こんにちは、英語力を伸ばしたかったら英検をおすすめする英検信者のSCRACHH COライターのJINです。

英検3級と聞くと皆さんは何か思うところはありますか?

「中学3年生の時に高校受験の為に受けたことがある!」

という人も多いはずです。

僕が中学校の頃も高校受験に合わせて英検3級を受験していた子たちがたくさんいました(僕は受けませんでしたが)

なので英検の3級は恐らくすべての級の中で一般的に一番馴染みのある級ではないでしょうか。

それでも僕のように3級を中学時代に受けなかった人やはたまた今中学生でこれから英検3級を受けようと考えている人もいるはずです。

今回の記事では英検3級の

  • 難易度やレベル
  • 合格率と合格ライン
  • 必要な英語力
  • どのようなレベルの人が受けるべき級なのか
  • なぜ英語やり直し勢におすすめなのか

を解説していきます。

英検3級の効率的、効果的な勉強法・対策はこちらの記事で詳しく細かく紹介しています!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検3級について学んでいきましょう!

英検3級のレベル、難易度解説

スポンサーリンク

それではまず英検3級のレベルを見ていきましょう。

日本英語検定協会は英検3級をこのように説明しています。

3級は、5級・4級で習得してきた基礎力の集大成の級で、レベルは中学卒業程度とされています。身近な英語を理解し、使用できることが求められます。この3級から面接試験が加わり、話す力が的確に測定されます。

引用元:日本英語検定協会

「中学卒業程度」

というのが英検3級のポイントです。

すなわち義務教育の英語の集大成という訳です、こういう理由もあり英検3級は高校受験の際に持っていると有利だという事があるんですね。

この級を合格できる力があれば義務教育英語の英語はバッチリです。

例えばこんな問題が出題されています

英検3級のもう一つの特徴としてこの級から「スピーキングが合否に影響する」という事です。

なのでスピーキング対策も必要な級なんです。

英検3級では

  • リーディング
  • リスニング
  • スピーキング

の能力が問われます。

例えば英検3級(2017年第1回)のリーディングではこんな問題が出されています。

Students ( ) want to study in America have to study English hard.
1 who 2 what 3 whose 4 why

こんな難しそうな関係代名詞の問題も出題されていますやっぱり英検4級と比べるとレベルは高いですね。

逆に言えば英検3級に合格できれば英語学習においてある程度の基盤が出来たという事です。

必要な単語力

英検3級に合格するためには約1250から1350の英単語を知っているべきと言われています。

4級が600から700だったのでまたも約倍に増えていることが分かります。

4級からかなりレベルが上がっていますね。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検3級の単語レベルは中学卒業程度です、中学校の内に合格出来れば順調に英語力がついているという指標になります

スポンサーリンク

英検3級の合格ラインと合格率

まず英検3級の一次試験(リーディングとリスニング)では大体満点の60%少しを取る事が出来れば合格が出来ると言われています。

二次試験(スピーキング)の合格ラインは550点満点のうち大体350点あたりがボーダーラインです。

合格率は受験者の大体50%ちょいの人が合格されています。

合格率が約70%の4級から比べると合格の間口はかなり狭まっています、およそ半分の受験者が落ちていますからね。

英検3級を受けるべき人とは

スポンサーリンク

まず高校受験を控えている中学2年生や中学3年生はある程度の高校に進学したい人は受けるべきです。

英検3級に向けて勉強することによって高度に英語の予習、復習をすることができます。

受けて損は絶対にありません。

英検3級の効率的、効果的な勉強法・対策はこちらの記事で詳しく細かく紹介しています!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検3級を持っていると高校入試の際に有利になったりする場合があるわ、取っておいて損はない資格ね

英検3級は高校生以降で英語をやり直したい人にもおすすめ

高校受験を控えている中学生以外にも大人になってから英語をやり直したい人にも英検3級はおすすめです。

先ほども話したように英検3級は義務教育の英語を完全に網羅しています。

「英語をやり直したい!」

という方は結構ブランクのある人が多いです。

そんなブランクを埋めるためにも中学3年までの基礎英語を復習代わりに勉強するのはとても良いです。

「英語をやり直したい」という人に限って自分にブランクがある事を忘れて背伸びをしてしまい結局難しくて理解できずに辞めてしまう人がたくさんいます。

「英会話」を勉強したい人も英語の基礎、基盤が無ければ「英会話」も分かりません。

ブランクのある英語やり直したい勢は英検3級から勉強しなおすというのはとても有効な手であります。

このグローバルな時代に子供に英語が出来るようになってほしいですか?

この記事でも書いていますが、僕は親が子供に英語が出来るようになってほしいから、という理由で無理強いするのは逆効果だと思っています。

実際僕は某大手ウェブ英会話講師として子供に英語を教えていた経験があり、それは間違いありません。

しかし、当時働いていたところのサービスには講師として働きながら納得できない所が多々ありました、働いていた経験から正直にぶっちゃけると

  • 子供にウェブを通してのグループレッスンはカオスになりがち
  • 英語レベルや意欲のレベルが違う子が一緒に勉強しているので、やる気のある子にとって勿体ない
  • 費用がとにかく高い
  • 1週間に30分程度のレッスンで出来るようになる事は絶対にない
  • 講師たちが営業をかけるので辞めたくても辞めにくい
  • 大手英会話スクールと提携しているためイベントなどの営業の電話がかかってくる
  • 採用の基準が曖昧過ぎて講師のレベルに当たり外れがありすぎる

ざっとこんなデメリットを働いていて感じました。

しかし、これらのデメリットを排除した超低価格のウェブレッスンが今存在しています、このサービスを見た時に、僕が以前働いていたウェブレッスンが勝っている所は一つも無いと感じたくらいです。

ここでお勧めしたいのはDMM英会話です、DMM英会話には以下のメリットがあります。

  • 2回も無料体験レッスンが出来るので2回の無料体験レッスンで子供がやる気かどうか判断できる。
  • 入会費完全無料!
  • いつでも自分の時間でレッスンが可能(親の都合に合わせて決まった時間でなくてもレッスン受講可能)
  • 世界90カ国以上 6400人以上の講師とマンツーマンレッスンできる(他の子供とレッスンする事が無いのでレッスン中講師を独り占め)
  • 外国人講師のみならず日本人講師も選択可能
  • 講師の採用試験がとても厳しいため質の高い講師が集まっている
  • 英検などの資格対策も充実
  • 破格過ぎる値段(1レッスン当たり150円から!!)
  • 毎日受講可能
  • 大企業のDMMさんが運営しているという安心感
  • 2017年オンライン英会話サービス評価・満足度調査にて13部門でトップの1位
  • 2017年あの有名ビジネス雑誌「プレジデント」の英会話テキスト・英会話学校の部門で堂々の総合満足度1位
  • 完全インターネットのサービスなので辞めにくいという事がない
  • イベントごとなどの煩わしい営業電話無し
  • ウェブなので親御さんも子供の受講の様子を見る事ができる

実績と規模、そしてクオリティは他のオンライン英会話とかなり差をつけています。

最後にももう一度念を押しておきますが、やる気がない子供に無理強いするのは完全に逆効果です、しかしDMM英会話では無料体験レッスンが2回も付いてくるので無料体験を受けた上で子供にやる気があるのか、そして子供がその2回で興味を持つのか、という所を見極め事ができるのが最大のメリットだと僕は考えます。

試すだけなら2回も無料です、もし子供に英語が出来るようになってほしい、と思われる親御さんが居ましたら試さない方が損じゃないかなぁと元ウェブ英会話講師の僕は思います!



英検専門、エリカ先生
エリカ先生
実はDMM英会話はレッスンを受ける際に英検の教材を無料で使う事ができるのよ!あり得ないくらいありがたいわね
英語ビジネスに精通するジョーダン先生
ジョーダン先生
DMM英会話はあのビジネス誌、プレジデントでも堂々の満足度1位を獲得した英会話ウェブレッスンです、これほど実績があり質のいいオンライン英語サービスはこれ以外に存在しませんね
子供英語専門、ローズ先生
ローズ先生
子供にとってこれだけ破格の値段で質のいい講師から優しくマンツーマンレッスンが受けれるというのは革命的です、対面の英会話スクールで毎日レッスンを受けれるような所はほぼありませんし、あったとしても値段はこの値段の数倍します、無料体験だけなら損する事は絶対に無いので今すぐ登録してどんな講師が居るのかだけでも見てみると良いと思いますよ

DMM英会話を徹底解剖して体験談を含めたレビュー記事を書きました!是非参考までにご覧ください!



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でScratchhEnglishをフォローしよう!