SPONSORED LINK

こんにちは、日本の普通の公立高校からからイギリスの大学へ入学・卒業したSCRACHH COライターのJINです。

アメリカ英語とイギリス英語、似たようなもので深く突き進んでいくとかなり違うことが分かります。

もちろんその他のオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、南アフリカ、アイルランドなどの英語もそれぞれ違いがあります。

そして日本の義務教育で学ぶ英語はアメリカ英語です。

英語に興味が出てからイギリス英語に興味を持つ人も多いかもしれません、僕も割とそっちの口です。

今回の記事はアメリカ英語からイギリス英語へ移行してみたいと考える人たちに向けてイギリス英語の学び方を紹介したいと思います!

とにかくイギリス英語になじみを持ってみる

まずアメリカ英語とイギリス英語を聞き比べてみる

アメリカ英語とイギリス英語の違いって急に言われても何が違うのか分かりませんよね。

そうなんです、その違いに気づくためにはまず既に築き上げられた自分の現在ベースとなっている英語自体を知っておかなければなりません、日本人のほとんどの人にとってそれは義務教育で学んだアメリカ英語ですよね。

アメリカ英語の音を知らなければもはや比較のしようが無いので、英語が聞こえたら自動的に「英語」として認識されてしまって聞いている英語がどのタイプの英語なのかすら分かりません。

アメリカ英語がある程度わかると映画やドラマを見ている際に

「あれ?この人の発音なんか違うぞ?」

というような事に気づくことができるようになってきます。

アメリカ英語に慣れている人にとってイギリス英語はまず違和感

普通の人が思うカッコいい「英語」って恐らくアメリカ英語のはずです。

日本のテレビに出てくるようなハリウッド俳優やセレブの多くがアメリカ人なので無理もありません。

言葉ではなかなか表しにくいですが「凄い巻き舌で」「スピーディーに喋って」「トマトをトメィトゥ-」と言ったり…

それが多くの人にとっての英語のイメージです。

でもイギリス英語はその既に作り上げられた常識を覆えす場面が多々あります、特にイギリスの北部訛りやロンドンの下町訛りなんかは最初の方は別の言語にさえ聞こえるでしょう。

まずは場数を踏んで第一にギャップを感じて、その次にギャップを埋めるところからイギリス英語のリスニング対策は始まります。

どんどんたくさんイギリスの映画やニュースを見よう!

ギャップを感じて、ギャップを埋めるためにはどんどんイギリス英語を聞いてみなければ始まりません。

僕も最初はイギリスの映画をたくさん観てそのギャップをやっと感じる事ができました。

映画の場合「トレインスポッティング」とかとんでもない訛りの入った英語を使う映画もあったり出演している俳優や女優、そのキャラクターによって結構訛りが強い場合もあるので、ニュースなんかもおすすめです。

ニュースキャスターはもちろん聞きやすい訛りの少ない英語で話すことを求められるので、標準化されたイギリス英語を感じる事ができます。

アメリカのCNNニュースとイギリスのBBCニュースを毎日聞き比べてみればどんどんギャップを認識できるようになります。

なのでまずはそういうツールを利用して

  • 慣れ親しんだアメリカ英語とイギリス英語のギャップを感じる
  • イギリス英語に慣れてそのギャップを埋める

作業が必要になります、もちろんイギリスに留学している人なんかは映画を観なくても日々生活する中でそのギャップを常に感じる事ができるでしょう。

こちらおすすめのイギリス映画とイギリスドラマです。

>>CNNニュース

>>BBCニュース

SPONSORED LINK

イギリス英語専門のリスニング教材も実はあるよ!

世の中にあるリスニング教材のほとんどは英語のマジョリティであるアメリカ英語を基本として作られたものばかりです。

でも探してみると実はイギリス英語を学びたい人用のいわば「マニア用」リスニング教材もあります。

まず無料のものから紹介していきましょう。

無料のものとなると限られてきますが、BBCのウェブサイトがBBC Learning Englishという英語学習者用の別サイトを持っています。

BBC Learning Englishではたくさんの異なる学習メソッドを提供していますが、僕がリスニングでおすすめするのは

「6 Minute English」

異なるテーマで6分間のリスニングがあり

  • 概要
  • 問題
  • 重要語句
  • スクリプト

を文字で公開している優れものです。

2018年11月22日に公開された「The smell of coffee」は181122回目のエピソードで、とてつもなく長い期間続いている長者コースである事が分かります。

さすがBBCさんです、無料のものであればイチオシです!

>>BBC Learning English(外部リンク)

難点があるとすればBBCのウェブサイトなので全部英語というところでしょうか、英語レベルによっては英語オンリーだと圧倒されてしまうかもしれません。

そんな人はまずは日本語教材で取り組んでみてもいいと思います。

1つ目のおすすめは

[ドラマ仕立て]イギリス英語のリスニングという書籍です。

ロンドンを舞台にしたストーリー仕立ての本でリスニング力を上げていくという本です。

ロンドン出身で東京在住のナディア・マッケニーさんがこの本を書かれており、イギリス人がよく使うリアルなイギリス英語を学べるような本になっています。

ストーリー仕立てなのでドラマ感覚で次のページが気になってしょうがない!そんな教材です。

2つ目は究極のイギリス英語リスニング。

こちらの本は3000語の入門編と6000語の探究編の2つのレベルが用意されており、イギリス英語の発音や特徴をしっかりと学ぶ事ができます。

まず音に慣れたい人にとって最適です。

しかもKindle Unlimitedの会員なら無料で読む事も出来ます(お得!)

Kindle Unlimitedの無料体験登録の方法はこちらの記事で紹介しています、30日間無料ですので30日で読み終える自信がある方は実質無料でこの書籍も読む事が出来ます!(Amazonのアカウントを持っていれば誰でも登録できます)

試しにKindle Unlimitedの無料体験を利用して利用してみるのもいいかもしれません。

SPONSORED LINK

イギリス英語は奥が深くて面白い

イギリス英語は知れば知るほど奥が深く面白くなってきます。

イギリスではちょっと離れた隣町に行くとちょっと違う英語を話していたり東西南北かなり異なる英語を話していたり「イギリス英語」と一括りにはできないレベルです。

だからこそ興味深いし面白いなーと自分自身イギリスに住んで思いました。

ぜひ皆さんもこの奥の深いイギリス英語に足を踏み入れてみましょう!