英語はやっぱり単なるツールなんだと出来るようになってから気づいた件

SPONSORED LINK

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

英語に興味を持って好きになって始め、極めたくなって猛勉強して、イギリスに渡って、自分が満足するレベルまで英語力をこれまでの人生上げてきた私ですが、ここにきてやはり英語は「ツール」なんだな、と感じたお話をしたいと思います。

今回の記事は完全に個人的な意見を述べる記事になります。

海外で働きたいから英文科に入るとか英語だけ勉強するのは遠回り

向こうに行けば英語なんてできて当たり前のもの

英語を勉強するモチベーションとして

「海外で働きたいから」

というモチベーションを持って始める方も多いのではないでしょうか。

こんな自分もイギリスに渡る前はイギリスで働こうかなーなんて思ってた時期もあったわけですが、イギリスの大学を卒業して日本に戻った今考えてみると

海外に移住したい、住みたい、働きたい→英語の勉強ばかりをする

というのは遠回りなんじゃないかと思ってきたんです。

※今回の記事で出てくる「海外」という単語は基本的にアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの英語圏の国と考えて下さい。

これは何度も色々な記事で話してきたことですが、英語が出来るようになってから気づいた事はいくつかあります。

  1. 第二言語としての英語学習に終わりは無い
  2. 英語力が母国語の日本語力を超える事はこれから先無いだろう
  3. ネイティブと完全に同レベルにはなれない、頑張ってもネイティブのちょっと下くらい

これらの事を悟りました。

そして英語圏の国では英語が話せる、なんて事はもちろん当たり前で誰もが備えている能力であり、いくら英語を勉強したとこで差をつけるどころか、縮める事しかできない訳です。

海外で職を得るには英語力じゃなくて特殊能力のが重要

極論ですよ、もしどうしても海外に住みたい、移住したい、働きたいと思っている人がいたとするなら、一番手っ取り早い方法は日本で日本食やらお寿司の料理職人になる為に修行されるのが一番手っ取り早いような気がします。

スキルのある料理人が恐らく一番世界をまたにかける事ができるでしょう。

もしくは国によっては美容師さんなんかも需要が高いかもしれません。

英語はもはや料理や、美容師の能力の二の次です。

だっていくら英語が完璧でほぼネイティブレベルになったとしても、その英語力は現地のネイティブよりは下で、現地企業の雇い主からしたらわざわざビザをスポンサーしてまで非ネイティブを雇う必要無いじゃないですか。

誰も「英語が出来る人」なんて求めていなくて「凄い特殊スキルを持ったうえで英語が出来る人」しか求めていません。

英語圏で「英語が出来る」というのは「自動車免許持ってますよね?」レベルの前提条件でしか無いでしょう。

だから「海外移住」を絶対目標にしているのなら英語力よりもその国が求める特殊能力を極める方が近道ってことです。

SPONSORED LINK

じゃぁ日本国内ではどうなんだろうか

英語が喋れるだけで出来る職業ってある?

そうふと思った時自分は一つも見つかりませんでした。

一番直結していると考えられるであろう

  • 英語講師
  • 翻訳家
  • 通訳者
  • ツアーコンダクター

なんかも英語+でそれぞれの特殊スキルを求められますよね。

英語講師ならコーチング力だったり指導力、翻訳だったら翻訳に特化した知識+日本語力、通訳者だったら瞬時に言語を脳内で変換できる能力、ツアーコンダクターなら日本各地の名所の知識。

ただ単に英語が出来るだけで活躍できるフィールドでは無さそうですよね。

当たり前ですが何をするにおいてもプラスアルファの知識とスキルが求められます。

SPONSORED LINK

英語はただのツールでアドオン

やっぱりどう考えても英語はツールで他の何かにくっついて活躍するアドオンのような存在としか思えなくなってきました。

別の第一スキルがあったうえでやっと活躍の場が見つかると言いましょうか…英語はどうやっても一番主要なスキルとして単体では使えないのでは…と。

例えば最初の海外移住や就職の例でも

  • 料理人としてのスキルがある上で英語力もあったらいいよね
  • 美容師としてのスキルがある上で英語力もあったらいいよね

日本においても

  • マーケティングの知識が豊富でさらにその上英語力もあったらよりいいよね
  • 弁護士免許があって更に英語力があったらいいよね

こんなように第2のスキルとして持っておくことで活動の幅が広がるケースがほとんどで、第一のスキルとしては大した力は無いですよね。

やっぱり英語は「便利なツール」でしかないんだなぁと思った今日でした。

ツイッターにもかなり力を入れています

一時期SNSからすべて撤退していましたが、最近は毎日短文で継続的な情報発信ができるようにTwitterの活動に力を入れています。

偏差値40から英検1級に合格し、イギリスの大学を卒業した僕だから分かる英語学習に関するヒントや、明日から使える英語表現を毎日お送りしています!

フォローするかどうかはあなた次第、SCRATCHH COと一緒に英語力を伸ばしましょう!

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

最新情報と英語学習に役立つツイートをチェック!