英検準1級のレベルは?この級に受かれば海外である程度生活できる

こんにちは、英検準1級を合格して初めて「英語をそこそこ使う事が出来ます!」と語れるようになると考えるSCRACHH COライターのJINです。

みなさん英検準1級と聞くと何かイメージが浮かびますか?

恐らくイメージが浮かぶ人はかなり少数のはずです、なぜなら英検2級までと違い準1級は普通の人はまず受ける事も無ければ考えることもないであろう級だからです。

2級までは大学受験に向けて高校生が受ける事がありますが準1級は違います。

受けるのは英語を極めたいと思っている強者達がほとんどです。

今回の記事ではそんな英検準1級の

  • 難易度やレベル
  • 合格率と合格ライン
  • 必要な英語力
  • どのようなレベルの人が受けるべき級なのか

を解説していきます。

英検準1級のレベル、難易度解説

スポンサードリンク

それではまず英検準1級のレベルを見ていきましょう。

日本英語検定協会は公式ページで英検準1級をこのように説明しています。

準1級は、最終目標である1級の手前まで着実に力をつけているレベルで、およそ大学中級程度とされています。社会生活で求められる英語を十分理解し、また 使用できることが求められます。入試優遇や単位認定はもちろん、教員採用試験に優遇されたり、海外留学にも多方面で幅広く適用される資格です。

引用元:日本英語検定協会

大学中級程度とありますが実際はそれよりも全然難易度は高いです。

ここで一番注目したいのは「海外留学にも多方面で幅広く適用される」というところです。

英検の資格を使って入学を認めてくれる学校はかなり少ないですが英検準1級のレベルがある人なら英語圏の国でもある程度問題なく生活できるようになります。

逆に英検準1級レベルの英語力が無い人は海外での生活に言葉の面でかなり苦労します。

僕個人的にはこのレベルの英語力が無い人が留学に行ったとしても結局あまり伸びずに帰ってきてしまうと考えてしまいます、準1級レベルくらいまでの英語力なら日本でも十分に付けることが出来ます。

留学に行きたい人は留学先に行く前にまずこの級を取得する事をおすすめします。

僕自身もイギリスに渡る前に準1級を取得しています。

例えばこんな問題が出題されています

英検準1級では

  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

の4項目が英検2級と比べて比べられないくらい高いレベルの問題で問われます。

例えば2017年第2回のテストではこのような問題が出題されました。

The protesters were removed from the city hall building for ( ) the event. They had been shouting so loudly that no one could hear the speeches.
1 rotating 2 fostering 3 wounding 4 disrupting

引用元:日本英語検定協会

見てわかるように結構難しい単語が出てきますよね!

たまに「準1級の単語なんて英語マニアにしか分からないような日常で使わない英語だよ」

なんて言ってる人がいますが…僕から言わせれば

「何言ってるの?準1級の単語は英語圏に住んでいれば毎日どこかで聞いたり見たりする単語ばっかりだよ!」

と言いますね。

準1級で覚えて無駄な単語は一つもありません、実際準1級レベルの単語量が無ければ英語圏で快適に生活する事はできません。

現に英語マニアしか受からないと言われている英検1級を持っている僕でもイギリスに居て分からない単語や言い回しは出てきますし専門的な話などは今でも難しいと感じます。

準1級は「英語圏でなんとか英語のみで生活していける最低限のレベル」という考えです。

必要な単語力

英検準1級を受かるためには6800から7000の単語を知っているべきだと言われています。

2級が3800から4000だったのを考えるとレベルの差に大きな開きがある事が分かりますよね、とにかく2級と準1級の間にはかなり大きな壁があるのです。

しかしストレスなしに言語を話すには10000単語知っているべきだという話があります、あながち間違いではないと思います、なので準1級は通過地点なのです。

英検準1級の合格ラインと合格率

さぁ級が上がるごとに合格ラインも上がってくるのが英検です。

準1級の1次試験では2250満点の内約1800点以上を取らなければ合格することができないと言われています。

すなわち単純計算で80%の正答率が必要だという事ですね。

10問あれば2問しか間違える事が出来ません。

2次試験では750満点中520点程度が必要だと言われています、この級がどれくらいシビアなのか分かってきましたか?

ちなみに合格率は15%程度なのでかなり狭き門だと言えますね!

英検準1級を受けるべき人とは

スポンサードリンク

英語を極めたい人、英語で仕事をしたい人、留学をしたい人がまず目指すべき級です。

特に英語を使って仕事をしたい人なんかはこれくらいのレベルの英語力が無ければだめだと思います、英語関係で準1級すら取れない人に任せるのはちょっと…と思っちゃいます。

多くの準1級レベルのない人が学校で英語を教えてるのは事実なんですけどね…

留学したい人は先ほども言ったように必ず行く前にこれくらいのレベルは付けて欲しいですね、自分自身の為ですよ、留学なんてものは実際留学に行く前の英語力で決まる面が大きいです。

伸びる英語力なんてものは限られています、貴重な時間内で英語力をあげたければまず行く前に英語力を高めておくべきです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でScratchhEnglishをフォローしよう!

スポンサードリンク

By | 2018-01-16T22:10:06+00:00 12月 24th, 2017|英検, 英検準1級, 資格、検定|英検準1級のレベルは?この級に受かれば海外である程度生活できる はコメントを受け付けていません。