな使い方を知りたい

英語を正しくできるようになりたい

英語の接続詞は今日マスター!よく使われる15種類を例文付きで解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

英語の「接続詞」とは?15秒で解説します

簡単に言えば文字通り文章と文章を接続(繋ぐ)役割を果たします。

分かりやすいもので行くと

A and B(AとB)

A but B(AしかしB)

厳密に言うと接続詞の中には

  • 等位接続詞(Coordinating Conjunctions)
  • 従属接続詞(Subordinating Conjunctions)

の2種類があるのですが、色々突き詰めていくと頭がこんがらがってしまうので正直文法を論理的に理解しなければならない人でない限り名前を覚えたり深掘りする必要はありません。

簡単に言うと等位接続詞は

  • For
  • And
  • Nor
  • But
  • Or
  • Yet
  • So

といった対等な関係にある節を繋げる接続詞の事をいいます。

これだけ覚えておけば十分です。

英会話や英語文章でよく使われる接続詞25選【例文付き】

※和訳は接続部分が分かりやすいようにわざと直訳にしている場合があります

And(そして、と)
中学校の最初の方で習う単語ですね、こちらも接続詞の仲間です。
例文
エレナ
I like blue and red(私は青色と赤色が好きです)
ジェームズ
I saw Elena and we went to a cafe(私はエレナさんに会って、そしてカフェに行きました)
リンジー
My favorite animals are penguin and dog(私の好きな動物はペンギンと犬です)
Before/After
  • Before(~の前に)
  • After(~の後に)
も接続詞でよく使われる単語です。
例文
エレナ
I went shopping after gym(ジムの後に買い物をしました)
ジェームズ
I brush my teeth before I go to bed(私は寝る前に歯を磨きます)
リンジー
He came to see me after he finished work(彼は仕事の後に会いに来てくれました)
Because
Because(なぜなら)も接続詞の部類に分類されます。
例文
エレナ
I like dogs because they are cute(私は犬が好きです、なぜなら犬はかわいいからです)
ジェームズ
Jordan ran to work today because he was late(今日ジョーダンさんは走って職場に来ました、なぜなら彼は遅刻していたからです)
リンジー
Because she was angry at me, she didn’t talk to me for a while(彼女は私に怒っていたので、しばらく口を効いてくれませんでした)
If
「もし~だったら」「~かどうか」という2つの大きな意味を持つIfも接続詞です。
例文
エレナ
I will come to the party if you give me a ride(パーティーに行きます、もしあなたが車で送ってくれるなら)
ジェームズ
If you were an animal, what would you like to be?(もしあなたが動物だと仮定したら、あなたは何になりたいですか?)
リンジー
Can you check if he’s okay?(彼が大丈夫かどうか確認してくれますか?)
When/Where
「いつ」と「どこ」という副詞で覚えているがほとんどであろうWhenとWhereも接続詞と使う事ができます。
接続詞の場合は
  • When(~するときは)
  • Where(~するところに)
と言った具合の意味になります。
例文
エレナ
He was sleeping when I called him(彼は寝ていた、私が電話した時)
ジェームズ
When you were a kid, what did you want to be?(子供の時は、何になりたかったですか?)
リンジー
Meet me where we usually meet up(私に会って、いつもの待ち合わせ場所で)
Whenever/Wherever
WhenとWhereは先ほど紹介しましたが、こちらのWhenever(~するときはいつでも)とWherever(~のところはどこでも)も重要な接続詞です。
例文
エレナ
Wherever you go, I come with you(あなたがどこにいこうとも、私はあなたに付いていきます)
ジェームズ
I sneeze whenever I feel nervous(私はくしゃみをします、緊張を感じるときはいつでも)
リンジー
Whenever he wakes up, he is in a bad mood(彼が目を覚ますときはいつでも、彼は機嫌が悪い)
As
  • As=~として

と覚えている人も多いかと思いますが、接続詞としてはまた別の形でこの2つの単語は使われます。

  • As=~だから、~のように、~している時

大まかに3つの意味になるのです。

例文で1つずつ見ていきましょう!

例文
エレナ
As it’s raining, we should cancel our trip(雨が降っているので、旅行はキャンセルした方がいいでしょう)
ジェームズ
Do as I say, not as I do(私の行動ではなく言葉に従いなさい)
リンジー
Music stopped as I was entering the club(私がクラブに入った時音楽が止まった)
Since
「~以来」と学校で覚えるのが普通なSinceですが、もう1つ大きな意味を持つ単語です。
大きく分けて意味は2つ
  • ~以来
  • ~だから(BecauseやAsと同様)
例文
エレナ
I have known her since I was 4(4歳の頃から彼女の事を知っています)
ジェームズ
I will pay this time since I’m nice(僕はやさしいので今回は僕が払います)
リンジー
Since you’re 20, you should act more like a big man(もう20歳なのだから、あなたはもう少し大人の男のようなふるまいをするべきです)
Considering
Consider(考える、考慮する)という動詞から派生したConsideringは前置詞、そして接続詞として使われる単語です。
接続としての意味は「~であることを考えれば」です。
例文
エレナ
Considering I paid last time, I think you should pay this time(私が前回払ったのを考えると、今回はあなたが払うべきだと思います)
ジェームズ
I will cancel the picnic considering today is rainy(今日は雨である事を考慮してピクニックをキャンセルします)
リンジー
Considering that wasn’t technically your fault, I will let you off this time(厳密にはあなたのせいでなかったことを考えると、今回は見逃します)
Although
Althoughは「~だけれでも」を表す接続詞です。
同じ意味でThoughという単語がありますが、Althoughの方がよりフォーマルで文章内でよく使われています。
また、Thoughは会話内で文末に使われることもあります。
例文
エレナ
Although I’m still mad at you, I will forgive you(まだ怒っているけれども、あなたを許します)
ジェームズ
Although I don’t like soccer, I need to go and watch soccer game with my friends(サッカーは好きではないけれど、友達とサッカーの試合を観に行かなければならない)
リンジー
I’m thinking of going to the party, although I’m a bit tired(パーティーに行こうと考えています、少し疲れているけれども)
Unless
Unlessは会話で非常に良く使われるとても便利で重要な単語です。
「もし~でなければ」という意味を持ちます。
例文
エレナ
I will never forgive you unless you apologize(あなたが謝らなければ私は絶対にあなたを許しません)
ジェームズ
Unless a miracle happens, my team will lose(奇跡でも起こらない限り、私のチームは負ける)
リンジー
You said you wouldn’t come unless my memory fails me(私の記憶に間違いがなければあなたは来ないと言ったはずですが)
Once
「1回」という意味でよく知られているOnceですが、接続詞になるとこの意味が「いったん~すると」または「~した時点で」という意味になります。
例文
エレナ
Once you finish working, please give me a call(仕事が終わったら電話をください)
ジェームズ
I will get on with it once I finish what I’m doing(今やっていることを終えたらそれに取り掛かります)
リンジー
Once you make a decision, stick with it(一旦決断を下したなら、それを続けなさい)

その他の接続詞一覧

Also~もまた
Andそして、と
Butしかし、~だけど
Directly~するとすぐに
Except~以外は
For~だから
Howeverどんな方法でも
Immediately~するとすぐに
Like~のように
Nor《neither A nor B》AもBも~でない
Now~であるからには
Onlyただし、しかし一方では
Orまたは、か
Providingもし~なら
So~するように
Than~よりも
That~という事
Until~までずっと
Whereas~であるのに対して
Whether~であるかどうか
While~の間、~である一方で
Without無くて、欠けて
Yetけれども、それにもかかわらず

接続詞は重要

接続詞はスピーキングでもライティングでも非常に重要な要素です。

一旦使い方を覚えてしまえば様々な接続詞をうまいこと使う事ができ、表現の幅が広がるのでぜひマスターしてみましょう!

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます