SPONSORED LINK

こんにちは、偏差値40から英語に目覚めイギリスの大学へ入学・卒業し英検1級を一発で取得したSCRACHH COライターのJINです。

僕が英語に目覚めて勉強し始めたのはもう約10年近く前になります(時が経つのは…)

当時自分が実践していた学習方法をそっくりそのままお伝えする事も出来ますが、時代が進化していくにつれて英語学習に使える様々な新しく画期的なツールが登場しています。

英語が出来るようになった今そんな新しいツールを自分自ら試しては英語学習に応用できないかと考えて記事にすることも今はできます。

今回はこの間

「英語学習にめちゃくちゃ使えるじゃないか!」

「自分が英語を勉強していた時代にもこんなのが存在していたらよかったのに!」

というスマホ、タブレットの時代だからこその超格安ツール「Audible(オーディブル)」を発見したのでもったいぶらずにシェアします!

ちなみにAudible(オーディブル)というのは簡単に説明するとAmazonさんが運営する無料体験付きの世に出ている40万タイトルを超える様々な本(洋書含む)を選んで「読む」ではなく「朗読で聞く」事が出来るサービス、アプリです。

マジでこんなサービスが俺の時代にあったらよかったのに!

このサービスを使ってしっかりやり込めば日本に居ても楽しみながら大幅な英語力(特にリスニング力)アップが見込めるのでは…と本気で思います。

この記事では

  • Audible(オーディブル)とは何か
  • Audible(オーディブル)が英語学習に役立つ3つの大きな理由
  • Audible(オーディブル)が格安英語教材に変身する3つの理由
  • 英語学習としてのAudible(オーディブル)のメリットとデメリットまとめ
  • Audible(オーディブル)の入会(無料体験)方法
  • 管理人JINがAudible(オーディブル)を実際に使ってみた
  • Audible(オーディブル)の退会方法

最初から最後まですべて説明します!

Audible(オーディブル)とは何か

Audible(オーディブル)は現在Amazonが提供しているサービスの一つで本を「読む」ではなく本を「聞く」「オーディオブックとして」楽しむ事が出来るサービスです。

以前紹介したKindle Unlimitedのように月額を支払って利用するタイプのサービスです。

Audible(オーディブル)も初回登録から30日間は無料体験期間(期間中解約有り)となっています(太っ腹ですね)

SPONSORED LINK

Audible(オーディブル)が英語学習に役立つ3つの大きな理由

1.好きな本をネイティブが朗読してくれるという最高の環境

皆さんの周りにお気に入りの本を朗読してくれる英語ネイティブはいますか?

99.9%の人はいないでしょう。

もしいるのであればどんな状況だか気になる…(笑)

もちろん英語教材や参考書にはCDが付いてきます、でもそこで問題なのは

  • そもそもその教材の音源って勉強には良いけど楽しめるの?
  • 学生時代のリスニングみたいにロボットみたいな話し方じゃない?
  • 興味のあるストーリーをリスニングしたくない?

そんなところ。

さらに言えば子供って家庭によるかもしれませんが寝る前に本の読み聞かせをしてもらって言葉を覚えたりする事ってあるじゃないですか、英語で言う「Bedtime story」ですね。

もちろん最初に言ったように大人になったらそんな事あなたにしてくれる人はいません…

ごめんなさい、Audible(オーディブル)もさすがに「この言葉ってなんていう意味?」と聞いても答えてはくれませんが…

でも例えばもうすでに日本語で読んでストーリーを知っている海外発の本を英語でネイティブ音源と共に聞く事ができたら良いと思いませんか?

これって最高の娯楽兼学習になる可能性を秘めてると思いません?

2.幅広い書籍タイトルがあるので様々な本を「聞ける」

1つ目と繋がってきますが、Audible(オーディブル)では様々なタイトル、ジャンルの本を自分の好みで選んで聞く事が出来ます。

誰もが気に入ったオーディオブックを見つけられるということです。

例えば自伝、ビジネス書、小説、子供用…などなど本屋で見つける事が出来るジャンルはほとんど網羅しているはずです。

例えば英語のビジネス本なんかを選べばスキルアップ+英語力(リスニング力)アップの可能性を秘めた強力なツールになりますよね。

3.英語学習が娯楽に変わる可能性を秘めている

最初にも言いましたが英語の教材を買えばリスニングを含んでいる教材ならCD音源が付いてくるのでそういう機会は実際たくさんあるっちゃありますよね。

でもやっぱり教材についてくる音源なので楽しく…とはなかなかいけないものです。

「楽しく聞き流しで」

とうたっているような教材であってもストーリーは向こう側が用意して自分で決められるわけではないので楽しめるかどうかは謎なとこではあります。

もちろん教材であれば勉強という側面も大きいので学べる情報はAudible(オーディブル)よりは多いでしょう、ただ楽しくできるのか…と言ったら自分で自分が好きなタイトルを選べるAudible(オーディブル)の方が楽しいかな、と個人的には思います。

Audible(オーディブル)で英語を聞くだけで英語力が上がるとかそんなおとぎ話のような事はサラサラ思っていませんが、ちゃんとした勉強の合間にAudible(オーディブル)で楽しく英語を娯楽として聴けるのであれば最高ですよね。

音源なのでお風呂の中とかのすき間時間も有効活用できそうなのも良いです。

SPONSORED LINK

Audible(オーディブル)が格安英語教材に変身する3つの理由

1.これまでオーディオブックがどれほど高価だったか知っていますか?

そもそもオーディオブックの数は少なかったのですが、オーディオブックは今までかなり高価なものでした。

例えばハリーポッターシリーズの日本語版オーディオブックは今ネットで見てみると1作3,000円から4,000円の値段がしていますし、英語版も同等もしくはそれ以上の値段がします。

そんな高価なものだったオーディオブックをAudible(オーディブル)では月額1,500円で必ず1冊手に入れる事が出来ます。

更に物理的なCDが必要ではないのでそこもありがたい所です。

2.無料体験で必ず1冊無料で読む事が出来る

そんな高価だったオーディオブックを月額1,500円で1冊読めるのですら破格なのですがAmazonさんは太っ腹なのでそれ以上のキャンペーンを投じてきます。

入会登録して最初の30日間は無料体験期間(期間中解約有り)だ、と言いましたが、それと一緒に1冊無料で選べます。

4,000円もしていたオーディオブックが1,500円になり遂に無料になってしまいました。

そんなバカな…

3.無料体験期間中の解約オッケーなので超ローリスク

英語教材の紹介をこのサイトでするときは常に「値段にかかわらずリスクが低いのか高いのかを考えるべきだ」と口酸っぱく言っていますが、Audible(オーディブル)は超ローリスクです。

英語教材では14日間の返品、返金期間があるものが多いですが、その場合実際に商品を返品する手間がかかったり14日間という割と短めのリミットが存在しています。

その一方このAudible(オーディブル)はそもそも30日間の利用が無料なのにも関わらずその無料体験中に解約する事が可能な為、極論無料体験でもらった無料の本を一冊聞いて解約したら完全に無料で1冊聞けてしまうことになります。

しかもすべてデジタルで行われるので物理的な返品などもありません。

英語学習としてのAudible(オーディブル)のメリットとデメリットまとめ

ここでとりあえず考えうる英語学習としてのAudible(オーディブル)のメリットとデメリットを確認していきましょう。

まずはメリットから

英語学習としてのAudible(オーディブル)のメリット

  • ネイティブが格安で読み聞かせをしてくれるという最高の環境
  • 幅広いタイトルやジャンルの本を聴く事が出来る
  • 娯楽として純粋に楽しんで英語に触れあえる可能性を秘めている
  • 自分でリスニングする教材(書籍)を選ぶ事が出来る
  • 入会から30日間は無料体験期間
  • 無料体験期間中の解約可能(ローリスク)
  • 無料体験開始時に1冊必ず無料で選べる
  • 読む必要が無いのでお風呂などの隙間時間を有効活用できる
  • CD、およびCDプレイヤーがいらない

SPONSORED LINK

英語学習としてのAudible(オーディブル)のデメリット

  • そもそも本や物語に興味がなかったら元も子もない
  • スクリプトがある訳ではないので一定以上の英語レベルが必要になる(自分に合ったレベルの本の選定が難しい+英語力が無さ過ぎると音源についていけない)→英語初級者におすすめのタイトル(洋書)というジャンルをアプリ内で見つけました!
  • 本は目で読みたい人には合わない
  • 好きなタイトルが見つからない可能性も無いわけではない

Audible(オーディブル)の入会方法(無料体験方法)

※当サイトの読者さんのほとんどがスマホで読んでくださっているのでスマホ画面を例にしていますが、基本的にパソコンでも同じ動きになります。

ステップ1:無料体験ページへ進む

以下のリンクから無料体験ページへ進む事ができます。

>>Audible(オーディブル)の無料体験ページへ進む

ステップ2:無料体験の申し込み
ステップ3:Amazon IDとパスワードの入力(持っていない人は新規登録)
ステップ4:会員特典などの項目を確認して「無料体験を試す」をタップ

ここで会員登録自体は終了です。

ステップ5:利用デバイスの確認
ステップ6:Audibleアプリをダウンロード、インストール

僕の場合はIOSなのでApp StoreでAudibleと検索。

ステップ7:ログイン
完了!気になる本を見つけてサンプルを聞いてみよう!

管理人JINがAudible(オーディブル)を実際に使ってみた

僕は無料体験と共についてくる一冊無料コインで個人的に好きなイギリス人シェフジェイミー・オリバー氏の自伝を聴くことにしました。

通常に購入すると3,400円もするオーディオブックらしく、それを無料で貰えたという事で気分が良いですね。

普通に考えれば当たり前なのですが、イギリス人の自伝という事でナレーターもイギリス英語です。

イギリス英語をピンポイントで教える教材は数少ないのでイギリス英語を学びたい特殊な人にとってはそういう使い方もできるかもしれません。

全体的な感想を言わせてもらうと「読む」方が多分圧倒的に速く進んでいきます、そしてリスニングなのでちょっと気を抜いてしまうと話が途切れ途切れになってしまうので集中力は必要なのかなと…

ただ読みの方でも集中力が無ければ止まってしまい進まないのでどっちが良いのか…という話になるわけですが。

感覚的には本当に読み聞かせです、プロの優しい声のナレーターがゆっくり同じペースでずっと話続けてくれます。

寝る前の子供への読み聞かせという例えも正直的を得ています。

あとは実際に集中できるかにかかってくるので、集中しているときは話がバンバン入ってきますが集中が散らばっているときはあんまり内容が入ってこない場合もあります。

結局読書と一緒ですね。

英語学習の話をすると得られる効果は洋書を読む場合と大差ないと言っていいと思いますが、もちろん読む場合に鍛えられるのは主にリーディングで、聴く場合に鍛えられるのは主にリスニングなのでそこの部分のみが大きく変わってきます。

ここの好みは本当にあなた次第です。

そして先ほど話したように文面ではなかなか伝えられることができないアメリカ英語とイギリス英語の違いだったりはこうして聴く方が明らかに違いが出ます。

いくらイギリス発の小説を読んでもイギリス英語の聞き取りやスピーキングが上手くなる訳じゃありませんからね。

最初の1冊は無料なのでぜひ試してみて合えば最高ですし、合わなければ即解約できるので試してみない理由は無いです!

Audible(オーディブル)の退会方法

入り口も説明したのでしっかりと出口の方法も説明しておきます。

基本的にパソコンサイトからしか退会不可となっていますがスマホからも退会は可能です。

ステップ1:スマホ上のブラウザで公式サイトを訪れる

スマホ上で訪れると自動的にスマホサイトに変わってしまうので、パソコン用サイトに移動するために上にある更新マークを長押しします。

ステップ2:PCサイトへ移動する
ステップ3:アカウントサービスへ移動
ステップ4:退会手続きへをタップ

そこから進んでいきますので退会する方向のボタンをクリックし続けます。

ステップ5:退会完了メールの確認

以上がAudible(オーディブル)のサービス紹介全てです!

無料体験がついてくるのでリスクなしで1冊洋書を聴いて楽しめると考えればとても試してみる価値があるサービスです。

僕なんかは読むのが得意ではないので洋書でも日本語の本もお風呂とかで聴いていこうかなぁと考えています!