英検2級ってどれくらい難しい?英語を学びたい人は必ず受けるべき

こんにちは、実は偏差値40台の高校に通っていた頃から今に至るまでの英語学習の歴史の中で初めて取得した英語の資格が英検2級だったSCRACHH COライターのJINです。

みなさんは英検2級と聞くとどんな事を思い浮かべますか?

「難しそう」と思う人も居れば逆に「簡単なんじゃないの?」と思う人も居ることでしょう。

最初に書きましたが僕が人生で初めて取った英語の資格が英検2級でした、あれは僕が偏差値40の時「英語喋れるようになりたい!」と思い立ち英語に目覚めた17歳くらいの時だったと思います。

一般的には高校生が多く受けている級です。

僕は大学受験をしなかったのですが英検2級を持っていると優遇される大学も多数あるので多くの高校生が受けたいと思っている級です。

今回の記事では英検2級の

  • 難易度やレベル
  • 合格率と合格ライン
  • 必要な英語力
  • どのようなレベルの人が受けるべき級なのか

を解説していきます。

英検2級のレベル、難易度解説

スポンサードリンク

それではまず英検2級のレベルを見ていきましょう。

日本英語検定協会は英検2級をこのように説明しています。

2級は、準2級までしっかりつけてきた力を実生活の様々な分野で応用できる力を身につけている級で、レベルは高校卒業程度とされています。社会生活に必要な英語を理解し、使用できることが求められます。入試優遇、単位認定、センター試験対策、さらに海外留学や社会人の一般的な英語力の条件として幅広く適用されます。

引用元:日本英語検定協会

この文章を見て分かるように2級は「高校卒業程度」のレベルだという事が分かります。

この級に合格できれば高校までの英語はバッチリできていると思って良いです。

個人的には英検2級から「英語がそこそこ出来る」と語れる程度のレベルだと思っています、英検2級に合格できればそこから英語を使って活躍する出来るポテンシャルを秘めていることを意味します。

逆に言えば英検2級レベルの文法、単語などなどを理解できなければ英語は一生喋ったり使う事は出来ません。

英検2級は指標としてとても重要な級なのです。

例えばこんな問題が出題されています

僕が英検2級は重要な指標と言ったのにはもう一つ理由があります。

英検2級から準2級までのリーディング、リスニング、スピーキングに加え遂にライティングも入ってくるのです。

書くことが出来なければ「英語が出来る」とは口が裂けても言えませんよね?

英検2級で問われる技能は

  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

です。

例えば2017年の第2回英検ではこのような問題が出題されました。

Mark started a coffee farm in Hawaii. He was not able to sell many coffee beans in Hawaii, but he has made a lot of money since he started ( ) them to other countries.
1 shortening 2 observing 3 exporting 4 decorating

やっぱり2級は難しそうな単語がちらほら出てきていますね、でも英検2級に出てくる単語は「英語が出来るようになりたい」人にとっては全部知らなければいけない単語です!

必要な単語力

英検2級に合格するためには約3800から4000の英単語を知っているべきと言われています。

2600から2800だった準2級からは実際微増と言ったところですね。

しかし何度も言いますが英検2級に出てくる単語は例外なしに全て知っていなければいけない単語です。

英検2級の合格ラインと合格率

英検2級の1次試験では満点1950点中1500点以上くらいを取らないと受からないと言われています。

約75%ほど取らないといけない計算なので結構きついですよね。

だって学校のテストとかで100点満点のうち75点取るのって難しいでしょ?(僕だけ?)

2次試験では650点満点中460点以上が必要です。

合格率はだいたい30%と半数以上の人が受験をしても落ちていることになります。

英検2級を受けるべき人とは

スポンサードリンク

大学受験で英検2級を使用したい高校生は受けるべきです、英検2級に受からなかったとしても英検2級に向けてした勉強はセンター試験や大学受験に必ず役に立ちます。

それ以外では「英語を話したい!」「英語が出来るようになりたい!」「英語を仕事で使ってみたい!」

などなどの野望を持つ人は全員受けるべきです。

英検2級レベルの英語が無ければ高度な英語学習のスタートラインにすら立てません。

英検2級レベルのリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの1つでも欠けていれば将来英語を使えることはできないと100%断言できます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でScratchhEnglishをフォローしよう!

スポンサードリンク

By | 2018-01-16T22:08:10+00:00 12月 23rd, 2017|英検, 英検2級, 資格、検定|英検2級ってどれくらい難しい?英語を学びたい人は必ず受けるべき はコメントを受け付けていません。