SPONSORED LINK

こんにちは、2016年第1回の英語検定で英検1級に1次試験バンドスコア+5、2次試験バンドスコア+2で一発合格したSCRACHH CO 管理人ライターのJINです。

1級を取得してからももう数年が経ちました、時が流れるのは速いものです。

英検1級はもちろん日本英語検定史上一番高いレベルにあり、受験者の9割近くは落ちています、僕自身イギリスで3年過ごした後に初めて受験しましたが受けてみた感じ正直事前に勉強しなければ落ちていただろうな、と感じましたね。

英検準1級が海外である程度生活できるレベルならば1級は英語マニアの領域です。

英検準1級で出てくる単語は全て生活するにおいて必要な単語である一方、1級で出てくる頻出単語は半分以上聞いたことすらない専門単語ばかりです。

例えば経済や科学に関する単語ならその分野に精通して専門書を読んだりする人は見たことがある単語ですが一般人の僕なんかは生活してて出くわさないような単語です。

なので英語が出来る人でも勉強しなければ落ちます、なんなら最初のボキャブラリー問題をイギリス人のネイティブの彼女に解かせてみましたがネイティブですら聞いたこともない単語が半分くらい占めていました。

これが英検1級が英語マニア専門と言われるゆえんなのです。

しかし試行錯誤して勉強した結果僕は合格率10%を切る英検1級にバンドスコア+5で一発合格する事が出来ました。

今回はその経験を基に英検1級の合格を目指すにおいて役に立つ勉強法、参考書を紹介していきます。

今回の記事はライティング編です。

イギリスの大学で嫌と言うほど論文、エッセイを書いてきたので僕の中ではライティングは得意分野です。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検1級に合格出来るようにライティングの勉強法を学んでいきましょう!この級から厳しく指導していくのでよろしくね!

英検1級のライティング問題の方式とは?

役に立つエッセイ方式

英検1級のライティングはエッセイ方式です、トピックを与えられてそれに対するあなたの意見を述べます。

例えば2017年第3回の問題ではこのような問題が出題されました

●Write an essay on the given TOPIC.
●Give THREE reasons to support your answer.
●Structure: introduction, main body, and conclusion
●Suggested length: 200 240 words
●Write your essay in the space provided on Side B of your answer sheet.
Any writing outside the space will not be graded.
TOPIC
Should Japan rethink its relationship with the United States?
  • 与えられたトピックについてのエッセイを書いてください
  • あなたの意見をサポートする3つの理由を挙げて下さい
  • 導入、本文、結論の構造で書いてください
  • 200ワード-240ワード

トピック「日本はアメリカ合衆国との関係性を考え直すべきですか?」

こんな感じです。

英語以前にある程度世界情勢を知っておかないと…

この形式の問題だと英語以前にある程度世界情勢、社会問題などなどの知識が無いと良いエッセイは書けません。

例えば「日本はアメリカ合衆国との関係性を考え直すべきですか?」というトピックでしたら世界情勢を少しでも知っていれば書ける事は山のようにあります

  • TPP?
  • 安全保障?
  • 北朝鮮問題?
  • トランプ大統領?

などなどパッと浮かぶだけでもこれくらい出てきます。

僕も世界情勢、社会問題に関して精通している訳ではありませんが英検1級のライティングを解くにおいて、少なくともニュースで解説している出来事くらいは知っておくべきです。

そうしないとどれだけ英語力があっても中身がペラペラのダメエッセイになってしまいます。

SPONSORED LINK

英検1級ライティングの攻略法

日本人は英語においてスピーキングが一番苦手だと思われがちですが僕はそうは思いません。

僕は日本人は全体的にスピーキングよりもライティングのが苦手だと思っています。

それは日本の義務教育英語でライティングのちゃんとした指導はほとんどないからです、英作文を作るという問題は入試などで出ますがエッセイを書くとなるとあれはあんまり役に立ちません。

そもそもちゃんとした英語エッセイの書き方すら教えてもらっていません。

そんな日本人が苦手なライティングを攻略する為に知っておくべきことを紹介します。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
シンプルにライティングの攻略は必須よ

接続詞、副詞の重要性を理解する

エッセイを書くにおいて接続詞と副詞はとっても重要です。

それらを使わないと文章が単調でシンプルになってしまい小学生が書いた作文のようになってしまいます。

例えば

The company has grown in the last 10 years.

(その企業は過去10年間で成長しました)

というよりも

The company has drastically in the last 10 years.

(その企業は過去10年間で急激に成長しました)

と副詞を加えた方がより具体的ですよね。

接続詞や副詞というのは数が少なく限られているのですぐに覚えられるはずです。

それらを駆使するだけでも良いエッセイが書けますので知っておくことが重要です。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
副詞を使いこなすだけで、あ、この人英語できる人だ、と思われるわよ

英語エッセイのルールを理解する

英語でエッセイを書く際には多くのルールが存在します。

僕もイギリスで大学生をやっていた時にはこれらのルールを守ってエッセイを書かなければ相当減点されました。

エッセイライティングには必須のルールがあるのです。

例えばこの文を見て皆さんはどう思いますか?

“I’m gonna need a real good ring.”

大げさな例を書くためにちょっと適当な文になってしまいましたがこの文の中に英語エッセイライティングにおいての4つのNGが存在しています。

1つ目のNG:I’mなどの省略形は原則使ってはいけない

I’m You’re We’re They’reなどの省略形は使ってはいけません。

それぞれI am You are We are They areとちゃんとした形で使わなければいけません。

2つ目のNG:Iを主語として使うのはよろしくない

自分の意見を主張するのがエッセイではありますが少なくともアカデミックライティングではIを主語として使用するのはよろしくありません。

これは絶対禁止という訳ではありません、多用し過ぎなければワード数の少ない英検準1級のライティングレベルなら恐らく大丈夫でしょう。

3つ目のNG:Gonna, Wannaなどの短縮はNG

Going toをGonnaと略したりWant toをWannaと略すのは絶対にNGです。

基本的に短縮語はだめだと思っておいてください。

4つ目のNG:口語はNG

A real good ring、ReallyをRealと言う表現は特にアメリカの映画や海外ドラマで出てきますがこれは口語表現です。

ライティングで口語表現を持ち込むのはもちろんNGです。

以上のルールを2個以上知らなかった人が読むべき書籍

数多くあるライティングルールの中から4つ厳選して紹介しましたが4つ中2個以上知らないものがあった人はライティングルールの知識を高める必要があるかもしれません。

そんな人におすすめの書籍がこちらです。

入門とあるように英検準1級レベルには適したレベルで知っておくべきライティングルールなどが紹介されています。

読んでおいて損は絶対にない1冊です。

それ以上に英検1級を目指す人におすすめするのがこちらの洋書です。

英検1級を目指す人なら英語の本でも問題ないと思いますのでこちらの書籍のがより詳しく書かれています。

少し値段は高いですがKindle版で購入すればお安く手に入れる事が出来ます。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
ちゃんとしたライティングルールを知っておくのは必須よ、小学生の作文じゃないんだからね

ライティングルールをある程度理解したら実践練習

ある程度それらのルールを理解したら実践練習に移ります。

過去問や問題集をやって実際の問題を解いていきましょう!過去問や問題集はリーディング、リスニングにも使うものですので必ず1冊は持っておく教材です。

でもライティングは自己採点が不可能

ライティングの自主勉強において一番の問題になってくるのが自己採点が出来ない、という事。

日本語でも同じですが例えば自分で読書感想文や作文を書いて自分自身で採点するのは不可能ですよね。

なぜなら答えが無いから。

答えが無いものを自分自身で答え合わせすることは出来ません。

だって自分は書いてる時自分の全力を尽くして完璧だと思ってその作文、小論文、エッセイを書いている訳なので自分が思う最高の文章を自己採点するなんて不可能なんです。

なのでライティングの採点は第三者にやってもらう他ありません

安心してください、あなたの周りに採点してくれるような英語ネイティブが居なくてもインターネットが普及した今は採点してもらう事が出来ます。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
ライティングの上達は添削してもらうかどうかに100%かかってるわ

過去問のライティングを第三者に採点してもらう効率的な方法

さぁここでインターネットが普及した現代の恩恵を受ける時が来ました。

先ほど話したように誰もが誰もネイティブの友達を持っている訳ではありません、僕も日本に英語ネイティブの知り合いは一人もいません。

そんな人におすすめなのが166円から英語添削を依頼できる「アイディー」です。



アイディーがおすすめな理由は

  • 持ち込み可能で166円から依頼できる英語添削
  • 添削する人を選ぶ事が出来る為ネイティブ以外に添削されることが無く、自分の好みの人に依頼できる
  • 今なら無料登録で1200円分のお試し可能(2018年3月現在)
  • 添削方法の指定可能なので任意の資格基準で添削してもらう事が出来る

英検準1級のライティングは150ワード程度と短いので安くたくさん添削してもらう事が可能です。

とってもおすすめのサービスです。

SPONSORED LINK

一番おすすめできる家で受講可能な英会話レッスン



僕が圧倒的に他と比べられないくらいお勧めしたいのが今となっては様々なインターネット事業を扱いどんどん大きくなっている有名企業のDMMさんが運営している

DMM英会話

です。

なぜこのDMM英会話がTOEFLのスピーキング練習に使うべきかと言いますと

  • 2回も無料体験レッスンが出来るので続けるかどうかじっくり見極めることが出来る
  • 入会費完全無料!
  • いつでも自分の時間でレッスンが可能!
  • 世界90カ国以上 6400人以上の講師とマンツーマンレッスンできる(ネイティブ講師を選ぶことが可能!)
  • 講師の採用試験がとても厳しいため質の高い講師が集まっている
  • 資格対策が充実している、教材を無料使用可能(マジで重要過ぎる)
  • マジで破格過ぎる値段(1レッスン当たり150円から!!)
  • 大企業のDMMさんが運営しているという安心感
  • 2017年オンライン英会話サービス評価・満足度調査にて13部門でトップの1位
  • 2017年あの有名ビジネス雑誌「プレジデント」の英会話テキスト・英会話学校の部門で堂々の総合満足度1位

実績と規模、そしてクオリティは他のオンライン英会話とかなり差をつけています。

なにより資格サポートが充実していることが一番です、自分の勉強したい資格に特化した講師を選べば本当にスピーキングのスコアの爆上げが可能です。

そして講師を自分で選択できるため合わないと思えば他の人に変えることも出来ます、超ユーザーフレンドリーなサービスなんです!

無料体験レッスンが付いてくるので無料体験を受けてみて自分に合うものを選択するのが一番経済的、効率的です。

こんな素晴らしいキャンペーンがあるなら使わない方が大損ですよ!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
資格の教材が無料でレッスン中に使えるのは超革命的ですね、英検はもちろんIELTS、TOEFL、TOEICなどあらゆる資格に対応しており、講師付きで高い教材を無料で使用できるなんて…信じられない…
英語ビジネスに精通するジョーダン先生
ジョーダン先生
DMM英会話はあのビジネス誌、プレジデントでも堂々の満足度1位を獲得した英会話ウェブレッスンです、これほど実績があり質のいいオンライン英語サービスはこれ以外に存在しませんね
英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
スピーキングはとにかく場数がモノを言うわ、毎日レッスンを安く受講できるDMM英会話は最高のサービスだと言えるわね、運が良ければアタシのような美人講師に教えてもらう事ができるかも、とにかく無料体験してみてね!

DMM英会話を徹底解剖して体験談を含めたレビュー記事を書きました!是非参考までにご覧ください!