SPONSORED LINK

こんにちは、2016年第1回の英語検定で英検1級に1次試験バンドスコア+5、2次試験バンドスコア+2で一発合格したSCRACHH CO 管理人ライターのJINです。

1級を取得してからももう数年が経ちました、時が流れるのは速いものです。

英検1級はもちろん日本英語検定史上一番高いレベルにあり、受験者の9割近くは落ちています、僕自身イギリスで3年過ごした後に初めて受験しましたが受けてみた感じ正直事前に勉強しなければ落ちていただろうな、と感じましたね。

英検準1級が海外である程度生活できるレベルならば1級は英語マニアの領域です。

英検準1級で出てくる単語は全て生活するにおいて必要な単語である一方、1級で出てくる頻出単語は半分以上聞いたことすらない専門単語ばかりです。

例えば経済や科学に関する単語ならその分野に精通して専門書を読んだりする人は見たことがある単語ですが一般人の僕なんかは生活してて出くわさないような単語です。

なので英語が出来る人でも勉強しなければ落ちます、なんなら最初のボキャブラリー問題をイギリス人のネイティブの彼女に解かせてみましたがネイティブですら聞いたこともない単語が半分くらい占めていました。

これが英検1級が英語マニア専門と言われるゆえんなのです。

しかし試行錯誤して勉強した結果僕は合格率10%を切る英検1級にバンドスコア+5で一発合格する事が出来ました。

今回はその経験を基に英検1級の合格を目指すにおいて役に立つ勉強法、参考書を紹介していきます。

今回の記事はリーディング編です。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検専門のエリカです、今日は私と一緒に英検1級に合格出来るようにリーディングの勉強法を学んでいきましょう!この級から厳しく指導していくのでよろしくね!

1に単語2に単語、なんなら3も単語

英検1級の一番の敵は単語です、これに関しては揺るぎありません。

これまで他の級の勉強法の記事でも

「単語を知らなければ合格できないよ」

と口酸っぱく言ってきましたがそんなレベルを超越して1級は単語の勉強無しに合格する可能性は無いと言えます、これは言い切れます。

ボキャブラリー問題の尋常じゃないレベル

リーディング勉強法に移る前にボキャブラリー、語彙問題の話を少ししましょう。

The author’s first book is aimed at scholars and covers such ( ) matters as medieval Chinese coins. Next, she wants to write about something that will appeal to a general audience.
1 skittish 2 inclement 3 decrepit 4 arcane

恐らく分かる人はほとんどいないかと思います、相当レベルの高いほとんどお目にかかれないようなレアな単語です。

このレベルの語彙問題が20問出題されます、勉強しないと当てずっぽうで解くしかなくなります、基本的に英検1級は8割近くの正答率が無いと合格出来ませんのでもうその時点でほぼアウトです。

1級での単語力の重要性を分かっていただけたでしょうか。

なぜリーディングにおいて単語が必要なのか?

この英検勉強シリーズではウザい程に言ってきましたがとにかく

「単語を知らなければ勉強を始められません!」

特にリーディングは言わなくても分かるかと思いますが他の要素と比べて単語の重要度はとても高いです。

例えば僕が日本語の難しい経済書を読むとしましょう、ほとんど理解できないでしょう。

なぜ日本語なのに理解できないかと言えば

「専門単語を知らないから」

なので単語力に自信がある人でも英検1級の為の専門的な単語を知らなければ1級のリーディングは満足に理解できないわけです。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
リーディングにおいて単語は最重要事項よ!

英検1級を合格する為にはこの1冊を持っておけば十分

英検シリーズでも話してきましたが英検を合格するにおいて必要な単語帳は1種類しかありません。

それを買わないのもダメですし、それ以外の単語帳を買うのもダメです。

とにかく単語帳は独占的にそれしかないのです。

それがこちら

1級の合格に必要な単語全てが載っています、これを7割覚えれば単語においては1級を合格するに十分です。

しかしこの単語帳に載っている単語はほとんど知られていないような単語だらけなので1から最初のページから覚えていくことになります。

1からまっさらな状態から覚えるのが楽しめるのか面倒だと思ってしまうかはあなた次第です。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
英検学習においてこの単語帳は必須中の必須よ、必ず手に入れるようにしてね

僕がおすすめする単語の覚え方

さぁ例えばあなたが

「この単語帳の単語全部覚えてね!」

と言われたら皆さんはどのように覚えますか?

  • 単語帳をそのまま使う?
  • ノートに書きだす?
  • 暗記ペンや暗記シートを使う?
  • とにかく読み込む?

残念ながらこの挙げた4つの方法で覚えている人はとっても損をしています

いずれは覚えられるかもしれませんが効率的ではない為莫大な時間を単語学習に費やすことになります。

そしてこれらの方法で覚えた単語は覚えたと思っていたとしてもすぐに忘れます。

みなさんは

「暗記したはずなのに忘れた…出てこない…」

なんて経験はありませんか?

もちろん人間は多少は物事を忘れていく生き物なので忘れる事はありますが、記憶の中に長く刻み込む方法はあります。

今回紹介する方法は僕が17歳で偏差値40ながら英検2級挑戦した時から英検1級を取得してイギリスの大学を卒業した今までずっと使ってきた僕が今までで一番効率的だと思う覚え方です。

詳しい覚え方はこちらの記事に載っています。

こちらの記事をじっくりと読んでいただくのが一番分かりやすいですが簡単に要約をすると

  • 全ての単語を英英で覚えようと絶対にしてはならない
  • 単語は全部英和で覚える(時間短縮、効率アップの為)
  • ノート書き、暗記ペンなどの使用は絶対にしない(単語を順番で覚えてしまうため)
  • 単語集をそのまま使うのも絶対にNG(単語を順番で覚えてしまうため)
  • 覚える目的は暗記ではなくてその単語を使いこなすこと
  • 短期間で詰め込まない事(ルーティーンにして毎日やらなければいけません)
  • 単語カードを使って勉強をすること(単語カード勉強法の説明と工程は要点ではまとめられません、こちらの記事を参考にしてください)

そして単語カードはこちらがおすすめです、お風呂に居る間に隙間時間を利用して単語を覚えられるのは究極の効率的な覚え方です。

僕が勉強していた時代にこれが無かったのが悔やまれます…

とにかくこれだけは覚えておいてください

「ノートに書いて覚えたり暗記ペンを使ったり単語帳をそのまま使って単語を覚えようとしたら絶対ダメです!」

SPONSORED LINK

リーディングテクニックを高いレベルで使いこなす

リーディングで一番大切なのはスピード感

リーディングにおいて一番大切な事は何か?

と聞かれたら僕は迷わず

「スピード」

と答えます。

それはなぜかと言いますと、英検のようなテストで一番やってはいけない、避けたいことはズバリ

「時間切れ」

です。

すなわち時間が足りず全問目を通す事が出来ずタイムアップしてしまう状況です。

なぜそれが最悪な状況下と言えば、あなたが最初の方の難しい問題にてこずって時間を使ってしまった結果たどり着けなかった最後の方の問題に簡単で解ける問題がある可能性があるからです。

簡単に言えば単純にもったいない、そして非効率的な訳です。

解けるかもわからない問題に時間を使ってしまったが故に解けるはずの問題にたどり着けない状態です。

今からそんな状況を避ける為に出来る事をいくつか紹介します。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
リーディングスピードを上げることで時間に余裕が生まれるわ、当たり前の話だけど

まず全ての大問を軽く読む

まず出来る問題を落としてしまうという状況を避ける為に出来る事として

「まず全ての問題を軽く読む」

という事があります。

といっても全ての問題を事細かに読む必要は一切ありません。

「この大問はこのトピックを扱っているのか」

それを知るだけで十分です。

そこで自分が得意そうなトピックを扱っている大問があったら迷わずその大問から始めて下さい。

そうすればある程度出来るはずだった問題を落とす、という状況は回避できます。

英文速読力を徹底的に鍛える

出来そうな問題から始める、それだけではスピードという根本的な問題は解決されません。

そう

「英語を速く読む」

というテクニックを徹底的に鍛えなければ時間切れになってしまうのは変わりありません。

特にレベルの高い英検1級ですので受験者の中でも時間切れになっている人はかなり多いはずです。

そこで身に着けておきたいのは

「英文速読法」

これは日々の練習でしか鍛える事は出来ません。

英検1級を目指す人ならば既にある程度の英文速読力は持っている事でしょう、なのでここで日本語の書籍の紹介は割愛させていただきます。

まず基礎から日本語の参考書から始めたいという方は準1級のリーディング勉強法の記事でおすすめの参考書を紹介していますので、そちらからどうぞ!

参考書を読む間も英語のリーディングの練習が出来るので1級を目指すレベルに居る人は英語の速読法の参考書を読むことをお勧めします。

その中で僕がおすすめするのは

です、ステップバイステップで徐々に速読力を鍛えてくれ、他の書籍とは別のアプローチでスピードリーディングを教えてくれる超有能な書籍です。

それだけでなく、値段もとても安いので一冊持っておくべき本ですね。

Kindle Unlimitedの会員なら無料で読む事も出来ます(お得!)

Kindle Unlimitedの無料体験登録の方法はこちらの記事で紹介しています、30日間無料ですので30日で読み終える自信がある方は実質無料でこの書籍も読む事が出来ます!(Amazonのアカウントを持っていれば誰でも登録できます)

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
Kindle Unlimitedを使って無料で速読法を学ぶのはコスパにかなり優れてるわね

SPONSORED LINK

リーディングの能力を10倍高めると言われているスキャニングとスキミングとは

僕がイギリスの大学に在学している頃、もちろん現地の大学で現地人と同じ立場で勉強するわけなので読書嫌いな僕も死ぬほど読み物を読まされました

そこで教授などに口酸っぱく言われたのが「スキャニング」と「スキミング」です。

ネイティブではない私たちが英語の文章を読むにおいて必須ともいえるテクニックでありリーディング能力を10倍高めるとも言われています。

一体リーディングテクニックの「スキャニング」と「スキミング」とは何なのでしょうか、解説していきます。

リーディングテクニックのスキミングって?

Skimという単語は

「すくい取る」という意味があります。

リーディングにおけるスキミングは簡単に言えば

「文章の要点をすくい取る」

です、この目的はとりあえず要点のみを読むことによってその読み物の全体像、重要なポイントを「すくい取る」ことです。

スキミングの具体的な方法

このテクニックには方法があります。

見出しごと最初の段落だけを読むのです、大体最初の段落でその物事の概要、導入が載っていますので、そこである程度どんな話なのか、をすくい取る事が出来ます。

スキャニングとは?

その一方スキャニングはまた違うアプローチです。

スキャンという言葉を聞いて皆さんはどんな事を思い浮かべますか?コピー機をよく使っている人ならばスキャンが

「読み取り」

であることが分かるはずです。

リーディングにおけるその「読み取り」とは何なのでしょうか。

大量の文字が並んでいる文章の中から自分が知りたい単語を素早くどこにあるのか見つける能力の事です。

すなわちスキャニングをする前に設問を読んでおく必要があります。

簡単な例になりますが例えばあなたが設問の中で「Green」という単語がその設問を解くにおいて重要だと思ったとしましょう。

スキャニングは本文から「Green」という単語がどこにあるのか探し出す(スキャニング)作業になります。

スキャニング&スキミングテクニックを理解する為の1冊

残念ながら日本の書籍で細かくこのテクニックについて踏み込んで解説している書籍は僕は知りません。

なのでもっと掘り下げてスキャニング、スキミングテクニックを知りたい方は洋書の参考書を読むことになります。

英検1級を目指す方なら割と簡単に読むことが出来るはずなので読んでみて下さい。

本番への準備練習、対策

いつ実践的な対策に入ればいいのか

最初に紹介した英検1級の単語帳をある程度覚えて英語の速読を習得したらそこで実践練習に入ります。

単語帳の単語をあまり覚えていないうちから実践練習を絶対にやってはいけません!

なぜならそれはとても非効率的だからです。

ちゃんと少なくとも6割覚えてから実践に入ってください。

基礎練習はつまらないと感じる事があるかもしれませんが我慢してください、土台作りはとても大切です。

実践で使用する教材は1級の過去問、模擬試験のみでオッケーです。

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
過去問の研究無くして1級は合格するのは不可能よ

過去問題を解くときは必ず時間を計る

本番のスピードに慣れておくことが重要です。

なので過去問や模試を解くときは必ず本番と同じ時間を設定してタイマーをかけておきましょう。

そうすることで本番でも焦らずに入り込む事が出来ます。

そして、自分なりの時間配分を事前に頭に刻み込む事ができ本番中にテンパる事が無くなります。

同じ問題を2回はやる

少し退屈だと思うかもしれませんが同じ問題を2回は必ず解いてください。

例えば先ほど紹介した6回分が収録されている過去問集だったら1から解いていって6で終わりますよね?

6まで行ったら次は1に戻ってきてください。

それは1で最初に間違えたところを覚えなおして解けるようになっているのか自分自身をテストするためです。

もしそこで2回同じ間違いをしてしまうようならば覚えが足らなかった証拠です、3回目の間違えを犯さないように必ず2回で覚えましょう。

間違いを間違いのまま終わらせたらお金、労力、時間、全ての無駄

過去問や模試を解いていくにおいて分からないところが必ず出てくる事でしょう、その分からなかったところをそのまま放っておいては成長できません。

間違えたところは答えと解説と照らし合わせながら

「なぜ間違えたのか」

「どういう理由でこの答えになるのか」

を必ず突き止めて放置しないでください、放置するくらいならやらないのと同然です。

時間とお金がもったいないです。

それが出来ないなら正直やらない方がましです、他の事に時間を使った方が有意義です、合格を目指すならば間違ったところを必ず都度都度確認して二度と同じ間違いを繰り返さないように頭に刻み込みましょう!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
本当に答え合わせを丸付けだけで終わらせるくらいなら極論やらないのと同じよ

SPONSORED LINK

一番おすすめできる家で受講可能な英会話レッスン



僕が圧倒的に他と比べられないくらいお勧めしたいのが今となっては様々なインターネット事業を扱いどんどん大きくなっている有名企業のDMMさんが運営している

DMM英会話

です。

なぜこのDMM英会話がTOEFLのスピーキング練習に使うべきかと言いますと

  • 2回も無料体験レッスンが出来るので続けるかどうかじっくり見極めることが出来る
  • 入会費完全無料!
  • いつでも自分の時間でレッスンが可能!
  • 世界90カ国以上 6400人以上の講師とマンツーマンレッスンできる(ネイティブ講師を選ぶことが可能!)
  • 講師の採用試験がとても厳しいため質の高い講師が集まっている
  • 資格対策が充実している、教材を無料使用可能(マジで重要過ぎる)
  • マジで破格過ぎる値段(1レッスン当たり150円から!!)
  • 大企業のDMMさんが運営しているという安心感
  • 2017年オンライン英会話サービス評価・満足度調査にて13部門でトップの1位
  • 2017年あの有名ビジネス雑誌「プレジデント」の英会話テキスト・英会話学校の部門で堂々の総合満足度1位

実績と規模、そしてクオリティは他のオンライン英会話とかなり差をつけています。

なにより資格サポートが充実していることが一番です、自分の勉強したい資格に特化した講師を選べば本当にスピーキングのスコアの爆上げが可能です。

そして講師を自分で選択できるため合わないと思えば他の人に変えることも出来ます、超ユーザーフレンドリーなサービスなんです!

無料体験レッスンが付いてくるので無料体験を受けてみて自分に合うものを選択するのが一番経済的、効率的です。

こんな素晴らしいキャンペーンがあるなら使わない方が大損ですよ!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
資格の教材が無料でレッスン中に使えるのは超革命的ですね、英検はもちろんIELTS、TOEFL、TOEICなどあらゆる資格に対応しており、講師付きで高い教材を無料で使用できるなんて…信じられない…
英語ビジネスに精通するジョーダン先生
ジョーダン先生
DMM英会話はあのビジネス誌、プレジデントでも堂々の満足度1位を獲得した英会話ウェブレッスンです、これほど実績があり質のいいオンライン英語サービスはこれ以外に存在しませんね
英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
スピーキングはとにかく場数がモノを言うわ、毎日レッスンを安く受講できるDMM英会話は最高のサービスだと言えるわね、運が良ければアタシのような美人講師に教えてもらう事ができるかも、とにかく無料体験してみてね!

DMM英会話を徹底解剖して体験談を含めたレビュー記事を書きました!是非参考までにご覧ください!