【英検×IELTS比較】IELTS経験のある英検1級ホルダーが両者を比較

こんにちは、偏差値40台の高校に通っていた高校3年時に4ヶ月猛勉強してIELTS6.5を取得し、その流れでイギリスの大学に正規で入って最終的に卒業したSCRACHH CO 管理人ライターのJINです。

ちなみにIELTSを受けた時期と英検各級を受けた時期のタイムラインはこんな感じです

  • 英検2級:2011年
  • IELTS 6.5:2012年
  • 英検準1級:2012年
  • 英検1級:2016年

IELTSを受ける人でIELTSは英検とどう違うのか、そう疑問に思っている人もいるかもしれません。

今回はそんな疑問に応えるべくIELTSの猛勉強経験のある英検1級ホルダーの僕が独自の視点で英検とIELTSを比較していきます。

IELTS専門リンジー先生
IELTS専門のリンジーです、今日は一緒にIELTSと英検の比較を見ていきましょう

英検とIELTSの比較【スコア換算図】

まず一番早いのが英検とIELTSのスコア換算を考えてみる事です。

これを見る事で英検何級を持っていたらIELTSでどれくらいのスコアが期待できそうなのかを知る事ができます。

もちろん数字は推定値なので英検の特定級を持っているからと言ってIELTSの特定スコアが取れるという事ではありません。

英検IELTS
9.0
8.5
8.0
1級7.5
7.0
6.5
準1級6.0
5.5
5.0
2級4.5
4.0
準2級3.5
3.0
3級2.5
2.0

おおよその換算はこのような形です。

スポンサーリンク

級制度の英検とスコア制度のIELTS

英検とIELTSの大きな違いの一つは

  • 英検=級制度
  • IELTS=スコア制度

と言う点です。

つまり英検は級ごとに問題レベルが違うのに対し、IELTSではどんなレベルの人が受けても同じ問題が出題されます。

ボーダーラインを越えれば合格の英検と合格と言う概念はなく正答数でスコアが変わるIELTSと言ったところ。

なのでIELTSの問題をまともに解く為には相応の英語レベルが必要になります。

個人的にその相応レベルを英検で表すのなら「最低でも英検2級レベル以上」、それ以下になってしまうと全問当てずっぽうになってしまってもおかしくありません。

IELTSの9.0や8.5の方が英検1級よりも難易度が高い

両方経験した結果から話すと、英検1級とIELTS9.0、8.5を比較した場合、後者の方が圧倒的に難易度が高いといえます。

特にオーバーオールスコア9.0なんていうのは正直今まで出会ったことありません。

一方で英検1級は確かに難しいのは難しいのですが、勉強しつづければ到達できるレベルだと思っています。

英検準1級=6.0はかなり正確な数字だと思う

僕がIELTS6.5を取得したのが2012年の3月です。

その後英語力維持の為に何となく英検準1級に申し込んで、結局全く勉強せずに2012年7月に受けた結果かなり余裕を持って合格したので

英検準1級のレベルはIELTSの6.0もしくは5.5の相当するというのはかなり正確だと思っています。

逆にIELTS 6.5=英検準1級はないかな…といったところ。

4技能を問う形式は英検もIELTSも似ている

英検とIELTSの共通点として「4技能をしっかり問う」という点があります。

  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

すべてレベルは違えど問われます。

例えば他のテストを見てみると

  • TOEIC=基本的にリーディングとリスニング
  • TOEFL=ibtの場合スピーキングは対面ではなくパソコン上

という違いがあります。

やはりスピーキングは対面でやるのが一番です。

英語4技能で見る英検とIELTSの比較

リーディングで見る英検とIELTSの比較

リーディングにおける英検とIELTSの違いは長文問題の長さでしょうか。

英検は英検1級でも1つ1つの長文問題の内容はそこまで長くありません、その一方でIELTSのリーディングで出題される長文問題は非常に長く問題数も多いです。

というのも英検では語彙問題に結構な配分が行っているのも一因でしょう。

スポンサーリンク

リスニングで見る英検とIELTSの比較

リスニングに関して一番の違いは英検のリスニングのほとんどが1リスニング1問であるのに対し、IELTSのリスニングでは1リスニングに複数の設問が用意されているところです。

IELTSのリスニングは特徴的で、どちらかというと英検のリーディングに似たような面があります。

例えば英検のリーディングでは掲示板の穴埋め問題が出題されることがありますが、IELTSではリスニングで同様の穴埋め問題が出題されます。

見方を変えればIELTSのリスニングの方がより実践的とも言えます。

ライティングで見る英検とIELTSの比較

個人的にはライティングが2つのテストで一番似ている項目だと思っています。

両者ともにお題が出されてそのお題に対する回答をエッセイ形式で書く事が求められます。

英検1級ライティングのテーマ例

Agree or disagree:Artificial Intelligence will cause various problems in the future.

IELTSライティングのテーマ例

Longer life spans and improvements in the health of older people suggest that people over the age of sixty-five can continue to live full and active lives. In what ways can society benefit from the contribution that older people can make?

これを見ても英検の方がより広いお題、IELTSの方がより狭いピンポイントのお題である事がわかります。

テーマライティングで求められるワード数は

  • 英検1級:200~240ワード
  • IELTS:250ワード

と似たような要件となっています。

ただ英検ライティングとIELTSライティングには決定的な違いが2つあります。

  1. 英検のライティングはリーディングと一緒に組み込まれている一方でIELTSのライティングはライティングのみに時間配分されている
  2. 英検のライティングは1問であるのに対してIELTSのライティングには2問配分されている

まず1つ目の違いに関しては、英検テストではライティングがリーディングの時間に組み込まれています。

つまりリーディングで時間を取られ過ぎるとライティングに辿り着けずに書けないという事態も考えられる一方で、IELTSではライティングにはライティング専用の時間配分がリーディングと別で用意されています。

さらにIELTSには先ほど紹介したテーマに沿ったライティングとは別にもう1問グラフを説明するライティングが用意されています。

ライティングの出題は英検は1問であるのに対してIELTSは2問であるという事です。

簡単に言ってしまえばIELTSの方がライティングの重要度が圧倒的に高く、ライティングに特化した勉強がより大切なのです。

スピーキングで見る英検とIELTSの比較

スピーキングも似た形と言えば確かに似たような点があります。

しかし二次試験と呼ばれる英検のスピーキングは一次試験に通過した人のみが参加できるのに対し、IELTSのスピーキングは応募者全員参加です。

おおよその所要時間は

  • 英検準1級:7分
  • 英検1級:10分
  • IELTS:11分~14分

IELTSの方が所要時間が長いので、おのずと喋る時間も長くなります。

質が高いIELTSですが受験料は雲泥の差

薄々気づいた方もいるかもしれませんが、英検よりIELTSの方が細かく質の高いテストであることは疑いようがありません。

ただ良いものには良い値段が付くのは相場決まっています…

  • 英検準1級:7600円
  • 英検1級:9500円
  • IELTS:25,380円

※2020年1月現在

英検で一番高い1級よりも2倍以上の値段がするのがIELTSなんです。

さらにIELTSの受験にはパスポートが必要、僕は2012年IELTSを受けた時パスポートを持っていなかったのでわざわざ作りました。

以上がおおまかな英検とIELTSの比較でした。

自分にはどちらのテストが合っているのかぜひ考えてみていただけると嬉しいです。

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます