【これでバッチリ】海外ショッピングで使える英会話フレーズ20選

イギリスの服屋と日本の服屋の接客の中間が好ましいと思っているJIN(@ScratchhEnglish)です。

皆さんご存知のように日本のアパレル店員さんって凄いアグレッシブに来るじゃないですか?イギリスの店員はその逆で向こうから構ってくる事はありません。

自分のペースで買い物したい一方でやっぱり店員さんと会話したいという気持ちもあるんですよね…という僕がわがままであるという余談でした。

皆さんも海外旅行中にショッピングする事ってあると思います。

特に服屋や靴屋なんかは難易度が高いのではないでしょうか?

  • サイズ調整
  • 他の色が無いか
  • 呼び止め方

などなど挙げるとキリがないくらいです。

今回はそんな海外旅行中のショッピングで使える英会話フレーズと英単語を20個厳選して紹介します!

【これでバッチリ】海外ショッピングで使える英会話フレーズ

スポンサーリンク

I’m looking for~(~を探しているのですが)

I’m looking for~(~を探しているのですが)

明確に探しているものがある人はこのような形で店員さんに聞いた方が早いです。

また、海外の服屋(特にヨーロッパ)の接客はあまり声をかけてこないので聞きたいことがあったら自分で聞かなければなりませんのでご注意を!

使用例

エレナ
I’m looking for a good long coat(良いロングコートを探しているのですが)

Do you have this is medium size?(これのMサイズってありますか?)

Do you have this is medium size?(これのMサイズってありますか?)

服屋で使える英会話表現です大体サイズは

  • XS=Extra Small
  • S=Small
  • M=Medium
  • L=Large
  • XL=Extra Large

と言った感じになります

使用例

エレナ
Do you have this is small size?(これのSサイズってありますか?)
エリカ
Sure we do!(もちろんです!)

Can I try it on?(これ試着してもいいですか?)

Can I try it on?(これ試着してもいいですか?)

Try onは試着するという意味の熟語でなので、服屋や靴屋で試着したいものがある場合はこのフレーズを使って聞いてみるのがおすすめです。

また欧米だとMが日本のLである場合も多いので試着はマストと言ったところ。

使用例

エレナ
Can I try it on?(これ試着してもいいですか?)
エリカ
Of course you can!(もちろんです!)

Do you have one size smaller?(ワンサイズ小さいのありますか?)

Do you have one size smaller?(ワンサイズ小さいのありますか?)

One size smallerでワンサイズ小さいという意味になります。

また、ワンサイズ大きいにしたい場合はOne size bigger(Larger)に入れ替えると応用できます。

Can you help me pick out a gift for my boyfriend?(彼氏へのプレゼントを選ぶ為のアドバイスを頂けますか?)

Can you help me pick out a gift for my boyfriend?(彼氏へのプレゼントを選ぶ為のアドバイスを頂けますか?)

意訳になってしまいましたが、直訳すると

「私の彼氏の為のプレゼントを選ぶのを手伝ってもらえますか?」

となります。

もちろんMy boyfriendの部分は他の様々な人に入れ替える事ができます。

I would like to exchange this jacket(このジャケットを交換したいのですが)

I would like to exchange this jacket(このジャケットを交換したいのですが)

何らかの不都合があり商品を別のものと交換したい場合はこのフレーズが使えます。

レシートはもちろん必須で、店によって返品/交換ポリシーは異なります。

使用例

エレナ
I would like to exchange this sweater(このセーターを交換したいのですが)
エリカ
Sure, do you have the receipt?(分かりました、レシートは持ってますか?)

Excuse me, is this shirt on sale?(このシャツはセール品ですか?)

Excuse me, is this shirt on sale?(このシャツはセール品ですか?)

お店に行くと「これってセール品なの?」と通常価格なのかセール価格なのか分からない時って結構ありますよね。

そういう時はこの表現を使ってセール中か聞く事が可能。

What would you recommend?(おすすめはありますか?)

What would you recommend?(おすすめはありますか?)

ショッピング以外でも使えますが、このフレーズで店員さんの「おすすめ」を聞く事ができます。

服屋では微妙かもしれませんがお土産屋さんとかで使うのがおすすめです。

使用例

エレナ
What would you recommend as a souvenir(お土産として何がおすすめですか?)

Do you have any winter coats?(冬物のコートはありますか?)

Do you have any winter coats?(冬物のコートはありますか?)

特定の探しているものがその店にあるかどうかを知りたい時に使えます。

そんな時はシンプルに「Do you have~?」で聞いてみましょう。

Is there~?よりナチュラルです。

Could you tell me where the chocolate is?(チョコレートの場所を教えて頂けますか?)

Could you tell me where the chocolate is?(チョコレートの場所を教えて頂けますか?)

お店に行って特定のものがどこにあるのか分からない場合にこの英会話フレーズを使う事ができます。

特にスーパーなどで便利な表現です。

使用例

エレナ
Could you tell me where the milk section is?(牛乳売り場の場所を教えて頂けますか?)

【これでバッチリ】海外ショッピングで使える英単語

Fitting room(試着室)

Fitting room(試着室)

フィッティングルームは試着室の事を指します(Changing Roomと言う場合もある)

大体の場所は試着室専門の係がいるので試着したいものを持っていけば案内してくれます。

中にはフィッティングルームに大量に服を持ち込む人も結構いたりします。

使用例

エレナ
Where is the fitting room?(試着室はどこですか?)

Shopping Centre/Shopping Mall(ショッピングセンター)

Shopping Centre/Shopping Mall(ショッピングセンター)

アメリカではShopping Mall、イギリスではShopping Centreが主に使われます。

日本のショッピングセンター同様食料品売り場、フードコート、専門店などが入っています。

イオンモールを想像してもらえればと思います。

Cash register(レジ)

Cash register(レジ)

正式名称はこちらになりますが、状況や国によって若干使う単語が異なる場合もあります。

  • Till→イギリス英語
  • Cash desk→レジのあるデスク
  • Cashout/Checkout→無人レジはSelf-checkoutと呼ばれています

Tax refund(税金還付)

Tax refund(税金還付)

この間イギリスで日本のクレジットカードを使って服屋で買い物をしたらレジから自動的に税金還付用のレシートが出てきました。

付加価値税が戻ってくるようです、びっくりですね!

タックスリファンドはつまりこの事。

日本にも訪日外国人向けに「タックスフリー」のお店がたくさんありますよね。

Return(返品、返品する)

Return(返品、返品する)

海外の返品文化はかなり驚くものがあります。

もちろん人にもよりますが、プレゼントが気に入らない場合は平気で返品しに行きます。

あげた側も「気に入らなかったら返品してもいい」と言う旨を伝える人もいます。

そのためにプレゼントにはレシートも一緒に包まれている事もあります。

使用例

エレナ
I’d like to return this teacup(このティーカップを返品したいのですが)

Sale(セール、売上)

Sale(セール、売上)

日本語でもセールを使うので英語でも問題無いですね。

また、セール中は英語で「On sale」ですが、「発売中」という意味もありますSaleにはセール以外にも「売上」という意味もあるので注意しましょう。

使用例

エレナ
Is this still on sale(これまだセール中ですか?)
エリカ
I’m sorry but the sale ended last week(申し訳ございませんがセールは先週終わりました)

スポンサーリンク

Market(市場)

Market(市場)マーケットと言えば日本語でも多少予想がつくかと思いますが、市場を意味する単語です。

  • 魚市場
  • 野菜市場
  • アンティーク市場など

Marketは市場(いちば、しじょう)を表す非常に重要な単語です。

Souvenir(お土産)

Souvenir(お土産)

お土産という意味の英単語はこれです。

発音は「スーヴェニアー」といったところで、お土産屋さんは「スーヴェニア―ショップ」と大体言われています。

観光中心地などにはたくさん見つける事ができるでしょう。

Shop assistant(店員)

Shop assistant(店員)

店員さんの事はショップアシスタント、もしくはストアクラークと言われることが多いです。

ただレストランや飲み屋の店員には使う事はできず、あくまで小売店での店員さんを指す単語なので注意しましょう。

Browse(閲覧する、ざっと見る)

Browse(閲覧する、ざっと見る)

インターネットではブラウズ、ブラウザー、ブラウジングなどといった言葉がよく出てきますが、ショッピングでも使えます。

「見ているだけです」と言いたい時にI’m just browsingと言った感じで使えます。

使用例

エレナ
Can I help you?(何かお探しですか?)
エリカ
Oh, no I’m just browsing(あ、いいえ、見ているだけです)

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます