英検3級のレベルって?英語やり直し勢にもおすすめできる理由

SPONSORED LINK

こんにちは、英語力を伸ばしたかったら英検をおすすめする英検信者のSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

英検3級と聞くと皆さんは何か思うところはありますか?

「中学3年生の時に高校受験の為に受けたことがある!」

という人も多いはずです。

僕が中学校の頃も高校受験に合わせて英検3級を受験していた子たちがたくさんいました(僕は受けませんでしたが)

そして僕自身過去に英語講師として働いていた時に英検3級を教えていたこともあります。

なので英検の3級は恐らくすべての級の中で一般的に一番馴染みのある級ではないでしょうか。

それでも僕のように3級を中学時代に受けなかった人やはたまた今中学生でこれから英検3級を受けようと考えている人もいるはずです。

今回の記事では英検3級の

  • 難易度やレベル
  • 合格率と合格ライン
  • 必要な英語力
  • どのようなレベルの人が受けるべき級なのか
  • なぜ英語やり直し勢におすすめなのか

を解説していきます。

英検3級の効率的、効果的な勉強法・対策はこちらの記事で詳しく細かく紹介しています!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検3級について学んでいきましょう!

英検3級のレベル、難易度解説

それではまず英検3級のレベルを見ていきましょう。

日本英語検定協会は英検3級をこのように説明しています。

3級は、5級・4級で習得してきた基礎力の集大成の級で、レベルは中学卒業程度とされています。身近な英語を理解し、使用できることが求められます。この3級から面接試験が加わり、話す力が的確に測定されます。

引用元:日本英語検定協会

「中学卒業程度」

というのが英検3級のポイントです。

すなわち義務教育の英語の集大成という訳です、こういう理由もあり英検3級は高校受験の際に持っていると有利だという事があるんですね。

この級を合格できる力があれば義務教育英語の英語はバッチリです。

SPONSORED LINK

例えばこんな問題が出題されています

英検3級のもう一つの特徴としてこの級から「スピーキングが合否に影響する」という事です。

なのでスピーキング対策も必要な級なんです。

英検3級では

  • リーディング
  • リスニング
  • スピーキング

の能力が問われます。

例えば英検3級(2017年第1回)のリーディングではこんな問題が出されています。

Students ( ) want to study in America have to study English hard.
1 who 2 what 3 whose 4 why

こんな難しそうな関係代名詞の問題も出題されていますやっぱり英検4級と比べるとレベルは高いですね。

逆に言えば英検3級に合格できれば英語学習においてある程度の基盤が出来たという事です。

必要な単語力

英検3級に合格するためには約1250から1350の英単語を知っているべきと言われています。

4級が600から700だったのでまたも約倍に増えていることが分かります。

4級からかなりレベルが上がっていますね。

例えば頻出単語として

  • forget
  • come
  • become
  • find
  • make
  • win
  • swim
  • stand
  • understand
  • break

などがあり、よく出題されています。

正答率60%ちょっとくらいを求められる英検3級ですので、この10個のうち6個から7個分かっていないと合格は相当難しいでしょう。

英語全体を見た時にこれらは基礎中の基礎ですので、必ず全部覚える勢いで覚えてしまいましょう。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検3級の単語レベルは中学卒業程度です、中学校の内に合格出来れば順調に英語力がついているという指標になります

英検3級の合格ラインと合格率

まず英検3級の一次試験(リーディングとリスニング)では大体満点の60%少しを取る事が出来れば合格が出来ると言われています。

二次試験(スピーキング)の合格ラインは550点満点のうち大体350点あたりがボーダーラインです。

合格率は受験者の大体50%ちょいの人が合格されています。

合格率が約70%の4級から比べると合格の間口はかなり狭まっています、およそ半分の受験者が落ちていますからね。

英検3級を受けるべき人とは

まず高校受験を控えている中学2年生や中学3年生はある程度の高校に進学したい人は受けるべきです。

英検3級に向けて勉強することによって高度に英語の予習、復習をすることができます。

受けて損は絶対にありません。

英検3級の効率的、効果的な勉強法・対策はこちらの記事で詳しく細かく紹介しています!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検3級を持っていると高校入試の際に有利になったりする場合があるわ、取っておいて損はない資格ね

SPONSORED LINK

英検3級は高校生以降で英語をやり直したい人にもおすすめ

高校受験を控えている中学生以外にも大人になってから英語をやり直したい人にも英検3級はおすすめです。

先ほども話したように英検3級は義務教育の英語を完全に網羅しています。

「英語をやり直したい!」

という方は結構ブランクのある人が多いです。

そんなブランクを埋めるためにも中学3年までの基礎英語を復習代わりに勉強するのはとても良いです。

「英語をやり直したい」という人に限って自分にブランクがある事を忘れて背伸びをしてしまい結局難しくて理解できずに辞めてしまう人がたくさんいます。

「英会話」を勉強したい人も英語の基礎、基盤が無ければ「英会話」も分かりません。

ブランクのある英語やり直したい勢は英検3級から勉強しなおすというのはとても有効な手であります。

僕が別名義で運営している英検特化サイトではもっともっとより詳しく英検3級の攻略法を紹介していますのでぜひこちらの記事からご覧ください。

 

ツイッターにもかなり力を入れています

一時期SNSからすべて撤退していましたが、最近は毎日短文で継続的な情報発信ができるようにTwitterの活動に力を入れています。

偏差値40から英検1級に合格し、イギリスの大学を卒業した僕だから分かる英語学習に関するヒントや、明日から使える英語表現を毎日お送りしています!

フォローするかどうかはあなた次第、SCRATCHH COと一緒に英語力を伸ばしましょう!

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

最新情報と英語学習に役立つツイートをチェック!