「落ち込む」を表す英語表現11選【ブルーな気分の時に使ってみよう】

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

誰しもブルーな落ち込んだ気分の日ってありますよね。

そんな時「私落ち込んでいる」と英語で言いたい時はみなさんはどんな英語を表現を使いますか?

結論から言うと一番簡単で使いやすく「落ち込んだ」状態を表せる英語表現は

「I’m down.」または「I’m feeling down.」です。

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「落ち込む」を表す英語表現を心理状況や度合いなどで分別して色々例文付きで紹介していきます!

「落ち込む」を表す英語表現11選【ブルーな気分の時に使ってみよう】

スポンサーリンク

一番シンプルで使いやすい「I’m down./I’m feeling down.」

downには「落ちる」という意味がありますが、これをそのまま使って上の例文のようにいうと、「落ち込んでます」という表現になります。

ただし、けっこうな落ち込み加減という印象があります(下記の「I’m depressed.」も同様)

ですので、日本語の感覚で「ちょっとへこんじゃって」という軽い「落ち込み」具合のときに「I’m down.」といってしまうと「どうしたの?」と心配されてしまうかもしれません。

ちょっと「軽く落ち込んでいる」くらいの話であれば、「a little」とか「a bit」(どちらも少しの意味)を付け加えて言うほうがいいと思います。

例文

エレナ
What’s up? Are you okay?(どうしたの?大丈夫?)
リンジー
I’m feeling a bit down.(少し落ち込んでいるの)

憂鬱な状態を表す「I’m depressed./I feel depressed.」

depressedは「憂鬱な」という意味の単語です。

重要単語

Depressed:憂鬱な、鬱状態の

Depression:憂鬱、鬱

名詞「depression」には「うつ」の意味もあり、かなり強い落ち込み加減のことを指します。

上に挙げた「I’m down.」と同様、「I’m depressed.」といってしまうと、英語ネイティブにはかなり深刻に聞こえてしまいます。

相手に余計な心配をさせてしまうこともありますので、使い方には注意した方がよいでしょう。

例文

エレナ
I’m feeling depressed.(凄い憂鬱な気分だわ)
リンジー
What happened?(何があったの?)

落胆を強調する「I’m disappointed.」

何か期待外れなことがあって落ち込んでいるときは、「I’m disappointed. (がっかりしています)」が使えます。

重要単語

Disappointed:がっかりした、落胆した

何かに失望して落ち込んでいるときに使う表現です。

「I’m down.」や「I’m depressed.」ほどの深刻なニュアンスはないので、比較的日常会話でも使いやすいと思います。

例文

エレナ
I’m disappointed.(とってもガッカリだわ)
リンジー
In what?(何に対して?)

悲しいを強調する「I’m sad/I’m feeling sad」

sadは「悲しい」という意味の形容詞です。

悲しくて落ち込んでいるときには、「I’m sad.」とシンプルにいうのもアリです。

ただ、sadもけっこう意味の強い言葉です。

「付き合っていた恋人と別れた」とか、それくらいショックなことがあったときに使うのがふさわしい感じです。

よほど親しい友人に自分の悲しみを打ち明けるときには使えますが、例えば職場で同僚に向かっていきなり「I’m sad today.」というと相手はびっくりするかもしれません。

そのような場合は、「sad(悲しい)」の反対「happy(うれしい)」を使って「I am not very happy today.(今日はあんまりハッピーな気分じゃないんだよね)」と言うと、相手もびっくりすることなく「どうしたの?」と聞いてくれるはずです。

重要ポイント

ちょっとだけ悲しい時は「I’m sad」ではなく「I’m not happy」に言い換えよう。

例文

エレナ
I’m sad today.(今日は悲しいわ)
リンジー
Why?(どうして?)

日本語同様の「I’m feeling blue.」

日本語でも「ブルーになる」とか「ブルーな気分」といったりしますね。

英語でも同じように「blue(青)」という単語を使ってこのようにいうこともできます。

しかしネイティブにそこまで使われているイメージはありません。

スポンサーリンク

自信喪失を表す「I lost my confidence.」

例えば仕事などで何か失敗をやらかして落ち込んでいるときには、このような表現が使えます。

「I lost my confidence.」で「自信を失くしました」という意味になります。

動揺している状態を強調する「I’m upset.」

upsetはネイティブがよく使う単語ですが、日本人にはちょっと分かりにくい言葉でもあります。

怒っている、悲しんでいる、ショックを受けている、悔やんでいるなど、シーンと状況にあわせていろいろな解釈ができます。

いずれにしても、ネガティブな気持ちのときに使う表現で、これもかなり強い表現になります。

「ネガティブな気持ちのあまり泣きだしそうになる」くらいの感情の揺さぶりをイメージしておくとよいでしょう。

例文

エレナ
I’m upset.(とても動揺しているわ)
リンジー
Oh don’t cry.(泣かないで)

無気力状態を表す「I don’t feel like doing anything.」

「落ち込んでいて何もする気が起きない」というときには、こういう表現もできます。

「何もやる気が起きません」という意味になります。

英語ネイティブもよく使います。

落ち込んだときだけでなく、何も理由がないのにやる気が起きないときや、なぜかダラダラと怠けたくなるときにも使えます。

それほど深刻な「落ち込み」でないときにも使いやすいので、覚えておくと便利です。

例文

エレナ
I don’t feel like doing anything today.(今日は何もやる気が起きないわ)
リンジー
What happened?(何があったの?)

今回の「落ち込む」のまとめ

今回の記事では「落ち込む」を表す英語表現を色々紹介してきました。

今日のおさらい

  • I’m down./I’m feeling down.:気分が落ち込んでいる状態
  • I’m depressed,/I’m feeling depressed.:かなり落ち込んで憂鬱な状態
  • I’m disappointed.:落胆した状態
  • I’m sad./I’m feeling sad.:悲しい状態
  • I’m feeling blue.:ブルーな状態
  • I lost my confidence.:自信を無くした状態
  • I’m upset.:悲しみ、怒り、ショック、後悔などによって取り乱している状態
  • I don’t feel like doing anything.:無気力の状態

その時その時の細かい感情に合わせて使い分けられるとかなりレベルが上がります!

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます