英検1級のレベルはどれくらい?英検史上最強の級を徹底解剖

こんにちは、英検1級を取得して以降ある種のやり切った感が出てしまい燃え尽き症候群的な感じになってしまっているSCRACHH COライターのJINです。

さぁみなさんは例えば友達が「俺英検1級持っているんだよね」と言ってきたらどんなイメージが沸きますか?

「ネイティブレベルに英語を使いこなせるんだろうな」

「英語ペラペラなんだろうな」

「これがバイリンガルなんだろうな」

などなど「英語を完璧に使いこなせる」という事と関連付けるはずです。

僕も昔は英検1級と言えば正直海外で生まれて育った人、バイリンガルの人、例えば宇多田ヒカルみたいな人しか取れないものだと思っていました。

まずこれだけ言っておくと英検1級を合格するような人は英語においては変態レベルだと言えます。

変態過ぎて極めた結果取れる級なのです。

しかし合格者全員が「バイリンガル」か、と言われれば必ずしもそうではありません。

今回の記事ではそんな英検1級の

  • 難易度やレベル
  • 合格率と合格ライン
  • 必要な英語力
  • どのようなレベルの人が受けるべき級なのか
  • 英検1級に受かれば「バイリンガルなのか」

を解説していきます。

英検1級のレベル、難易度解説

スポンサードリンク

それではまず英検1級のレベルを見ていきましょう。

日本英語検定協会は公式ページで英検準1級をこのように説明しています。

1級は、英検の試験において最終目標となる級です。広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用できることが求められます。資格としての活用も入試優遇、単位認定、海外留学など広範囲に渡り、とくに通訳案内士(ガイド)試験の外国語(英語)の筆記試験が免除されるなど、高い評価を得ています。

引用元:日本英語検定協会

とにかくどんな場面でも英語が使えるような人が受かる級ですよ、という訳ですね。

国家資格である通訳案内士の試験の筆記部門を免除されるという事を考えただけでも英検1級の凄さが伝わるでしょうか。

1級取得者ならば英語圏でも十分に生活できる英語力を持っていると考えて間違いないです。

実際英検1級はTOEIC900点以上を取るより圧倒的に難しいレベルです。

僕はイギリスで4年生活してから初めて受験をしたのでボーダーラインを大きく超えて一発合格できましたが日本にずっと住んでいながら英検1級取得できるような人は本物の努力家であり天才だと思います。

例えばこんな問題が出題されています

英検1級では

  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

の4項目が英検準1級とは天と地ほど違うくらい高いレベルで問われます。

例えば2017年第2回のテストではこのような問題が出題されました。

The author’s first book is aimed at scholars and covers such ( ) matters as medieval Chinese coins. Next, she wants to write about something that will appeal to a general audience.
1 skittish 2 inclement 3 decrepit 4 arcane

こんな単語は日常生活でもなかなかお目にかかれない単語だらけです。

英検1級はマジで勉強しなければ取れない級なのです。

先ほども言いましたが英検1級を合格する人は変態ですが問題自体も変態レベルで難しいんです。

必要な単語力

英検1級を合格するためには12500から13500単語を知っているべきだと言われています。

さて英検準1級は何単語必要だったか覚えていますか?

6800から7000でしたね…

ただでさえ難しいレベルだった準1級の約2倍の単語量だという事です。

大体どの言語も10000語知っていれば日常で不自由なく生活できると言われていますがそれをも超越している訳です、恐ろしい…

準1級に合格してそのまま間髪入れずにストレートで1級に受かる人なんていないはずです。

英検1級の合格ラインと合格率

まず1次試験を通過するためには2550点満点のテストで2030点程度取らなければいけません。

これは問題の約8割を正答しなければいけない計算です、あんな難しい問題を8割正答するのはかなーり至難の業です。

そして2次試験は850点満点中610点ほどがボーダーラインです。

1級の合格率は毎回およそ10%です、10人中9人が落ちている計算です、かなり狭き門だと言って良いでしょう。

英検1級を受けるべき人とは

1級に関しては高度なレベルで英語を使って仕事をしたい人や海外で仕事を見つけたい人などは1級に向けて勉強してみても良いのでしょうか。

もしくはどれだけ英語を勉強しても物足りない、どうせなら日本で一番難しい英語の資格を取ってみようと思ってしまう僕のような変態さんはぜひぜひ目指してほしいです。

自己満足の世界にはなってしまいますがやっぱり気持ちいいですよ英検のトップを取るのは。

英検1級合格者はバイリンガルなのか

スポンサードリンク

これに関してはどちらともいえないです。

例えば宇多田ヒカルさんみたいなマジもんのバイリンガルが1級に受かればバイリンガルと言えますが僕みたいに日本に生まれ育った人が取ったとしてもそれが自動的に僕をバイリンガルにしてくれるわけではありません。

現に僕自身自分の事を日本語と英語を同じレベルで使えるバイリンガルだとは思ったことは一度もありません。

自信を持つことはもちろんとても大切ですがバイリンガルと言う言葉を軽く使うのもどうかと個人的には思う訳ですよ。

英語を英検1級取るまで勉強してきましたが僕の英語レベルが母国語を越えることはいつになってもないと今だから言えますしそれは十分悟っています、なので僕は日本語と英語を同じレベルで操れるバイリンガルだとは思わないんです。

英検1級に関してはもう少し詳しく僕のメインブログでも記事を書いているので気になる方は是非!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でScratchhEnglishをフォローしよう!

スポンサードリンク

By | 2018-01-16T22:12:03+00:00 12月 25th, 2017|英検, 英検1級, 資格、検定|英検1級のレベルはどれくらい?英検史上最強の級を徹底解剖 はコメントを受け付けていません。