SPONSORED LINK

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を取得したSCRACHH COライターのJINです。

世の中に英語をやり直したい!勉強しなおしたい!と思ってる方は多いはず。

大人になってからふとしたきっかけで英語に興味が出るなんて結構ある事ですよね、洋画、洋楽に興味を持ってから興味が出た、とか外国人の人と知り合った、などモチベーションは様々。

ただ、

「学校で英語を学んでから結構経っていたり何をすればいいのか分からない!」

「今の自分の英語力がどれくらいか分からない!」

なんていう人も多いはずでしょう。

僕はせっかく英語を学ぶというモチベーションを見つけたのに何をしていいか分からない為にそこで諦めて欲しくありません!

という訳で今回の記事では

  • 英語のやり直しを思い立った時にすべきこと
  • 英語やり直し勢がするべき勉強法
  • 英語やり直し勢におすすめする書籍
  • 英語やり直し勢におすすめする教材

を中心にオトナのための英語やり直し方法を書いていきます!

英語を勉強してみたい…思い立ったらすべきこと

まず英語を勉強したいモチベーションを考える

まず自分が

「英語をやり直したい」

「英語を勉強したい」

理由を考えるのが一番です、これをまず考えなければ成果が出ずに必ず途中で諦めたりやめてしまいます。

漠然でも良いので英語が出来るようになったらしたい事を考えてみましょう。

例えば

  • 洋画を字幕なしで理解してみたい!(ちなみに最初僕の英語へのモチベーションはこれでした)
  • 洋楽を理解して上手く歌えるようになりたい!
  • 外国人のお友達ともっと話せるようになりたい!
  • 仕事で英語を使ってみたい!

共通するのはもちろん「英語が出来るようになりたい」なのですが目的は全部少しずつ違います。

英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
やっぱり動機が無いと人間って続かないわよね、だから何も考えずに始める前に必ず自分の中で英語を勉強したい動機探しをするといいわよ。

モチベーションと伸ばすべき要素をリンクさせる

英語での要素は大まかに言えば

  • リーディング
  • リスニング
  • スピーキング
  • ライティング

ですよね。

例えば洋画を字幕なしで…という目標なら伸ばすべきはリスニング、洋楽を理解して歌いたい…だったらリスニングとスピーキング…仕事で英語を使いたい…ならリーディングやライティングも必要ですよね。

もちろん英語を伸ばすにおいて1つの要素だけを伸ばしても総合的に上達はしないのですが、メインで伸ばす要素を考えるのは必須です。

例えば洋画を字幕なしで観たいのにリーディングやライティングの練習ばっかしててもいつまで経っても字幕なしで観れるようにはなりませんよね。

なので自分の英語を学びたいモチベーションにはこの4つの要素の内どれが中心で必要なのか…を考え、1つか2つに絞り込みましょう。

そうする事で学習計画を立てやすくなります。

SPONSORED LINK

英語やり直し勢がするべき勉強法

大人だからこそ楽しい勉強を心がける

大人になったからこそちゃんとした勉強をするべき…と思っている人も多いと思いますがそれは違います。

大人だからこそ楽しい勉強法を取り入れていくべきです。

仕事が忙しかったりで取れる時間は限られてきます、貴重な時間を英語の勉強に割こうとしている訳ですよね?そこできっちりした座学ばっかりやってたらほとんどの人は志半ばで諦めてしまいます。

更に大人になれば学生時代以上に辞める機会がたくさんあります、自分がもうやーめたと思えばそこですぐにやめられます、やらなければいけなかった学生時代とは全く別です。

自分次第という側面が学生時代と比べれば圧倒的に高くなっている訳です。

そこで英語学習に「楽しみ」を挟みつつやっていかなければ必ずあきらめてしまいます。

例えば洋画を使った英語勉強法なんかはそのうちの一つに入ります、映画を使った英語勉強法に関しては記事にしていますのでぜひ読んでください。

英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
大人になるとやっぱり時間も無いし、貴重な時間を犠牲にしたくないし、四六時中勉強できる訳じゃないから挫折しがちではあるわ、だからこそ学生時代よりももっと楽しい方法で勉強するのがいいわ!

オトナだからこそのメリットももちろんある!

今大人の方が途中で諦める機会がたくさん!と話しましたが、大人だからこそのメリットも存在します。

それは…

「お金」

です。

生々しいですが当たり前ですが大人になれば学生時代よりもお金はあります、例えば学生時代に英語がやりたくても自分はお金を持っていないので親に頼み込まなければいけませんよね、頼み込んだ結果ダメ、なんてことたくさんあったはずです。

でも今は大人、自分がちょっとやりたいな、と思えば自分の判断でお金を出す事ができます。

お金の面でのフットワークの軽さは確実にメリットです。

ここで強調しておきたいのはここでのメリットは「お金をたくさん使える」ではなくて「金銭面のフットワークの軽さ」です。

教材やレッスンに学生時代と比べれば軽い気持ちで始める事が出来るので、もしその教材があなたに合っていたら信じられないようなスピードで英語力を上げることだって可能ですよね、英語力上達という面での可能性を大幅に上げることが可能なんです。

例えば高額な英語教材や高額な英会話スクールに通う事が出来る、という意味ではありません。

例えば僕がTOEICの勉強や英会話の補足的教材でおすすめしているスタディサプリというアプリ教材があるのですが、こちらのTOEIC版は月額2480円から(1日あたり86円)



英会話版は月額980円から(1日当たり32円)



で使う事が出来るのですが(7日間の無料体験付き)、これって高校生やもしかしたら大学生にとって割と躊躇してしまうような値段ではないでしょうか?

でもオトナな社会人の方なら割とスッと行けるのではないでしょうか。

英会話専門、エレナ先生
エレナ先生
決してお金を使えと言ってる訳じゃないわ、ただ少額のものならすぐにお金を使えるフットワークは学生より圧倒的に軽いわよね。

何が目的でもボキャブラリーは切る事の出来ない存在

英語を学びなおしたい人は1人1人英語を学びなおしたい異なる理由があると言いましたが、それがどんな目的であろうとボキャブラリー取得、単語の取得は切っても切れない存在です。

このサイトの様々な記事で言っていますがボキャブラリー力はあなたの英語力の土台であり英語力のポテンシャルです、単語力が50だとしたらスピーキングの最大のポテンシャルも50です、リスニングの最大のポテンシャルも50です、別の例で行けば単語力が20なのにスピーキング力が50になる事は100%ありません、これは断言できます。

裏を返せばボキャブラリー力があれば英語上達のポテンシャルは無限大です。

ボキャブラリー力の重要性を分かっていただけたでしょうか。

そこで僕が絶対的に安価で簡単に超効率的に単語を取得できる方法としておすすめしているのが僕がアレンジしたSCRATCHH式英単語学習法です。

その方法などは全て細かく記事にしていますので是非ご覧ください。

SPONSORED LINK

ボキャブラリー取得+お好みの勉強法でバッチリ着実に

さぁボキャブラリー取得が必須であることは分かっていただけたと思います。

これだけは絶対に外してはいけません。

あとは自分の目的に合わせたお好みの勉強法を組み合わせれば必ず着実に英語力は上がっていきます。

  • 例えば洋画を字幕なしで鑑賞するのを目標とする人なら

ボキャブラリー取得+映画を使ったリスニング勉強法

  • 外国人の人と喋れるようになりたい!という人なら

ボキャブラリー取得+DMM英会話でのスピーキング練習