英検準2級のレベルとは?英検準2級を徹底解剖!!

SPONSORED LINK

こんにちは、英検の準システムって準をなくして7級から順々にじゃぁだめなのか、という疑問をちょっと持っているSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

この英検解説シリーズもどんどん皆さんに馴染みのある級になってきたのではないでしょうか。

今回は準2級ですよー!

「高校の時に受けたことある!」

という人も少なくないはずです。

小学校や中学校で受ける英検は半ば強制という感じが多いですがやはり高校生以降に受ける英検は自発的な事が多いのではないでしょうか。

だからこそ自分でしっかりとした勉強法を用いて効率的に対策していく事が重要となってきます。

今回の記事ではそんな英検準2級の

  • 難易度やレベル
  • 合格率と合格ライン
  • 必要な英語力
  • どのようなレベルの人が受けるべき級なのか

を徹底解説していきます!

英検準2級の効率的、効果的な勉強法・対策はこちらの記事で詳しく細かく紹介しています!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検準2級について学んでいきましょう!

英検準2級のレベル、難易度解説

日本英語検定協会では準2級をこのように説明しています。

準2級は、これまで5級・4級・3級と着実に英語の基礎力を身につけ、基本的な応用力として次の段階へつながる重要な級で、レベルは高校中級程度とされています。日常生活に必要な英語を理解し、使用できることが求められます。

引用元:日本英語検定協会

ついに準2級までくると

「日常生活に必要な英語」

という単語が出てきて他の下の級に比べるともっともっと実用的なものになっています。

「英語をやり直したい」

「英会話を喋れるようになりたい」

という人はこの級に合格できるレベルにあるかどうかが指標になります。

例えば準2級に受かるレベルに無い人はまだまだ基礎が足りないので基礎的な英語学習は必須です。

しかし逆にこの級に合格する力があればここでやっと「英会話」っぽい学習を始められるレベルに達したということになります。

英検準2級レベルの英語力が無いまま英会話スクールに通ってもあんまり大きな伸びは期待できないですし、この準2級に合格できるような英語力があって初めて色々な事なチャレンジして始めていけるのです。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英会話を学びたいっていう人はこの級に合格して初めて英会話の勉強が出来る、と言っても良いと思うわ、準2級レベルが最低限の英語の基礎だと思うの

SPONSORED LINK

例えばこんな問題が出題されています

英検2級で問われる能力は3級と変わらず

  • リーディング
  • リスニング
  • スピーキング

の3部門です。

例えば2017年第1回の英検準2級ではこのような問題が出題されました。

A: Have you become ( ) life in Sydney yet?
B: Oh, yes. I have lots of friends here now.
1 accustomed to 2 responsible for 3 independent of 4 trained for

引用元:日本英語検定協会この級から特にとても重要な熟語が頻繁に現れるようになってきます。

まだまだ準2級に出てくる単語や熟語で知らなくていいものはたったの1つもありません。

例で出した過去問題の4つの選択肢も全てとても基礎的な熟語で、いずれは知っておかなければ英語が出来るようにはならないようなものです。

せっかく受けるなら英検準2級レベルの単語や熟語は全て覚えておきたいところです。

準2級レベルの単語を知らなければ英会話は出来るようになりません。

必要な単語力

準2級を合格するためにはおよそ3800から4000単語知っているべきだと言われています。

この数字は単純に3級と比べると約2倍のボリュームになっています。

例えば頻出単語として

  • create
  • protect
  • environment
  • amount
  • crowded
  • while
  • certainly
  • probably
  • be used to~
  • by chance

これら10個全て英検準2級によく出てくるとっても「基礎的」な単語や熟語です。

合格するために7割程度の正答率が必要な英検準2級ですので、今紹介した10個のうち7個から8個くらい理解できていないと合格はかなり難しいと言えるでしょう。

義務教育の英語が全て詰まった3級から2倍という事ですのでやはりしっかりと英語をやり直したい方はまず準2級の勉強、そして合格を目指すべきです。

やり直し勢にとっては最高の第一目標です。

せっかく受けるのであれば一発で合格し、その後につなげられるように英検準2級の頻出単語は全て覚えるべきです。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
意外と単語量が多くてびっくりした?でもこれらは全て知らなきゃいけない基本的な単語なのよ

英検準2級の一次試験はどう攻略する?

英検準2級の一次試験は

  • リーディング
  • リスニング

の2つで構成されています。

まずはとにかく単語です、英検準2級レベルの単語を覚えなければ始まりません。

最初から過去問や模試を受けた方が近道な感じもするかもしれませんが、まずは単語から覚えていかなければ圧倒的な遠回りになります。

英検準2級レベルの単語を覚えたところでやっとリーディングやリスニングの実践問題に手を付ける事が出来ると思っておいてください。

 

英検準2級の合格ラインと合格率

英検準2級一次試験では全体1200満点のうち860点程度が合否のボーダーラインだと言われています。

そして二次試験では600点満点中410点程度がボーダーラインです。

英検準2級の合格率はおよそ40%です。

10人受けたとすれば6人は落ちているという計算になりますね(意外と低い!)

英検準2級の効率的、効果的な勉強法・対策はこちらの記事で詳しく細かく紹介しています!

英検準2級を受けるべき人とは

言うまでもなく英語に興味があって極めてみたい高校生で準2級を持っていない人は受けてみる価値があります。

学校のテストだけでは自分の英語レベルの現在地を知る事はできません。

しかし全国共通である英語の資格を受ける事によって実際の現在地を知る事が出来ます。

「自分意外とできるじゃん!」

「いやー学校で英語できる方だと思っていたけどそうでもない…井の中の蛙だったんだな」

などなど今後のモチベーションに繋げることができます。

もちろん先ほど話したように「英語やり直したい」大人にもとってもおすすめです。

特に英語をやり直したいけど何をしたらいいか分からない人はとりあえずまず準2級に向けて勉強するのが良いでしょう。

準2級の内容はとっても重要な基礎ばかりです!

僕が別名義で運営している英検特化サイトではもっともっとより詳しく英検準2級の攻略法を紹介していますのでぜひこちらの記事からご覧ください。

 

ツイッターにもかなり力を入れています

一時期SNSからすべて撤退していましたが、最近は毎日短文で継続的な情報発信ができるようにTwitterの活動に力を入れています。

偏差値40から英検1級に合格し、イギリスの大学を卒業した僕だから分かる英語学習に関するヒントや、明日から使える英語表現を毎日お送りしています!

フォローするかどうかはあなた次第、SCRATCHH COと一緒に英語力を伸ばしましょう!

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

最新情報と英語学習に役立つツイートをチェック!