SPONSORED LINK

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を取得したSCRACHH COライターのJINです。

最初に断っておきます、僕は高校時代そもそも日本だろうがイギリスだろうがどこだろうが大学には行くつもりは無かったのでセンター試験は受けたことはありません。

しかし思ったんです、センター試験を経験して攻略した人が経験を基にセンター試験の勉強法を教える場合がほとんだと思いますが、センター試験を一切通らずに結果的にイギリスの大学を卒業して英検1級を取得した僕が初見でセンター試験の攻略法や勉強法を考えたら他にない面白い違った視点の攻略法や勉強法が浮かぶのではないかと。

という訳で今回初めて近年のセンター英語の過去問を初めて見て攻略法を独自の視点で考えてみました、やってみて意外とワクワク楽しかったです。

今回の記事テーマはセンター英語筆記試験の「攻略勉強法まとめ」です。

英語勉強法担当、ピーター先生
ピーター先生
今回は常に英語勉強法を考えている私、ピーターと一緒に学んでいきましょう

大問1:発音、アクセント問題

あまり実践的では無く泥沼的な問題だからこその勉強法がある

センター試験問題初見の僕がまず思ったのが問題の意図があんまり分からない、難しい…でした。

一応イギリスの大学を卒業して英検1級も持っているのですが正直1問、2問間違いました、もうこれ言い訳にしか聞こえないかと思うんですが、何を聞いているのか分からず考えれば考えるほど分からなくなってくる泥沼のような問題のように感じました。

そうなってくると勉強法は一つしかないです、出来るだけ多くの単語を覚えてかつこの大問1に慣れる為に同じような問題を解きまくるのみです。

慣れが必要な問題と言うのは解いていてすぐわかりました。

必ずこういう問題に出てくる単語に関しては数年スパンで共通していたり似たような引っ掛け問題を入れてくるので慣れてしまえば一瞬で答えられる問題のはずです。

絶対にここで点を落としたくないようなのが大問1ですよね。

僕が唯一推奨する効率的な英単語の覚え方に関してはこちらの記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

発音、アクセント問題攻略に必須の一冊

表紙を見て分かるように「センター英語では同じことが繰り返し問われる!」と言っていますが、さっき僕が言っていた事と同じですね。

頻出項目を押さえておけば大問1は取れる問題なんです。

徹底したデータ分析で素晴らしい内容が網羅されており、「チート本」「塾の講義や講習よりも圧倒的に使える」「ローコストハイリターン」とも言われています。

1000円ちょっとでこの内容は正直あり得ないレベルです。

この書籍とセンター英語の過去問をダブルで使えば大問1はかなりの範囲で押さえられると言っても過言では無いでしょう。

センター英語の過去問は大問1だけでなく他の項目、及びリスニングでも使うので必須ですね。

大問1の更に詳しい考察はこちらの記事で書いていますのでぜひご参照ください。

英語勉強法担当、ピーター先生
ピーター先生
大問1は完璧になれてしまえば時間をかけずにロボットのように解いていけるような問題じゃ

SPONSORED LINK

大問2:文法、ボキャブラリー問題

将来英語が出来るようになりたいなら全て分からないといけない項目

最近文法をないがしろにして英語が喋れるようになる、英語が使えるようになるという話をたまに聞きますが…正直そんなのあり得ません。

英語が本当に出来る人なら大問2は満点、もしくはほぼ満点確実に取れます。

センター試験で出てくる文法問題は知っていないといけない必須の文法です、なのでもちろん全ての人に言いたいですが、特に将来的に英語を高いレベルで使いこなそうと思っている人はこのレベルの文法ぜひ完璧にして欲しいです。

まず高校レベルの文法は網羅しておくべき

高校で習うような文法は全て熟知していないとなかなか満点近く取るのは難しいでしょう、ただそれが無理かと言ったらそうではありません。

意外と高校で習う文法の数は多くは無いので全然可能なレベルです。

そこでおすすめの一冊

まずこの文法集を完全に覚えきればある程度必要な文法知識が付くと言えます。

更にセンター英語で満点レベルを取ろうと思っている人にとってはこの本だけでは物足りない可能性もありますが、まず基礎を固めたいという方には最適な物となっています。

出てくる文法をひたすら先ほど紹介した方法で覚えていきましょう。

ちなみに僕もイギリスの大学に行くまでにはこの高校レベルの文法は全て覚えてから行きました。

こちらの書籍は仕上げ!の一冊と書いてある通り必ず知っておくべき英文法が網羅された問題がずらっと並んでいる一冊です。

この本は文法を覚える作業を終えてから最後の仕上げとして確認として使うのが効果的でしょう。

評価もレビューもとても高い至極の一冊です。

英語勉強法担当、ピーター先生
ピーター先生
文法をないがしろにしていたらいつまで経っても英語が出来るようにはならんぞ、文法とは言語のルールじゃからな

SPONSORED LINK

もちろん文法問題でも過去問研究は大事

もちろん文法でも傾向対策!

これはもはやセンター試験に限った話ではありません、英検でもそうですし他の英語の資格であるIELTSやTOEFLでも他のどんな試験でも一緒です。

傾向対策する為には過去問の研究が一番手っ取り早いし効果的!

試験の傾向を掴むにはこれしかありません。

センター試験英語大問2の文法問題に関するもっと詳細な考察、勉強法、文法の覚え方などはこちらの記事で紹介しています、ぜひご覧ください。

大問3以降:長文読解

センター試験英語の長文読解の問題って結構質高いよ?

たまに日本の英語教育を完全否定したいのか日本の英語試験は質が低いし使えない、受験英語なんてやったってしょうがないなんてとんでもない事言ってる人いますが超ナンセンスです、何言ってんの?って感じです。

確かに日本の英語教育は悪い面もあるかと思いますがやったってしょうがないなんてそんな事絶対ないです。

物事良し悪しがあるのは当たり前の話ですが「やったってしょうがない」なんていう人は自分が英語取得に十分な努力していない事を棚に上げて責任転嫁しているだけのように思えます、センター試験の英語長文読解の問題は今回初めて見ましたが結構質が高いなと思いましたよ。

英語圏含め世界的に認められている英語能力試験のIELTSの長文読解ともレベルは違えど出題形式は結構似てると思いますけどね。

自慢するわけでも日本の英語教育を擁護するわけでもありませんが自分がイギリスの大学を割といい成績で卒業できた根底には高校までの学校英語があって、そもそも英会話スクールや塾、海外にすら人生で1回も行った事すらなかった僕にとって高校時代何を勉強していたかと言えば高校レベル、大学受験レベルの英語を完璧にしてからIELTSという試験を受験してイギリスの大学に入れたわけです。

高校レベル、大学受験レベルの英語を勉強した事は決して今でも遠回りだと思ってないですしさっきも言いましたが最終的に英語が出来るようになるにはこのレベルは知っておかなければいけない事だらけなんです。

何が言いたいかと言うとセンター英語の長文読解を勉強しても将来の英語活動で絶対に無駄にならないよ、という事です。

しっかりした基礎の基盤があるかないかでは雲泥の差ですからね、せっかくだからここでマスターしちゃいましょう。

長文読解に一番必要なのは単語力

僕の他の勉強法の記事を読んだことがある人は

「また単語の話かよ!」

と思われるくらい何度も何度も何度も言っていますが、どんなテストにおいても英語力の基盤となるのは単語力です。

これは変わることの無い事実です。

特にリーディングにおいては単語力が7割8割くらいモノを言うくらい大切な能力です。

こちらが全てにおいてバランスが取れた一番理想的な形です。

豊富な単語力が分厚い基盤を作り英語力を支えている状態です。

こちらは単語力、すなわち基盤が薄く、ぐちゃぐちゃになっている様子です。

とにかく単語力が縁の下の力持ち、ベース、基盤…だと常に心に留めておいてください。

とにかくまず有能な単語帳を1冊手に入れよう

まず単語帳が無ければ話は進みません。

しっかりと有能な単語帳を1冊手に入れるところから攻略は始まります。

大学受験ならば圧倒的にターゲット1900がお勧めです。

ちなみにこの単語帳に載っている1900ワードは9割がた覚えていないと英語が出来るようになるとは言えないレベルの単語ばかりなので将来的に見ても絶対に覚えておいて無駄のない単語のみが載っています。

効率的な英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています!

SPONSORED LINK

リーディング攻略の鍵は英文速読法を鍛える事

一番大事なのは単語力だと言いましたが単語力だけではリーディングは攻略できません。

とにかく効率的に英文を速く読む速読のテクニックを取得する事がかなりの近道になります。

僕は日本語でも読書が苦手で嫌いな人間なのですがイギリスの大学に通っていた時はもちろん大量の英語の文献を読まなければなりませんでした、毎日長文読解みたいなもんです。

そこでイギリス人の教授の人に色々教えてもらった長文読解のテクニックはこちらの記事で公開しています、英文を読むのが苦手だな、遅いな、と感じている人は必ず読んでみてください!

英語勉強法担当、ピーター先生
ピーター先生
リーディングにおいてスピードアップは上達の近道じゃ、ぜひテクニックの載っている記事を読んでくれ

高校の勉強、大学受験はこのアプリで乗り切る!

大忙しな高校生でも着実に地道に大学受験に向けて力を付けてみたいと思いませんか?

僕は恥ずかしながら英語だけが専門で英語以外の勉強知識は実際今でもかなり低いのですが、みんなと同じ高校生の時偏差値40だった僕が1年以内に偏差値75(英語とリスニングだけ、全国模試でしたけどね)まで力を伸ばした過程を振り返って思う事は地道な積み重ねこそ最後に実になるという事。

でもただだらだら地道に考えずにやってもしょうがないです。

現メジャーリーグ、カブス所属のダルビッシュ選手の言葉でこんな言葉があります

その通りだと思います、考えて効率的な勉強法を地道に毎日やる事で力が付くのです。

僕の時代とは違い今では誰もがスマートフォンを持ちアプリを使えば楽に毎日の積み重ねが出来る時代になりました、テクノロジーの発展はやっぱり使いこなすべきです。

こちらのスタディサプリではアプリ上で様々な質の高い講義の試聴やテスト、更にはスタディサプリ上の講師に直接質問が出来るという機能(これ凄い大事、聞ける人が居ると居ないのでは大違い)もあります。

アプリ上なので電車通学の人なんかはそこでの時間も有効活用できますね。

無料体験期間もあるので一旦試してみる事が出来るのも素晴らしいです、自分に合わないと思えば体験期間中にやめればいいだけの事なのでリスクも無いですね!

ぜひ試してみて下さい!

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。