英検とTOEICはどう違う?どっちがおすすめ?内容・レベル・認知度他

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業、英検は1級、TOEICは930点を持っているSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

日本国内における2大英語試験と言えばなんでしょうか?

  • 英検
  • TOEIC

この2つがやはり一番認知度が高く、受験数も多いものだと言えるでしょう。

確かに日本国内ではこの2つのテストは最も有名ですが、内容、レベル、制度などは大きく異なります。

今回の記事では、英検とTOEICの特徴を比較し、さらにどんな人にどちらがおすすめなのかを解説していきます!

英検とTOEICはどう違う?どっちがおすすめ?内容・レベル・認知度他

スポンサーリンク

級制度 VS スコア制度

英検は5級から1級までの級制度なので、合格か不合格で判断され、各級異なる問題を解きます。

一方TOEICはスコア制度で受験者のレベルに関わらず全員が同じ問題を解いて、その中のスコアで評価されます。

もちろん使われる用途は違うのですが、一旦どちらが便利かは置いておいて、「英語力を付ける」という面で優れているかと考えた時に僕が思うのは英検かなと思います。

やはり級制度の英検の方が段階的にこなせて合格または不合格の2択なので受かった時は達成感がありますし、すぐ次の目標(上の級)が明確に見えるのもモチベーション的に良いですよね!

スピーキング・ライティングの有無

TOEICにもSWというスピーキング、ライティング能力が問われるものもありますが、現状読む、聞くのみを扱うLRが圧倒的に主流です。

つまりTOEICに関してはスピーキングとライティング対策をしなくても高得点は普通に目指せてしまいます。

一方英検では3級からしっかりと話す、書くが問われます。

準1級、1級になってくるとライティングは結構本格的になっており、スピーキングも準1級と1級はほとんどネイティブ面接になっています!

英検は学校英語や受験英語の延長と非難されることも多々ありますが、どちらかというとライティングとスピーキングを一括で取り扱わないTOEICの方が学校英語、受験英語の延長だと個人的には感じます。

世界の認知度

TOEICは世界、英検は国内といったイメージがありがちですが、個人的には両方とも実質的にほぼ国内限定で使えるスコア(資格)だと感じます。

特に英語圏やヨーロッパなどでは

といった別テストの方が認知度が高く、TOEICや英検は存在すら知られていないと言っても過言ではありません。

ただTOEICは東アジアやごく一部のアジア諸国なら他国でも人気があるようです。

しかし世界全体を見渡してみると世界的認知はほぼどっこいかTOEICが超僅差で上といった所でしょうか。

どちらにせよTOEICも英検も日本国外ではほとんど使う機会のない資格です。

内容のレベル・難易度

もちろん英検は級ごとにレベルが異なり、TOEICは全員同じ問題を受けるという点では違います。

個人的な肌感覚としては英検準1級、1級はTOEICの問題よりも難易度が結構高く、全体のレベルとしてはTOEICは英検2級程度のレベルのテストを引き伸ばしたようなものという印象があります。

その代わりTOEICで高得点を取るにはいかに間違いを犯さないかが重要です。

ある意味TOEICで高得点を取るというのは、リーディングとリスニングにのみ特化して時間が長くなった英検2級をいかに間違えずにスピード解答できるかといったようなものである気がします。

使われる英語

TOEICではビジネス(?)英語(基礎語彙が多く、専門単語はほとんど出てこない)が多く使われています。

ビジネス英語というよりも、基本的で難しくない英語が使われるのがTOEICです。

英検はもちろん級によって変わりますが、準1級、1級となると専門的な語彙や増えてきてアカデミックな英語もかなり含まれてきます。

特に英検1級、特に語彙問題に関しては非常にレベルの高い語彙力が求められます。

スポンサーリンク

受験費用

2020年5月時点の受験料はTOEICは6480円、英検は級そして本会場か準会場かによって異なります。

英検の場合

  • 1級:1万3000円
  • 準1級:8400円
  • 2級:7400円
  • 準2級:6900円
  • 3級:5900円
  • 4級:3600円
  • 5級:3000円(価格はすべて本会場価格)

スピーキングの有無の影響もありそうです。

英検とTOEICどっちがおすすめ?

英語力を総合的に上げたいのなら英検

TOEICと英検どちらがおすすめか、よく聞かれることですが、これは何を求めるのかによって異なります。

例えば単純に英語力を付けたいという事でしたら英検の方がお勧めです。

やはりライティングやスピーキングを取り扱っているという点、級制度でモチベーションの持続がしやすいという事を考えても英語力を上げるのであれば英検だと思います。

もちろんレベルによっては英検以外にも

といった英語テストも英語力アップにはおすすめできます。

一方TOEICは内容が非常に偏っているので英語力を総合的にあげるという点ではあまり向いていません。

就職活動、転職活動の為ならTOEIC

TOEICが英検より優れている点と言えば、企業が重要視している英語力の指標になっているという点です。

英語力を上げる目的ではそれほど優れたテストだとは思いませんが、企業に自分の英語力を証明するという点ではやはり現状日本国内ではTOEICが一番でしょう。

しかし前述の通りTOEICではスピーキングやライティングは必要ないため、この2要素ができなくても高スコアが取れてしまいます。
TOEICでは高スコアだけど蓋を開けてみれば…という状態になってしまうのがTOEICの難点なのかもしれません。

今回の記事のまとめ

今回は日本で最も有名な2大英語試験である英検とTOEICの違いについて簡単に解説して来ました。

今日のおさらい

  1. 英検=級制度 TOEIC=スコア制度
  2. 英検=スピーキング、ライティング有 TOEIC=基本リーディング、リスニングのみ
  3. 世界的認知は両方ともほぼ同じレベルで低い
  4. 肌感覚でTOEIC問題の難易度は英検準2級~2級くらい
  5. TOEICでは難しい語彙は出ない、英検は準1級、1級になると専門単語が使われる
  6. 受験費用は準2級からは英検の方が高い
  7. 英語力を総合的にあげたいなら英検、就職活動や転職活動で英語力を証明したいならTOEICがおすすめ

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます