SPONSORED LINK

こんにちは、2016年第1回の英語検定で英検1級に1次試験バンドスコア+5、2次試験バンドスコア+2で一発合格したSCRACHH CO 管理人ライターのJINです。

1級を取得してからももう数年が経ちました、時が流れるのは速いものです。

英検1級はもちろん日本英語検定史上一番高いレベルにあり、受験者の9割近くは落ちています、僕自身イギリスで3年過ごした後に初めて受験しましたが受けてみた感じ正直事前に勉強しなければ落ちていただろうな、と感じましたね。

英検準1級が海外である程度生活できるレベルならば1級は英語マニアの領域です。

英検準1級で出てくる単語は全て生活するにおいて必要な単語である一方、1級で出てくる頻出単語は半分以上聞いたことすらない専門単語ばかりです。

例えば経済や科学に関する単語ならその分野に精通して専門書を読んだりする人は見たことがある単語ですが一般人の僕なんかは生活してて出くわさないような単語です。

なので英語が出来る人でも勉強しなければ落ちます、なんなら最初のボキャブラリー問題をイギリス人のネイティブの彼女に解かせてみましたがネイティブですら聞いたこともない単語が半分くらい占めていました。

これが英検1級が英語マニア専門と言われるゆえんなのです。

しかし試行錯誤して勉強した結果僕は合格率10%を切る英検1級にバンドスコア+5で一発合格する事が出来ました。

今回はその経験+イギリスの大学を卒業した今の知識を合わせて英検1級の合格を目指すにおいて役に立つと思う勉強法・対策法の全てを包み隠さず紹介します!

※この記事は当ブログ「SCRACHH CO」の英検1級対策シリーズのまとめ記事です、詳細の勉強法や極意、教材紹介はそれぞれ部門ごとの記事を書いているので必ず確認お願いします(記事へのリンクは都度都度分かりやすく貼っておきます)

英検1級リーディング対策の全て

リーディング、読むという分野は恐らく多くの日本人が英語で一番得意としている分野です。

日本の学校英語教育はリーディングにかなりの比重を置いているので他の分野と比べると日本人は読みの能力が高いと言えます。

だからといって

英検1級はそんな付け焼刃のリーディングレベルで通用する次元ではありません、あんな難しいテストそうそうありませんからね。

英検1級のリーディング、ボキャブラリーに関しては一番準備しなければ絶対に合格する事が出来ないくらい大切な分野です。

リーディングの形式やテクニックしっかりと理解して戦略を練る事が大切なんです。

リーディング対策の記事では今すぐに使えるリーディングテクニックやそれを習得する為の参考書などを細かく紹介しています。

SPONSORED LINK

英検1級リスニング対策の全て

リーディングは得意でもリスニングは苦手!という人もたくさんいるはずです。

無理もありません、普段から英語を聞くことが少ない日本に住む日本人の方々にとってリスニングはかなりの強敵です。

英検1級にともなればなかなか難しいです、が、リーディングと比べるとリスニングは比較的簡単で得点を稼げる部分です、僕も英検1級でもリスニングはほぼ満点を取れました。

だからこそここで得点を落とさないために準備するべき分野です。

こちらのリスニング対策の記事ではどのようにすれば頭の中で英語のまま考える事が出来るようになるか、などを細かく説明しています。

SPONSORED LINK

英検1級ライティング対策の全て

日本で英語教育を受けてきた人が一番苦手としてしまうのがライティングです(僕もライティングが一番苦手でした)

なぜなら日本では学校で英文を書く機会がほとんどない為です。

多くの人は日本人が一番できないのはスピーキングだと考えがちですが個人的にそれは間違っています。

日本人は英語において話す事が出来ない以上に英文を「しっかりと」書くことが出来ません。

学校は読みと文法に特化しているためライティングに手が回っていないのです。

僕のように普通の公立の中高を出た人にとってしっかりとした英文を書くのはかなりタフな事です。

なのでライティングには一番リサーチに時間を取り英語で論文を書く際のルールを徹底的に覚えて下さい、そうしなければ点は取れません。

最初に僕もライティングが一番苦手だったと言いましたが今となってはライティングが一番得意です、ルールさえ覚えてアイデアがあれば比較的楽に入り込む事が出来る分野ですね。

しかしながらライティングは過去問や演習問題を解いていても自分で答え合わせのしようがありません、だってみなさんも日本語で作文を書いて自分自身で採点や添削は出来ませんよね?

だって自分自身が最高だと思って書いたものを自分自身で採点するなんて普通に考えて無理です

ライティング対策の記事では絶対に覚えなければいけない多くの人があまり知らない英語でのライティングルールや自己採点できないライティングを効率的に安く添削してもらい上達する方法を紹介しています。

英検1級スピーキング(二次試験)対策の全て

スピーキングでの一番の問題点はまたしても自分自身で練習が出来ないという事です。

準備は出来ても実践は出来ません。

もちろん僕のように都市部に住んでいない人はネイティブの友達や知り合いはなかなかいないと思います、実際僕も日本にネイティブの知り合いは一人もいないので…

スピーキング(二次試験)対策の記事では安く効率的にネイティブとスピーキング練習が出来る方法や、あまり話すのが得意ではない人がスピーキング能力を伸ばすマインド、方法を細かく紹介しています。

英検1級に一発で合格した僕が考える合格に近づく1級二次試験勉強法

英検1級合格に必要な教材・参考書の全て

例えば大学受験だったりするときはその大学の入試の傾向を調べて勉強して対策をしますよね?

それと同じで英検を受ける際は必ず英検の傾向を知れるような教材や参考書が必須で必要になってきます。

教材・参考書の記事では英検1級に合格する為に必ず必要な書籍や英語力を効果的に上げてくれるような書籍を重要度順にまとめて紹介しています。

効率、コスパ重視のSCRATCHH COですので、しっかりと厳選して、無駄なものは一切紹介していません。

これから英検1級の受験を考えている人や、これまでに英検準1級を受験して落ちてしまった人は是非これらの記事を参考にしてみてください!

SPONSORED LINK

一番おすすめできる家で受講可能な英会話レッスン



僕が圧倒的に他と比べられないくらいお勧めしたいのが今となっては様々なインターネット事業を扱いどんどん大きくなっている有名企業のDMMさんが運営している

DMM英会話

です。

なぜこのDMM英会話がTOEFLのスピーキング練習に使うべきかと言いますと

  • 2回も無料体験レッスンが出来るので続けるかどうかじっくり見極めることが出来る
  • 入会費完全無料!
  • いつでも自分の時間でレッスンが可能!
  • 世界90カ国以上 6400人以上の講師とマンツーマンレッスンできる(ネイティブ講師を選ぶことが可能!)
  • 講師の採用試験がとても厳しいため質の高い講師が集まっている
  • 資格対策が充実している、教材を無料使用可能(マジで重要過ぎる)
  • マジで破格過ぎる値段(1レッスン当たり150円から!!)
  • 大企業のDMMさんが運営しているという安心感
  • 2017年オンライン英会話サービス評価・満足度調査にて13部門でトップの1位
  • 2017年あの有名ビジネス雑誌「プレジデント」の英会話テキスト・英会話学校の部門で堂々の総合満足度1位

実績と規模、そしてクオリティは他のオンライン英会話とかなり差をつけています。

なにより資格サポートが充実していることが一番です、自分の勉強したい資格に特化した講師を選べば本当にスピーキングのスコアの爆上げが可能です。

そして講師を自分で選択できるため合わないと思えば他の人に変えることも出来ます、超ユーザーフレンドリーなサービスなんです!

無料体験レッスンが付いてくるので無料体験を受けてみて自分に合うものを選択するのが一番経済的、効率的です。

こんな素晴らしいキャンペーンがあるなら使わない方が大損ですよ!

英検専門、エリカ先生
エリカ先生
資格の教材が無料でレッスン中に使えるのは超革命的ですね、英検はもちろんIELTS、TOEFL、TOEICなどあらゆる資格に対応しており、講師付きで高い教材を無料で使用できるなんて…信じられない…
英語ビジネスに精通するジョーダン先生
ジョーダン先生
DMM英会話はあのビジネス誌、プレジデントでも堂々の満足度1位を獲得した英会話ウェブレッスンです、これほど実績があり質のいいオンライン英語サービスはこれ以外に存在しませんね
英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
スピーキングはとにかく場数がモノを言うわ、毎日レッスンを安く受講できるDMM英会話は最高のサービスだと言えるわね、運が良ければアタシのような美人講師に教えてもらう事ができるかも、とにかく無料体験してみてね!

DMM英会話を徹底解剖して体験談を含めたレビュー記事を書きました!是非参考までにご覧ください!