小学生でも一発で合格しよう!超効率的な英検5級完全対策勉強法

こんにちは、小学校の時は英語のエの字も知らず英語で数字もいう事が出来なかったSCRACHH CO 管理人ライターのJINです。

実は僕中学に入るまで英語なんて一切知らず数字も言えなかったんですよ…

曜日を英語で言える子がいて

「すげーなーと思っていたものです」

そんな僕が今ではイギリスの大学を卒業して英検1級を取得するまでになったなんて人生何があるか分かりませんね。

余談は置いておきまして今回は英検5級の対策方法を紹介していきます。

基本的に英検5級の受験者の多くは小学生だと思いますので今回の対策法は「小学生の受験者およびその親御さん」に向けて書いていきます。

実際僕は過去に英会話講師として働いていたことがあり小学生に英検講座をしていたこともありますので色々思うところがあり効率的な対策法を教える事が出来るはずです。

効率の度合い=やる気の度合い

スポンサードリンク

小学生はやる気にさせなきゃやってる意味がない

さて冒頭で

「今回の対策法は小学生に向ける」

と言いましたが小学生向けの対策法だからこそこの級の攻略は精神論から入らせてください。

「やる気がないなら意味がない」

それは僕が英会話講師として働いていた時に一番感じた事です。

英会話教室に通おうが自宅で親と勉強しようが小学生ならまず本人をやる気にさせなければ話になりません。

むしろ度合いで言えば

やる気>>>>勉強量

だと言えます、中学生、高校生になれば「キャビンアテンダントになりたい」「外国に住んでみたい」「受験で成功したい」などとある程度の目標が出来て例え辛くてもその目標に向けて自発的に頑張る事が出来ます。

しかし小学生でそれが出来る子は少ないはずです。

自分が好きでは無い事、興味が無い事をやらされている状況では小学生は絶対に力を発揮しません、そして努力もしません。

なのでまず一番の目標は小学生に英語を好きになるように仕向けることです。

言葉は悪いですがもし親御さんが子供に英語をやってほしい、出来るようになって欲しいと思うなら英会話教室に通わせる事で丸投げせずに子供に英語を好きにさせる努力を家庭ですることが大切です。

まずは親御さん自身が少しでも知識を身に着ける事

「自分が英語が出来なかったから子供には出来るようになってほしい」

という考えの親御さんに多いのですが結局そこで終わってしまえばそれはただの丸投げです。

「全ての親が英語が出来るようになるべきだ!」

なんて言っているわけでは無く英検5級なんて義務教育を終えた大人なら分かるような問題レベルです。

子供が自発的にやりたいと思っている事では無い事を自分が子供にやってほしいなら自分自身も多少なりともの犠牲を払って少し英検5級の知識を蓄えることで状況は大きく変わります。

これも英会話講師時代に感じた事ですが基本的に親が丸投げ状態の子供はやる気がなく伸びない傾向がありました。

大人になればなるほど犠牲無しに宝が簡単に手に入るなんておとぎ話は無いと悟ってきますよね、それと同じです、親自身の努力なしに子供は頑張れないのではないでしょうか。

それを踏まえておすすめの書籍1冊

英語だけに関する本ではありませんが自宅教育に関しての知識を付けるには最高の1冊です。

家での姿勢に関してとても分かりやすく論理的に書かれている本です。

何度も何度も読み返したい1冊です。

同じ話になってしまいますが英検5級は大人からすればとても簡単なテストです、だから小学生がこの級に受かったからと言って凄い!将来英語が喋れるようになる!

というようなものではありません。

だからこそこの時期は「子供が英語が出来るようになるようにさせる」ではなく「子供が英語を好きになるようにさせる」を優先した方が良いです。

具体的なテストに向けた対策勉強方法

スポンサードリンク

英検はどの級もまずボキャブラリーが無ければ話にならない

正直に言いますと僕が実際に受けて合格した級は2級、準1級、1級だけです。

英会話講師として教えた級は5級、4級、3級、準2級です。

受けた級と教えた級を合わせれば英検に存在している級の問題は全て見たことがあるという事になります。

総じて言えるのが

「ボキャブラリー力がなければ話にならない」

という事。

それは難易度は違えど一番上の1級も一番下の5級も同じです。

英検5級のレベルはこちらで記事にしてあります。

 

とりあえずこの単語集が無ければ始まらない

どの級もこの単語集は必須です。

英検の参考書のほとんどが旺文社で出版されていますが単語集もこれが一番です。

しっかりと過去問から分析された必須単語から合格するために必要な単語が網羅されており使いやすいのでおすすめです。

言語において単語力は一番と言って良い程大切な分野ですからね。

単語力は基礎を作ります。

単語をゲーム感覚で一緒に覚えてみよう

「好きこそものの上手なれ」

といいますが子供にとって大人以上にこれは重要です。

例えば電車に興味がある子供は大人の想像を遥かに超える記憶力で電車の名前を覚えていきますよね。

なので親も一緒になってクイズ形式なんかで楽しく覚えるのが良いです。

先ほど紹介した単語帳があってもそれを子供に買い与えて丸投げするだけではいくらいい単語帳でもこの段階では子供だけで使いこなすことは不可能です。

単語以外の分野は短期完成型の問題集で

英検において実践経験は大切です、まだ英検を受けたことがない人が受ける5級はなおさらです。

問題の傾向を熟知して試験日から逆算して追い込むのが良い方法です。

最初は親御さんと一緒に解いていくのがやはり効率的です、そして子供が傾向を分かってきたところで試験日から逆算して1週間から2週間前からテストさながらの時間配分で一人でやらせてみるという方法がとても効率的です。

仕事などでも一緒ですよね、入ってきた新人に実践的なタスクをやらせたとしても多くの人はこなす事は出来ないでしょう。

だからこそ新人のうちは教育係が付いているケースが多いはずです。

考え方はここでも一緒です。

右も左も分からないうちに実践問題をパッと渡されても恐らく正答する事は出来ないでしょう。

幸運なことに英検の実践的問題集は受ける人が多いからか他の英語テストに比べるとかなり安く売られています。

それらを使って勉強すれば効率的に勉強する事が出来ます。

何冊も買うのはもったいないと思われるかもしれませんが英検って受験料自体安くは無いのでもし一回目で落ちてしまえばもう一度同じ級にそこそこのお金を払う事になります。

だったら一発で合格できるように何冊も実践問題集を買った方が結果的には安く済むのではないかというのが僕の考えです。

さぁみんなも一発で合格できるように頑張ろう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でScratchhEnglishをフォローしよう!

スポンサードリンク

By | 2018-02-08T22:21:18+00:00 1月 21st, 2018|英検, 英検5級, 英語勉強法|小学生でも一発で合格しよう!超効率的な英検5級完全対策勉強法 はコメントを受け付けていません。