SPONSORED LINK

こんにちは、英検2級は高2の時に落ちて高3で受かった経験のある現在英検1級ホルダーのSCRACHH CO 管理人ライターのJINです。

高校1年生の頃英語の偏差値40以下だった僕でも高校3年生の時に英検2級には合格出来ました、そして今では英検1級を持っています。

やる気を出してちゃんとした勉強が出来れば英検2級は普通に受かります。

大学によっては入試にも使える場合があるので高校生にとっては持っておくと便利であり重要な級であると共に、将来的に英語が出来るようになりたい人にとっては英検2級程度の知識は100%知っておかなければなりません。

今回はそんな高校1年生の頃は英語偏差値40以下で高3で英検2級に受かったのちにイギリスの大学を卒業して英検1級を一発合格した筆者が英検2級の超攻略法を伝授します。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検2級に一発合格するための勉強法を学んでいきましょう!

最初の内は単語を覚えて覚えまくる、それしかない

英検2級相当の単語力が無い=落ちる

僕はどの記事でも言っています、英検だけではありません、何であろうと英語において単語力は必須項目です。

例えばリスニング力が自分の単語力を上回る事はありません、スピーキング力が単語力を上回る事もありません。

分かりやすく解説するなら

単語力=あなたの英語におけるポテンシャルです。

それはどういう事なのか。

今持っている単語力が今現在あなたが英語のどの分野においても到達できる最高地点です、単語以外の項目が単語力を超える事は絶対に100%ありません、言い切れます。

なので英検2級レベルの単語力が無ければ運がよくまぐれで正解を重ねない限り(英検は選択式なので可能性はめちゃくちゃ低いながらあります)100%落ちます。

せっかくお金を払って受けているのに落ちたくはないですよね?

無駄に出費を重ねない為にも一発で受かりたいですよね?

ならまず単語力を付けるべきなんです。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
急がば回れ、ではありませんが、まず2級レベルの単語を知らなければ話にもならない、という事を覚えておいてください

英検2級を受かる為に絶対必要な単語帳1冊

正直これが無いと受からないと言っても良いでしょう(前々から実力がない限り)

英検に受かりたいなら何級でもこの単語帳一択しかありません、それ以外を買うのももったいないですし買わないのもダメです。

この単語帳無しに英検2級の勉強はスタートすら出来ないと思っていただいて大丈夫です。

この単語帳の中の単語を6割程度覚えるまでは過去問とか問題集とか他の勉強はしなくて良いです、まずとりあえずこれを6割覚えましょう。

SCRATCHH COが唯一推奨する単語の覚え方

今回も僕が英語の勉強をし始めた時からイギリスの大学を卒業するまでずっと一貫して続けてきた英単語の覚え方を今一度紹介します。

他の方法も試したことはありますが今のところこの方法に勝るものはありませんでした。

例えば今あなたが

「この単語帳の単語全部覚えてね!」

と言われたら皆さんはどのように覚えますか?

  • 単語帳をそのまま使う?
  • ノートに書きだす?
  • 暗記ペンや暗記シートを使う?
  • とにかく読み込む?

残念ながらこの挙げた4つの方法で覚えている人はとっても損をしています、効率的ではありません。

やり続ければいずれは覚えられるかもしれませんが効率的ではない為莫大な時間を単語学習に費やすことになります。

そしてこれらの方法で覚えた単語は覚えたと思っていたとしてもすぐに忘れます。

みなさんは

「暗記したはずなのに忘れた…出てこない…」

なんて経験はありませんか?

もちろん人間は多少は物事を忘れていく生き物なので忘れる事はありますが、記憶の中に長く刻み込む方法はあります。

SCRATCHH COが受験英語、英会話、その他英語試験に関わらず誰にでも推奨する詳しい覚え方はこちらの記事に載っています↓

こちらの記事をじっくりと読んでいただくのが一番分かりやすいですが簡単に要約をすると

  • 全ての単語を英英で覚えようと絶対にしてはならない(時間の無駄)
  • 単語は自分で取捨選択をして英和で覚えるものと英英で覚える物を分ける(時間短縮、効率アップの為、取捨選択の詳しい方法は上の記事内にあります)
  • ノート書き、暗記ペンなどの使用は絶対にしない(単語を順番で覚えてしまうため)
  • 単語集をそのまま使うのも絶対にNG(単語を順番で覚えてしまうため)
  • 覚える目的は暗記ではなくてその単語を使いこなすこと
  • 短期間で詰め込まない事(ルーティーンにして毎日やらなければいけません)
  • 単語カードを使って勉強をすること(単語カード勉強法の説明と工程は要点ではまとめられません、こちらの記事を参考にしてください)
英検専門、エリカ先生
エリカ先生
覚えた単語を一夜漬けじゃなくて定着させたいならこの方法が一番よ!

SPONSORED LINK

リーディングはスピードが命

リーディングで一番しちゃいけない事って何か分かりますか?

皆さん、リーディングにおいて一番してはいけない事って何か分かりますか?

そう、人生の中で誰もが犯してしまった事のあるあれですよ。

「考えすぎ」に起因する「時間切れ」。

一番最悪です、それはなぜか。

問題を解いている途中でタイムアップをしてしまうという事はまだ見ていない、もしくは解いていない問題がある訳ですよね?

もしかしたらあなたはその問題を全問正解できるポテンシャルがあるかもしれません。

そこで逃したポイントってとてつもなく大きいですよ。

少なくとも時間内に出来たけど間違えた、なら自分の知識不足という事になるのですが正解できた知識を持っているかもしれないのに解けなかった…最悪です、後悔も桁違いです。

それを回避する為には英文を読むスピードを上げる必要があります。

僕の英文読解スピードをイギリスの教授が飛躍的に上げてくれた話

さぁ最初でも言いましたが僕はイギリスの大学に行ってそこを卒業しました。

英語を母国語とせず日本人で読書が苦手な僕ですのでとにかくリーディングスピードを飛躍的に向上させる必要があったんです。

そこで様々な人からアドバイスを頂きました、何人ものイギリス人の教授から「スキミング」と「スキャニング」という方法を教わりました。

今回は特別にここで皆さんと本場仕込みの特訓方法をシェアします。

英文読解の効率を10倍上げるスキミングとスキャニングとは

英語ネイティブでもないのに関わらず読書が嫌いという詰んだ状態の僕に教授が口酸っぱく言ってくれたのが「スキャニング」「スキミング」です。

英語ネイティブではない私たちが英語の文章を読むにおいて必須ともいえるテクニックでありリーディング能力を10倍高めるとも言われています。

さぁスキミングとスキャニングを学校で教えてくれる所はなかなか無いでしょう、この本場仕込みのテクニックを解説していきます。

リーディングテクニックのスキミングって?

Skimという単語は

「すくい取る」という意味があります。

英検の長文読解におけるスキミングは簡単に言えば

「文章の要点をすくい取る」

です、この目的はとりあえず要点のみを読むことによってその読み物の全体像、重要なポイントを「すくい取る」ことです。

スキミングの具体的な方法

このテクニックには方法があります。

見出しごと最初の段落だけを読むのです。

試験で出るほとんどの長文読解の場合、最初の段落にその物語の概要、導入が載っていますので、そこである程度どんな事について書かれているのか、という所をすくい取る事が出来ます。

スキャニングとは?

その一方スキャニングはまた違うアプローチです。

スキャンという言葉を聞いて皆さんはどんな事を思い浮かべますか?

コピー機をよく使っている人ならばスキャンが

「読み取り」

であることが分かるはずです。

センター英語の長文読解における「読み取り」とはいったい何なのでしょうか。

大量の文字が並んでいるセンター英語の長文読解問題の文章の中から自分が問題に回答する為に探している、知りたい単語を素早くどこにあるのか見つけるテクニックの事です。

すなわちスキャニングをする場合、自分の知りたい単語を理解する為に事前に設問を読んでおく必要があります。

例えばあなたが「James」という固有名詞を設問を解くために探しているとしましょう。

スキャニングは本文から「James」という単語がどこにあるのか探し出す(スキャニング)作業になります。

そうすれば設問の答えはその付近にあるはずです。

スキミングとスキャニングの理解を深める革命的な1冊

正直に言いますね、この本は革命的です。

スキミング力とスキャニング力を鍛える項目、問題が載っており本当に英文を読むスピードを上げたいのであれば最高の本です、このベーシックレベルなら高校生でも読めます。

スキミングとスキャニングに触れてそれを鍛える為の項目が載っている日本語の書籍ってかなり少ないんですよ、とっても貴重な情報がズラズラ並んでいます。

これの上級版としての書籍も出ています、高校レベルではかなりレベルの高い書籍ですがもっと英語で高みを目指したい方は上級版もおすすめです。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
革命的!なんて言いすぎ!と思うでしょ?でもそんな事ないわ、速読法は英検だけじゃなくて将来的にも知っておくと便利なものよ!

SPONSORED LINK

【最終段階】公式過去問や予想問題集を使って本番に備える

実践練習に入るべき時期は?

最初に紹介した単語帳の単語をある程度覚えて英語の速読を心得たらやっとここで実践に入ります。

英検2級の単語帳の単語をあまり覚えていないうちから実践練習を絶対にやってはいけません!あんまり意味がありませんし効率的ではありません、間違いに間違いを重ねて最悪モチベーションの低下を招いてしまいます。

最初も言いましたがちゃんと少なくとも6割覚えてから実践に入ってください。

実践で使用する教材は2級の過去問、模擬試験のみでオッケーです。

もちろん傾向と対策はこれらの過去問や模試問題で行うのが一番効率的です。

英検2級に受かる為の理想的なリーディングスケジュール計画

合格の計画は3ヶ月スパンで考えよう

英検において計画を練るにあたっては、まず3ヶ月スパン(3か月を本番日から逆算)でスケジュール計画を立てていきましょう。

もちろん自分の実力が2級から相当離れていると感じる人はもう少し長く4ヶ月、5ヶ月スパンで考えても良いでしょう、ただその逆に割と自信がある人でも1ヶ月、2ヶ月スパンで計画を練るのはお勧めしません。

最低3ヶ月でプランを練りましょうという事です。

今回は比較的該当する人が多いであろう3ヶ月のプランを紹介します。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
本番から逆算してプランを練るのは重要よ、1ヶ月ごとに目標があればやりやすいわよね

0ヶ月~1ヶ月 完全単語習得期間

最初の1ヶ月から1ヶ月半は全部単語習得に時間を使います。

それ以外の事はやりません、とにかく1ヶ月、ないしは1ヶ月半で最初に紹介した英検2級に唯一必要な単語帳全体の6割を覚える事を目指します。

6割覚えるまでは動かなくて良いです、とにかく6割覚えて下さい。

僕が唯一お勧めする単語の覚え方はこちらです↑

1ヶ月~2ヶ月 英文速読能力を高める、及び単語習得の続き

さぁ1ヶ月が過ぎてもまだ単語帳の6割を達成していない人はそのまま続けて単語取得を続けましょう。

1ヶ月で6割取得した人はここで英文速読力を付けていきます。

もちろん単語習得は6割で終わり、という事ではありませんので続けますが、新たにもう一つ行う事が増えるのでスピードは少し落としても大丈夫です。

英文速読を上達させる為に必要な書籍がこちらでしたね!

単語習得と並行してこの書籍を使って速読を鍛えていきます。

2ヶ月目終了時の目標としては単語量が単語帳全体の7割~8割、そしてこの速読法の書籍をコンプリートです。

めちゃくちゃきつそうな感じするかもしれませんがそこまで難易度が高くキツイ訳でもありませんよ!

2ヶ月~3ヶ月(終了、本番)

計画通りに進んでいればこの時点でもう単語帳の単語7~8割、英文速読本を終えているはずです。

ここでやっと過去問を始めます。

7~8割の単語力があれば全く解けないという状況はあり得ません、本番さながらで時間を計ってちゃんと過去問を解いてみましょう。

この過去問には6回分収録されています、1ヶ月あればしっかり6回分解けます。

そして必ずこの6回分を2周分やります。

それは1で最初に間違えたところを覚えなおして解けるようになっているのか自分を試すためです。

もしそこで2回同じ間違いをしてしまうようならば覚えが足らなかった証拠です、3回目の間違えを犯さないように必ず2回で覚えましょう。

過去問や模試を初見で解いていくにおいて分からないところが必ず出てくる事でしょう、その分からなかったところをそのまま放っておいては成長できません。

間違えたところは答えと解説と照らし合わせながら

「なぜ間違えたのか」

「どういう理由でこの答えになるのか」

を突き止めて絶対に放置しないでください、放置するくらいならやらないのと同然です。

時間とお金がもったいないです。

時間がある人でササっと6回分×2周分=12回終えてしまった人は最後の力試し、調整として模試問題を解いてみましょう。

この模試を使う最終段階で高得点を叩き出せれば本番への準備はバッチリです。

残りは本番に向けてコンディションを整える、前日に睡眠をしっかりとるなどをして最高の結果を出せるように尽力しましょう!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
この記事をしっかり参考にして一発で英検2級に受かる事が出来るように一緒に頑張りましょう!

SPONSORED LINK

通勤、通学に忙しいあなたも空き時間で英語学習のルーティーンを作ろう

さぁ英検のこの級の受験を考えている方は恐らく忙しい学生や忙しい社会人の方が多いことでしょう。

しかし残念ながら英語は毎日の効果的な英語学習のルーティーンを作らなければ伸びません、積み重ねがモノを言う分野なのです、1夜で英語が出来るようには絶対になりません。

通学、通勤に英会話スクールに通う暇が無いあなたも今ではスマホを使ってかなり有効な勉強ができます。

スマホを使うなら夜寝る前にだって、朝学校や会社に行く前でも、電車で通学、通勤している人ならば電車内で英語学習ができますよね!

たった月額980円で効率的に良い教材を使って英語学習ができたらどうでしょうか?

スタディサプリENGLISHではスマホやパソコンなどのデバイスを使って様々な教材を使用して毎日の英語学習ルーティーン作りを可能にします。

スタディサプリENGLISHのメリットにはこのようなものがあります

  • 月額980円と破格の値段で教材使用可能
  • 1週間無料体験期間があるので合わないと思えばそこで辞める事ができる
  • 書籍などのかさばる教材購入の必要なし
  • レッスン予約やスクールに通う必要なし
  • 満足しない場合は返金対応可能!
  • リスニング、ディクテーション、ビデオレッスンなどをスマホ一つで可能
  • 毎月払いのコースならいつ辞めてもオッケー

月額980円で至れり尽くせりなだけでなく、1週間の無料期間返金対応もあり超良心的。

まず1週間は無料期間なので試してみない方が損だと思いますよ!



英検専門、エリカ先生
エリカ先生
スマホの無料アプリとは違ってかなり実践的で質の高いコンテンツでいつでもどこでも英語に触れる事ができる素晴らしいサービスよ
英語ビジネスに精通するジョーダン先生
ジョーダン先生
月額980円でこれだけのコンテンツを利用できるというのはかなり良心的だと言えます、満足できない場合の返金対応もあり、業者側のコンテンツへの自信も伺えますね
英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
スタディサプリはディクテーションや模擬会話など、英会話を伸ばすのにも適しているコンテンツも備えているわ