「泣く」は英語で何て言う?泣き具合によって変わる表現7選

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJIN(@ScratchhEnglish)です。

「泣く」と言えばCryですよね!正解です。

結論から言うと「泣く」を最も広い意味で表せる一般的な単語は「Cry」で間違いありません。

しかし「泣く」の中にも

  • 涙を流すだけ
  • すすり泣く
  • 大声で泣く

色々な度合いがありますよね!

今回の記事ではイギリスの大学を卒業した筆者が「泣く」にフォーカスして、泣き具合に合わせて使い分けられる英語表現を7個例文付きで紹介していきます。

「泣く」は英語で何て言う?泣き具合によって変わる表現7選

スポンサーリンク

最も一般的に使われる「Cry」

最初にも言った通り、最も広く使われている「泣く」を表す単語はCryで間違いありません。

さらに付け加えるとしたら「泣く」以外でもCryには

  • 叫ぶ
  • 鳴く
  • わめく

なんていう意味もあります。

まさに「泣く」のオールラウンダーと言ってもいいでしょう。

例文

ジェームズ
When was the last time you cried?(最後に泣いたのはいつですか?)

涙を流すだけなら「Shed tears」

分解すると分かりやすい表現です。

  • Shed:流す、落ちる
  • Tear:涙

意味はそのまま「涙を流す」です。

こちらは声を上げて泣いているかどうかに関わらず、涙が流れている事にフォーカスしている表現です。

例文

ジェームズ
She shed a secret tear.(彼女は人知れず涙を流した)

すすり泣くは「Sob」

すすり泣くさまを表す動詞は「Sob」です。

非常によく使われる動詞なのでチェックしておきましょう。

例文

ジェームズ
He was sobbing hysterically.(彼はヒステリックに泣きじゃくった)

ちょっと文章的な「Weep」

英会話というよりはやや文章的な「泣く」を表すのがこのWeepです。

Cry同様に複数のニュアンスを含んでいます:

  • 泣く
  • 涙を流す
  • 悼む

例文

ジェームズ
She wept a little.(彼女は少し涙を流した)

スポンサーリンク

鳥が鳴く(さえずり)は「Sing」

基本的には「歌う」で覚えているSingなので分かりやすいですよね!

犬や猫など他の動物が鳴いている(吠えている)時にSingは使いません、あくまで美しい歌を歌っているかのような鳴き声の鳥に対して使われます。

例文

ジェームズ
I was listening to the birds singing this morning.(今朝は鳥のさえずりを聞いていました)

大泣きは「Bawl」

赤ちゃんや子供など手が付けられない大泣き、大声で泣くときに使えるのがこのBawlという動詞です。

大泣きするという以外にも「怒鳴る」という意味もあります。

そこまで頻繁に聞くような単語ではありません。

例文

ジェームズ
Stop bawling!(泣き叫ぶのは止めなさい!)

目をウルウルさせるのは「Tear up」

涙を流す直前の状態、つまり目をウルウルさせる事を表すのは「Tear up」です。

単純に涙が上がってくる様子を想像してみると分かりやすいですね!

他にも形容詞を使いたかったら「Teary」という単語もあります!

Tear upに関しては「ずたずたに引き裂く」「びりびりに破く」「分裂させる」といったような意味もあります。

例文

ジェームズ
Why are you tearing up?(どうしてウルウルしているの?)

今回の「泣く」のまとめ

今日の記事では「泣く」にフォーカスして、様々な度合いの英語表現を紹介してきました。

今日のおさらい

  1. Cry:最も一般的に使える動詞
  2. Shed tears:涙を流す事にフォーカス
  3. Sob:すすり泣く
  4. Weep:泣く(やや文章的)
  5. Sing:鳥が鳴く(さえずり)
  6. Bawl:大泣きする
  7. Tear up:目をウルウルさせる

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます