海外旅行の観光中に使える役立つ英会話フレーズと英単語20選

方向音痴過ぎてもうどうしようもなくなったらその辺にいる人に聞くJIN(@ScratchhEnglish)です。

自分で言うのもなんですが、僕の方向音痴はさすがにヤバいレベルの自覚があります、道は10回以上短期間で通らないと覚えられません、運転はナビ必須です、20年以上住む市内でもナビを使うレベル。

そんな方向音痴が海外旅行に行ったらもう大変です。

スマホマップが無い時代に印刷した紙だけを頼りにパリに行った時はホステルを探すのに夜中1時間以上彷徨い続け結局タクシーに乗ったら100m乗ったら着いたという逸話もあります(笑)

確かに今はスマホマップが現在位置情報と共に使えるので便利です。

それでも迷う事ってありますよね(僕だけ?)

道に迷うだけでなくても、このバスがどこに行くのかなんてなかなか分からないですよね。

今回はそんな海外旅行中の観光中に使える役立つ英会話フレーズと英単語を30個紹介します!

これを覚えれば英語で観光はバッチリです!

目次

海外旅行の観光中に使える便利な英会話フレーズ

スポンサーリンク

Where is the Piccadilly Circus station?(ピカデリーサーカスはどこにありますか?)

Where is the Piccadilly Circus station?(ピカデリーサーカスはどこにありますか?)

今の時代スマホがあるとはいえ、聞いた方が早かったりマップを使ってもなかなかたどり着けない場面があります。

そんな時はこのフレーズを使いましょう!

一番シンプルなフレーズです。

Does this bus go to Harrods?(このバスはハロッズに行きますか?)

Does this bus go to Harrods?(このバスはハロッズに行きますか?)

日本でバスに乗る事って結構稀だと思うのですが、海外、特にヨーロッパで旅行中はバスに乗る機会が多いです。

慣れてないからこそ戸惑います、とりあえず聞くのが一番!

Could you take a picture of me please?(私の写真を撮って頂けませんか?)

Could you take a picture of me please?(私の写真を撮って頂けませんか?)

一人旅に出てセルフィーではない写真を撮って欲しいという人も結構いる事でしょう。

そんな時はこのように聞けば丁寧な表現になりますのでおすすめです。

How far is it to Angel station?(エンジェル駅まではどれくらいありますか?)

How far is it to Angel station?(エンジェル駅まではどれくらいありますか?)

現在地から目的地までどれくらい遠いのかをこれで聞く事ができます。

ただこれに関してはインターネット接続があればマップ機能で今は見れてしまいますね…

Excuse me, what time does the museum close?(すみません、美術館は何時に閉まりますか?)

Excuse me, what time does the museum close?(すみません、美術館は何時に閉まりますか?)

これを使えば美術館でもどこでも何時に閉まるのかを係員の人に聞く事ができます。

丁寧に簡潔に教えてくれると思いますよ!

When does the next tour start?(次のツアーはいつ始まりますか?)

When does the next tour start?(次のツアーはいつ始まりますか?)

当日でツアーなどに参加したい場合に使う事ができます。

観光都市では音声付きのツアーバスがあったりするのでそれに乗れば観光地の要点をさっと見る事ができたりします。

Do you have any information about local places(ここの地元の場所に関する情報はありますか?)

Do you have any information about local places(ここの地元の場所に関する情報はありますか?)

Tourist information(観光案内所)で使う事ができるフレーズです。

恐らくパンフレットやマップなど様々な情報を手に入れる事ができるでしょう。

Excuse me, I’m looking for the post office. Do you know how to get there?(郵便局を探しているのですが行き方を知っていますか?)

Excuse me, I’m looking for the post office. Do you know how to get there?(郵便局を探しているのですが行き方を知っていますか?)

Post officeの部分を変えればどんな場所でも応用が利くフレーズです。

どうしても道に困った時に使いましょう!

Where can I find a grocery store around here?(この辺で日用品を買える場所はどこですか?)

Where can I find a grocery store around here?(この辺で日用品を買える場所はどこですか?)

直訳すると

「この辺で日用品ストアをどこで見つける事ができますか?」

つまりどこにあるのかを聞く事ができます、色々応用も可能です!

Can you recommend any interesting towns nearby?(ここの近くで面白いおすすめの町はありますか?)

Can you recommend any interesting towns nearby?(ここの近くで面白いおすすめの町はありますか?)

こちらも観光案内所などで聞ける便利な英会話フレーズです。

Recommend:すすめる

Interesting:興味深い

Nearby:近くで

例えば同じ都市に1週間滞在して1か所で飽きてきたときは観光案内所に行って聞いてみても良い日帰り旅行先を知る事ができるかもしれませんね。

海外旅行の観光中に使える便利な英単語

No smoking(禁煙)

No smoking(禁煙)

Smokingは基本的にタバコを吸う行為を表しています、表記にイラストがある場合と無い場合があるので無い場合は注意。

イラストが無くてもNo smokingと書いてあったらそこは禁煙エリアという事を表しているので、吸ってはダメですよ!

Downtown/City Centre(繁華街、中心地)

Downtown/City Centre(繁華街、中心地)

都市の中心地を表す単語はアメリカ英語がダウンタウン、イギリス英語がシティセンターです。

旅行する時は中心地を中心として観光が多い事かと思います、一応この単語を覚えておくと役立つかも?

Ticket office(切符売り場)

Ticket office(切符売り場)

チケット(を売っている)オフィス、そのままチケットや切符を売っている場所を指します。

公共交通機関、またはアトラクションなど様々な場所で見る事ができます。

Souvenir shop(お土産屋さん)

Souvenir shop(お土産屋さん)

英語で「お土産」はスペルが非常に難しい「Souvenir」です。

発音は「スーヴェニアー」のような感じで、スーヴェニアーショップにはお馴染みのお土産がたくさん売られています。

僕は色々な国のマグを集めています、マグネットとか行った場所の国で何か1つ集めている人って結構いますよね!

Drug store/Pharmacy(薬局)

Drug store/Pharmacy(薬局)

ドラッグストア、ファーマシー…

薬局の事を指します!

日本のスギ薬局のように色々売っている大型のところもあれば、こじんまりした薬局もあります薬が必要になったらここを目指していきましょう。

Tourist information(観光案内所)

Tourist information(観光案内所)

大都市に行くと大型駅の中に結構あったりする観光案内所。

マップやパンフレットなどを手に入れる事ができるだけでなく、質問がある場合は直接受け付けの人に聞く事ができるので結構便利です。

スポンサーリンク

Tourist attraction(観光名所)

Tourist attraction(観光名所)

アトラクションと聞くと「遊園地の乗り物?」と思ってしまいますが、元々アトラクションはAttract(魅了する)の名詞形で魅力がある事を表します。

つまり観光客に魅力的な場所、観光名所という風になります。

Theme park(遊園地、テーマパーク)

Theme park(遊園地、テーマパーク)

そのまま読めば「テーマパーク」つまり遊園地の事を表しています。

ヨーロッパなどは独自の世界観を持った遊園地も結構あって遊園地そんなに好きではない僕も意外と楽しめました。

Admission fee(入場料)

Admission fee(入場料)

アドミッションフィーって何?フィー(料金)はなんとか分かるけどアドミッションって…

と思う場面もあるかもしれません。

Admissionには入場という意味があるので、Admission feeは入場料と言う意味になります。

Hiking Trail(ハイキングコース)

Hiking Trail(ハイキングコース)

Hikingはそのままハイキング、Trailには道、小道という意味があるので「ハイキングコース」となります。

自然のある場所を訪れるときはぜひこのHiking Trailを探して歩いてみると気持ちがいいかもしれませんね!

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

Secured By miniOrange