SPONSORED LINK

こんにちは、2016年第1回の英語検定で英検1級に1次試験バンドスコア+5、2次試験バンドスコア+2で一発合格したSCRACHH CO 管理人ライターのJINです。

1級を取得してからももう数年が経ちました、時が流れるのは速いものです。

英検1級はもちろん日本英語検定史上一番高いレベルにあり、受験者の9割近くは落ちています、僕自身イギリスで3年過ごした後に初めて受験しましたが受けてみた感じ正直事前に勉強しなければ落ちていただろうな、と感じました。

英検準1級が海外である程度生活できるレベルならば1級は英語マニアの領域です。

英検準1級で出てくる単語は全て生活するにおいて必要な単語である一方、1級で出てくる頻出単語は半分以上聞いたことすらない専門単語ばかりです。

例えば経済や科学に関する単語ならその分野に精通して専門書を読んだりする人は見たことがある単語ですが一般人の僕なんかは生活してて出くわさないような単語です。

なので英語が出来る人でも勉強しなければ落ちます、なんなら最初のボキャブラリー問題をイギリス人のネイティブの彼女に解かせてみましたがネイティブですら聞いたこともない単語が半分くらい占めていました。

これが英検1級が英語マニア専門と言われるゆえんなのです。

しかし試行錯誤して勉強した結果僕は合格率10%を切る英検1級にバンドスコア+5で一発合格する事が出来ました。

今回はその経験を基に着実に英検1級合格を目指す為の効率的な5ヶ月スケジュールプランを提案させていただきます。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検1級に一発合格するための学習プランを学んでいきましょう!

目次

0ヶ月~1ヶ月

最初の月は全部単語、単語、単語

どの級の学習プランの記事でも言っていますが、この英検1級は他の級と比べ物にならない程語彙力が求められます。

まずはその土台作りが大事です。

ちなみに僕が英検1級を受けた時はイギリスに住み始めて3年が経って1年休学して日本に一旦帰ってきて働いている時だったのですが、当時はもう既にイギリスの大学にも慣れ、イギリスの地元学生と大学内の学習という面では同じ土俵で戦える十分な英語力はありました。

しかしふと英検1級を受けようと思って英検1級の単語帳を開いてみたらびっくり!

1ページ目から8割方は知らない単語、もしくはなんとなくニュアンスは分かる…というレベルの単語ばかりでしたね。

もう一つ自分が受けて合格して思った事ですが、語彙問題以外は正直そこまで大したことなかった印象です、リーディングやリスニングは本番でもほぼ満点でした。

本番で落としたところと言えば語彙問題とライティングでしょうか(ライティングで満点を取るのはほぼ不可能なのでなんとも言えませんが)それ程英検1級の語彙問題のボキャブラリーの破壊力は高い訳です。

だから5ヶ月プランの内の最初の1ヶ月は単語、熟語、フレーズに100%費やします。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
単語だけは長期プランで覚えていきます、短期でやるようなものではありません

どうせ過去問をこの時点で解いても分からない

最初から実力がある人は違いますが頑張らないと英検1級には受からない英語レベルの人の場合最初から過去問を使って解いても分からないし解けません。

理解できない物を最初からやっても正直意味ないです。

バットやグローブの使い方すら知らない人が野球の練習試合に出るようなもんです。

まずはバットやグローブの使い方を知っておくべきなんです。

「意味ない」と言いましたが若干訂正します、意味は出てくる可能性もありますが完全に遠回りです。

わざわざ遠回りの道を通る必要はありません。

1ヶ月目に英検1級に向けてやるべきこととは

まずこの単語帳を買います。

冗談抜きにこの単語帳なしで英検1級は受からないと言っても良いでしょう、最初から1級レベルかそれ以上の英語力があるなら別の話ですがそんな人絶対に居ないはずです、だってイギリス人も分からないような単語がたくさんある訳ですから…

ちなみに僕個人的にはTOEIC満点よりも段違いで英検1級取得のが難易度が高いと思っていますし価値があるものだと思っています。

そんな英検1級を合格する為に必須の単語帳がこちら

1級の合格に必要な単語全てが載っています、この単語帳の5~6割覚えておけばなんとかテストで戦えます、7割8割覚えれば単語のみに関して言えば1級を合格するに十分です。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
この単語帳は英検1級にとって唯一無二の存在ですよ

この単語帳を使った単語の覚え方

今回も僕が英語の勉強をし始めた時からイギリスの大学を卒業するまでずっと一貫して続けてきた英単語の覚え方を今一度紹介します。

他の方法も試したことはありますが今のところこの方法に勝るものはありませんでした。

例えば今あなたが

「この単語帳の単語全部覚えてね!」

と言われたら皆さんはどのように覚えますか?

  • 単語帳をそのまま使う?
  • ノートに書きだす?
  • 暗記ペンや暗記シートを使う?
  • とにかく読み込む?

残念ながらこの挙げた4つの方法で覚えている人はとっても損をしています、効率的ではありません。

やり続ければいずれは覚えられるかもしれませんが効率的ではない為莫大な時間を単語学習に費やすことになります。

そしてこれらの方法で覚えた単語は覚えたと思っていたとしてもすぐに忘れます。

みなさんは

「暗記したはずなのに忘れた…出てこない…」

なんて経験はありませんか?

もちろん人間は多少は物事を忘れていく生き物なので忘れる事はありますが、記憶の中に長く刻み込む方法はあります。

SCRATCHH COが受験英語、英会話、その他英語試験に関わらず誰にでも推奨する詳しい覚え方はこちらの記事に載っています↓

こちらの記事をじっくりと読んでいただくのが一番分かりやすいですが簡単に要約をすると

  • 全ての単語を英英で覚えようと絶対にしてはならない(時間の無駄)
  • 単語は自分で取捨選択をして英和で覚えるものと英英で覚える物を分ける(時間短縮、効率アップの為、取捨選択の詳しい方法は上の記事内にあります)
  • ノート書き、暗記ペンなどの使用は絶対にしない(単語を順番で覚えてしまうため)
  • 単語集をそのまま使うのも絶対にNG(単語を順番で覚えてしまうため)
  • 覚える目的は暗記ではなくてその単語を使いこなすこと
  • 短期間で詰め込まない事(ルーティーンにして毎日やらなければいけません)
  • 単語カードを使って勉強をすること(単語カード勉強法の説明と工程は要点ではまとめられません、こちらの記事を参考にしてください)

僕が英検1級に向けて勉強している時もこの方法を一貫して使いました、当時は電車通勤をしていたので電車内での行き返りの1時間強は毎日単語勉強に費やしていました。

1か月目の目標:とにかく紹介した単語帳と単語の覚え方を使って3割覚える

とにかく最初の1カ月間はこの単語帳に載っている単語全体の3割を完璧に覚える必要があります。

3割って意外と楽じゃない?と思うかもしれませんが英検1級の単語帳に載っている単語は恐らくみなさんほとんど最初から全く分からない単語です。

英検1級を目指すレベルに居る学習者さん達は恐らくたくさんの単語を知っていると思いますが、それを2段、3段飛び越えたレベルの単語が英検1級の単語です。

予測すらできない物が多く、見たことも聞いたこともない単語ばかりです。

なので本当に0からスタートする事になりますので1ヶ月目は3割で十分です、しかし英検単語帳の特徴として頻出度の高い物から順に紹介されているので、1ページ目から最初3割に出てくる単語はあやふやじゃなく完璧に覚えて下さい。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検1級の単語は本当にとんでもないレベルの単語ばかりなので焦らず着実に

SPONSORED LINK

1ヶ月~2ヶ月

単語取得作業の継続

もちろん1ヶ月目に覚えた3割では全く歯が立たないのでここは継続していきます。

2ヶ月目は単語帳全体の3割覚えたものを4割~5割までは増やしてほしいです。

もちろん単語の覚え方は変えずに継続して一貫して同じ覚え方で覚えて下さい!

リーディング力を鍛える

最初に

「正直英検1級のリーディングは思ったより大したことなかった」

「英検1級のリーディングはほぼ満点だった」

と言いましたが、それは僕が英検1級を受ける前からイギリスの大学で様々なリーディングを課されてきたからです。

色々な難しいリーディングをこなしていく過程で、そしてイギリスの大学の教授から教えてもらったテクニックのお陰で英語リーディングのスピードは桁外れに速くなりました。

まず1つはBBCでもCNNでもディスカバリーチャンネルでもなんでも良いのでアカデミックなテーマの文を読む習慣を付けましょう。

忙しかったら毎日1記事ずつでも良いです、英検1級を受けるようなレベルにある人なら必ずその辺の記事は理解できるはずです。

ここで難しい単語が出てきそうな英語記事を読む習慣をつけて積み上げで量をこなしましょう。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
アカデミックな問題が英検1級は出てくるので教養という意味でも良いわね

正しいリーディングテクニックを知って実践する

そして2つ目は

「正しいリーディングテクニックを知って実践する」

です。

ここは僕がイギリスの大学で教授に教えてもらったという経験に起因します。

英検1級ともなると小手先のリーディングテクニックでは通用しないです、というのも多分時間切れになります。

それを回避する為にはちゃんとした正しいリーディングテクニックを知っておくべきです。

そこでおすすめの書籍ここで3冊紹介しますね

まず1冊目が

です、ステップバイステップで徐々に速読力を鍛えてくれ、他の書籍とは別のアプローチでスピードリーディングを教えてくれる超有能な書籍です。

そして2冊目が

こちらの書籍は本国アメリカのAmazonでのレビュー5点満点と本場ネイティブの人にも愛される速読書です。

この書籍の良い所はしっかりとテクニックを教えてくれる所ですね。

更に言えば「速く読む為だけ」のテクニックだけでなく本文全体の理解を深めるテクニックを鍛える事も出来ます。

とにかくいい本ですね。

【吉報】1冊目と2冊目の本はKindle Unlimitedの会員なら無料で読む事も出来ます(超お得!)

Kindle Unlimitedの無料体験登録の方法はこちらの記事で紹介しています、30日間無料ですので30日で読み終える自信がある方は実質無料でこの書籍も読む事が出来ます!(Amazonのアカウントを持っていれば誰でも登録できます)

特に洋書のオプションはとてつもない程あるので英検1級を目指すなら絶対的におすすめします!

最後に3冊目が

です。

スキミングとスキャニングと言うのは僕自身がイギリスの大学で教授に教えてもらったネイティブの人なら無意識やってしまうような基礎、必須テクニックです。

僕もこのテクニックを知ってから飛躍的に英文速読力が上がりましたし、普通になるほど、と思いました。

なかなか日本の学校などで触れてくれる所は無いと思うので知っておくと絶対に便利ですよ!

2ヶ月目でこのうちの2冊を読んで欲しい

さぁ3冊おすすめの洋書を紹介しましたが2ヶ月目に3つの内2つは読んで欲しいです。

テクニックを学ぶだけでなく、もちろん洋書の為英語を読む練習にもなりますしね。

日本語でも英文速読本はたくさんありますが英検1級を目指すなら絶対に洋書で読むべきです、英検1級はそれくらいストイックにやらないと受からない資格です。

2ヶ月目の目標:単語量を4~5割に上げてリーディング力を向上させる

2ヶ月目で単語帳全体の4割~5割を覚えられるようになりましょう。

そして上で紹介した通り英語のニュース記事や難しい単語が使われていそうな科学記事だったりIT記事などなんでも良いので英文を毎日少しでも読む癖を付けましょう。

それと並行して先ほど紹介したリーディングテクニックを覚える為の洋書3冊の内2冊読んで自分のものにしましょう。

紹介した洋書3冊の内2冊はKindle Unlimitedに登録すれば読み放題ですので是非登録されることを強くお勧めします、Kindle Unlimitedの洋書ラインアップはめちゃくちゃ充実しているので他の洋書を読み始めてそこで洋書を読む癖をつけても良いでしょう。

僕は英検1級を受けるのであればKindle Unlimitedは絶対的におすすめします。

旅行中の長距離移動でKindle Unlimited無料体験版が最高だった件

SPONSORED LINK

2ヶ月~3ヶ月

単語取得はもちろん継続

さぁ2ヶ月目の目標で設定したのは単語帳全体の4割~5割でしたが3ヶ月目ではそこに1割積み重ねて5割~6割を目指します。

ここはシンプルです、もちろんここまでで覚えた単語の復習も欠かさないでくださいね。

日々のリーディングも継続

2ヶ月目で導入したBBCやCNN、ディスカバリーチャンネルだったりの難易度が高めのアカデミックな日々のリーディングも継続しましょう。

ここもシンプルに毎日少しずつでも積み重ねていきましょう。

もちろん読むときは2ヶ月目で習得したリーディングテクニックを実践に移しながらやっていきましょう。

3ヶ月目の新テーマはリスニング

この月に2つと並行して行うのはリスニングです。

英検1級を受けるレベルの人ならばかなりのリスニングレベルは既にお持ちかと思います。

ここも何か洋書で補いたいところではあるのですが英検は完全英語の参考書がある海外発のIELTSやTOEFLとは異なり日本のテストですのでここは日本の書籍を使っていきます。

おすすめするのはこの2冊のうちのどちらかです

この段階では過去問や模試は使わずリスニングに特化した書籍を使いましょう。

2つ紹介しましたが1冊目のがお勧めです、出版の年が2018年と2006年と全然違いますのでこういう時は新しい方を選ぶのが賢いです。

ここで英検1級のリスニングに慣れてアジャストしていくのが目標です。

こういう問題を解いている時は必ず間違えたところは

  • どこで間違えたのか
  • 答えはどこにあったのか
  • どのように解けば正解にたどり着けたのか
  • 分からない単語は出てきたか(その分からなかった単語は必ず追加で覚える)

の4点を意識して必ず行ってください、ここを怠ると正直やる意味がありません。

リスニングでもスクリプトは付いてくるのでこの作業は出来ます。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
リスニングはテストごとに違ってくるのでやっぱり英検に対応したものを使いたいわね

3ヶ月目の目標:単語量を5~6割に上げてリスニング力を向上させる

目標は単語量5~6割、英検1級のリスニング書籍1冊をコンプリート、毎日のアカデミックリーディングです。

特にそれ以外に言う所はありません。

3ヶ月~4ヶ月

単語はまだまだ継続

3ヶ月目の目標で設定したのは単語帳全体の5割~6割でしたが4ヶ月目ではそこに1割積み重ねて6割~7割を目指します。

ここはシンプルです、もちろんここまでで覚えた単語の復習も欠かさないでくださいね。

日々のリーディングも継続

2ヶ月目で導入したBBCやCNN、ディスカバリーチャンネルだったりの難易度が高めのアカデミックな日々のリーディングも継続しましょう。

ここもシンプルに毎日少しずつでも積み重ねていきましょう。

もちろん読むときは2ヶ月目で習得したリーディングテクニックを実践に移しながらやっていきましょう。

ここから日々のリスニングも追加

やる事が多くなってきますがここから日々のリスニングもやっていきましょう。

もちろん3ヶ月目で行ったリスニングを毎日少しずつ聞いて復習するのも良し、それだとつまらないのでポッドキャストや英語のラジオを聞くのも良し。

何か日々英語のリスニングをしてみましょう。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
私は毎日10分くらいで短めのポッドキャストがおすすめね

4ヶ月目のテーマはライティング

日本人がライティング得意だと思ったら大間違いです。

よく日本の英語教育はライティングとリーディングに偏っていると言われていますよね。

そういう事もあり日本人はリーディングとライティングは得意なんじゃないか、と思われている人も多いかもしれません。

間違いです。

学校の英語教育で学ぶライティングはライティングではありません、例えば文章の入れ替え、並べ替えなんてライティングではありません。

あれは文法問題です。

日本人が学校で日本語で文章の書き方を学ぶように英語にも正しい英語の文章の作り方、というのはあります。

というかルールがあります。

例えばこの文を見て皆さんはどう思いますか?

“I’m gonna need a real good ring.”

大げさな例を書くためにちょっと適当な文になってしまいましたがこの文の中に英語エッセイライティングにおいての4つのNGが存在しています。

1つ目のNG:I’mなどの省略形は原則使ってはいけない

I’m You’re We’re They’reなどの省略形は使ってはいけません。

それぞれI am You are We are They areとちゃんとした形で使わなければいけません。

2つ目のNG:Iを主語として使うのはよろしくない

自分の意見を主張するのがエッセイではありますが少なくともアカデミックライティングではIを主語として使用するのはよろしくありません。

これは絶対禁止という訳ではありません、多用し過ぎなければワード数の少ない英検準1級のライティングレベルなら恐らく大丈夫でしょう。

3つ目のNG:Gonna, Wannaなどの短縮はNG

Going toをGonnaと略したりWant toをWannaと略すのは絶対にNGです。

基本的に短縮語はだめだと思っておいてください。

4つ目のNG:口語はNG

A real good ring、ReallyをRealと言う表現は特にアメリカの映画や海外ドラマで出てきますがこれは口語表現です。

ライティングで口語表現を持ち込むのはもちろんNGです。

と言うようにちゃんとした文を英語で書くためにはちゃんとしたルールが存在しています。

日本語でビジネスメールを打つ時にルールが存在しているのと一緒です。

ここでおすすめの洋書1冊と和書1冊を紹介します

ここに関してはどちらか一冊で、英語でも日本語でもどっちでもいいかな、と思います。

もちろん洋書で読んだ方がより良いですが、さすがにここらで日本語を挟んでおきたいと思うなら無理してここでも洋書を選ぶ必要はないかな、という感じです。

それを踏まえてこちらを使って英検ライティングに対応していきましょう。

4ヶ月目の目標:単語量を6~7割に上げてライティング力を向上させる

4ヶ月目の目標は

  • 単語量を単語帳全体の6~7割に乗せる
  • 毎日のリーディングを続ける
  • 毎日のリスニングを開始する
  • ちゃんとしたライティングのルールを知る
  • 英検1級の英作文問題に取り組む

この5点となります。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
ライティングルールは知らなかったじゃ許されないわ、即減点されるわよ

4ヶ月~5ヶ月(英検試験本番)

単語量はこの月で必ず7割に乗せる

先月の目標が6~7割でしたね、先月既に7割に乗せてしまった人はこれまでの覚えた単語の復習に徹しましょう。

先月6割だった人はこの月でなんとか7割に乗せましょう。

いずれにせよ本番までに7割覚えておくのが理想です。

日々のリーディングとリスニングは継続

ここまでやってきた日々のリーディングとリスニングは最後まで継続させましょう。

過去問を解いてラストスパートをかける

ここまで4ヶ月でやってきた全てを駆使して過去問を解きます。

もはやこれまでの知識はこの為に築いてきたようなもんです。

この過去問を使った実践練習において必ず守らなくてはならない事項がいくつかありますのでぜひ最後まで読んでください。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
あとちょっと!頑張りましょう!

使うべき教材は過去問のみ、もしくは過去問

実践で使用する教材は準1級の過去問のみでオッケーです。

英検1級は過去問のCDは別売りで2冊とも必要のようです。

過去問題を解くときは必ず時間を計る

本番のスピード感に慣れることが大切です。

なので過去問や模試を解くときは必ず本番と同じ時間を設定してタイマーをかけておきましょう。

そうすることで本番もとってもすんなり入る事が出来ます。

そして自分なりの時間配分を頭に刻み込む事ができ本番中に焦る事が無くなります。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
時間配分は事前に考えておきましょうね

同じ問題を2回はやる

少し退屈だと思うかもしれませんが同じ問題を2回は解いてみてください。

例えば先ほど紹介した6回分が収録されている過去問集だったら1から解いていって6で終わりますよね?

6まで行ったら次は1に戻ってきてください。

それは1で最初に間違えたところを覚えなおして解けるようになっているのか自分を試すためです。

もしそこで2回同じ間違いをしてしまうようならば覚えが足らなかった証拠です、3回目の間違えを犯さないように必ず2回で覚えましょう。

間違いを間違えたままで絶対に放置するな!

過去問や模試を解いていくにおいて分からないところが必ず出てくる事でしょう、その分からなかったところをそのまま放っておいては成長できません。

間違えたところは答えと解説と照らし合わせながら

「なぜ間違えたのか」

「どういう理由でこの答えになるのか」

を突き止めて絶対に放置しないでください、放置するくらいならやらないのと同然です。

時間とお金がもったいないです。

5ヶ月目の目標:単語量を7割まで上げて本番へのラストスパート

5ヶ月目の目標は

  • 単語量を単語帳全体の7割に乗せる
  • 毎日のリーディングを続ける
  • 毎日のリスニングを開始する
  • 過去問を本番さながらの環境で解く
  • 過去問を使って傾向を掴む
  • しっかりと質の高い答え合わせをして漏れを無くす

この6点となります。

この状態で一次試験の本番に挑みましょう!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
みんな本番頑張ってね!

SPONSORED LINK

一番おすすめできる家で受講可能な英会話レッスン



僕が圧倒的に他と比べられないくらいお勧めしたいのが今となっては様々なインターネット事業を扱いどんどん大きくなっている有名企業のDMMさんが運営している

DMM英会話

です。

なぜこのDMM英会話がTOEFLのスピーキング練習に使うべきかと言いますと

  • 2回も無料体験レッスンが出来るので続けるかどうかじっくり見極めることが出来る
  • 入会費完全無料!
  • いつでも自分の時間でレッスンが可能!
  • 世界90カ国以上 6400人以上の講師とマンツーマンレッスンできる(ネイティブ講師を選ぶことが可能!)
  • 講師の採用試験がとても厳しいため質の高い講師が集まっている
  • 資格対策が充実している、教材を無料使用可能(マジで重要過ぎる)
  • マジで破格過ぎる値段(1レッスン当たり150円から!!)
  • 大企業のDMMさんが運営しているという安心感
  • 2017年オンライン英会話サービス評価・満足度調査にて13部門でトップの1位
  • 2017年あの有名ビジネス雑誌「プレジデント」の英会話テキスト・英会話学校の部門で堂々の総合満足度1位

実績と規模、そしてクオリティは他のオンライン英会話とかなり差をつけています。

なにより資格サポートが充実していることが一番です、自分の勉強したい資格に特化した講師を選べば本当にスピーキングのスコアの爆上げが可能です。

そして講師を自分で選択できるため合わないと思えば他の人に変えることも出来ます、超ユーザーフレンドリーなサービスなんです!

無料体験レッスンが付いてくるので無料体験を受けてみて自分に合うものを選択するのが一番経済的、効率的です。

こんな素晴らしいキャンペーンがあるなら使わない方が大損ですよ!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
資格の教材が無料でレッスン中に使えるのは超革命的ですね、英検はもちろんIELTS、TOEFL、TOEICなどあらゆる資格に対応しており、講師付きで高い教材を無料で使用できるなんて…信じられない…
英語ビジネスに精通するジョーダン先生
ジョーダン先生
DMM英会話はあのビジネス誌、プレジデントでも堂々の満足度1位を獲得した英会話ウェブレッスンです、これほど実績があり質のいいオンライン英語サービスはこれ以外に存在しませんね
英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
スピーキングはとにかく場数がモノを言うわ、毎日レッスンを安く受講できるDMM英会話は最高のサービスだと言えるわね、運が良ければアタシのような美人講師に教えてもらう事ができるかも、とにかく無料体験してみてね!

DMM英会話を徹底解剖して体験談を含めたレビュー記事を書きました!是非参考までにご覧ください!