【食事や飲み物】海外旅行で知っておくと便利な英会話20選(機内編)

SPONSORED LINK

機内での過ごし方、本当にいつまで経ってもスマートではないJIN(@ScratchhEnglish)です。

寝れない、映画集中できない、読書も苦手、そんな三拍子そろった僕がお送りする海外旅行で知っておくと便利な英会話・英語の機内編です。

過ごし方がスマートでなくても機内でのやりとりはスマートにこなしたいですよね。

特に飛行機内で使う英語なんてかなり限られているので覚えるのも億劫ではありません。

今回の記事ではイギリスに住んでいた頃結構飛行機に乗ったのにも関わらず今でも過ごし方が分からない、そして飛行機嫌いの筆者が覚えておくと便利な機内英会話、英語を20個厳選して紹介します!

目次

飛行機内で使える便利な英会話フレーズ

Could I have a cup of Orange Juice please?(オレンジジュース1杯いただけますか?)

Could I have a cup of Orange Juice please?(オレンジジュース1杯いただけますか?)

機内で飲み物を聞かれた際に使えるフレーズです。

Orange Juiceの部分を変えて応用できます

  • Beer:ビール
  • A glass of red wine:赤ワイン1杯
  • A glass of water:水1杯

などなど

What kind of drinks do you have?(どんな飲み物がありますか?)

What kind of drinks do you have?(どんな飲み物がありますか?)

食事と一緒に、もしくは飲み物の配布が行われた時にどんな飲み物のオプションがあるのか知りたい場合使えます。

大体どこでも似たような選択肢ですが聞いてみるのもいいでしょう。

ただ僕は結局毎回水だけ貰います。

Please fasten your seat belt(シートベルトを締めてください)

Please fasten your seat belt(シートベルトを締めてください)

こちらは言われる側のフレーズです。

Fastenはベルトなどで締めるという意味の動詞で、ファステンではなくファスンといったような発音です。

一言聞いてスマートに対応できるといいですね。

Could you tell me where the closest exit is?(一番近い非常口がどこか教えていただけますか?)

Could you tell me where the closest exit is?(一番近い非常口がどこか教えていただけますか?)

飛行機に乗る時に意外と非常口や機体の前方、後方など気にする人も多いみたいですね。

Exitの部分を変えれば応用して使えます。

Can I ask you some questions about the in-flight entertainment?(ちょっと機内エンターテインメントについてお聞きしても良いですか?)

Can I ask you some questions about the in-flight entertainment?(ちょっと機内エンターテインメントについてお聞きしても良いですか?)

映画を観たり音楽を聞いたりできるあの機械は英語で

「In-flight entertainment」 です。

Chicken, please(チキンでお願いします)

Chicken, please(チキンでお願いします)

お決まりのフレーズChicken or pork? Chicken or fish?などに対する受け答え。

何を頼むにせよ英語では最後にPleaseを付ける事でマナー的なポイントがグッと上がります。

Could you~やMay I~を使わないにせよ、ぜひPleaseを使ってみましょう。

Excuse me, can I go to the toilet?(すいません、トイレに行っても良いですか?)

Excuse me, can I go to the toilet?(すいません、トイレに行っても良いですか?)

飛行機には限られたスペースしかありません長距離のエコノミークラスなら1列3席以上が普通なのでトイレに行くには隣の人を横切る必要があります。

トイレに行きたい時はこのように一言添えてから横切るようにしましょう。

I’m sorry, I think you’re in my seat(すいません、ここ私の席のはずなのですが…)

I’m sorry, I think you’re in my seat(すいません、ここ私の席のはずなのですが…)

飛行機でかなりありがちなやつです。

僕は自分自身が間違ったところに座ってしまったり、自分の席に他の人が座っていた事も結構あります。

結構気まずいものがありますよね。

What are you planning to do when you get to Tokyo?(東京に着いたら何をする予定ですか?)

What are you planning to do when you get to Tokyo?(東京に着いたら何をする予定ですか?)

隣の人に話しかける際の会話のスタートして使えます。

しかし疲れていて寝たい人もたくさんいるのでそこの雰囲気は自分で汲み取る必要があります。

Could you help me put this bag in the overhead compartment?(荷物入れに荷物を入れるのを手伝ってくれませんか?)

Could you help me put this bag in the overhead compartment?(荷物入れに荷物を入れるのを手伝ってくれませんか?)

頭の上にあるので重い荷物を入れようとして落としてしまったら大変です。

近くの人や客室乗務員の方にこうやって聞けます。

SPONSORED LINK

飛行機内で使える便利な英単語

Blanket(毛布、ブランケット)

Blanket(毛布、ブランケット)

飛行機内は季節問わず寒く感じてしまいがちです。

寒いのが苦手な人は追加で毛布が欲しいという人もいる事でしょう。

そんな時に使える単語が

「Blanket(ブランケット)」

です、キャビンクルーの人に聞いてみましょう!

Landing(着陸)

Landing(着陸)

Landing以外にもTouchdownなんて言われることもあります。

Landが陸地という名詞ですから成り立ちは分かりやすいかと思います。

関連単語

Landing accident:着陸失敗(事故)

Landing angle:着陸角

Landing area:着陸帯

Life jacket(救命胴衣)

Life jacket(救命胴衣)

人生で一度たりとも使いたくないようなものですが、救命胴衣はライフジャケットです。

命を助けるジャケットと言いましょうか…

一応飛行機に乗る時はどこにジャケットがあるのか知っておきましょう。

Oxygen mask(酸素マスク)

Oxygen mask(酸素マスク)

Oxygenが酸素という意味の単語なのでそのままMaskとくっつけてOxygen maskです。

絶対に使うような状況が訪れてほしくないものですよね…

関連単語

Carbon dioxide:二酸化炭素

Carbon monoxide:一酸化炭素

Complimentary(無料の)

Complimentary(無料の)

これ機内英語だけに関わらず旅行ではとても重要な単語です。

「無料」だとFreeを思い浮かべますが、機内でもホテルでもComplimentaryという単語が使われていることが多いです。

例えば

Complimentary drink(無料ドリンクサービス)といった形で使われたりします。

覚えておくと便利です!

Row(横列)

Row(横列)

飛行機内だけに限らずコンサート会場やスタジアムの中など椅子が固定して並んでいる時によく使われます。

日本語でいう

1列目

2列目

3列目といったところでしょうか。

また、エクセルでもRowは行として使われています。

Overhead compartment(荷物入れ)

Overhead compartment(荷物入れ)

Overhead:頭の上にある

Compartment:収納

つまり座席の上にある荷物入れの事を指します。

搭乗が遅いと自分の上の荷物入れが埋まっていたりしてとても困るので、僕は常に早い搭乗を心がけています。

Economy-class(エコノミークラス)

Economy-class(エコノミークラス)

一番標準的な座席です。

その次に

  • ビジネスクラス
  • ファーストクラス

となりますが、最近ではエコノミーの上にプレミアムエコノミーなどがあったりより細分化している航空会社もあります。

僕はエコノミーしか乗った事が無いのでそれ以上の快適さは知りません、知ってみたい気持ちと一生知りたくないという気持ち半分半分です。

Lavatory(トイレ)

Lavatory(トイレ)

基本的に機内には「Toilet」や「Bathroom」という表記はされず「Lavatory」と表記されています。

厳密な事を言うとトイレを併設している洗面台という事で「Lavatory」が使われているようです。

最初は戸惑いますよね。

SPONSORED LINK

Turbulence(乱気流)

Turbulence(乱気流)

天候により飛行機が結構揺れることがあります。

そんな状態の乱気流はTurbulenceと言います。

これまで飛行機に乗って結構揺れた事が何回かありますが、いつになっても慣れないものです、飛行機も慣れません…

ツイッターにもかなり力を入れています

一時期SNSからすべて撤退していましたが、最近は毎日短文で継続的な情報発信ができるようにTwitterの活動に力を入れています。

偏差値40から英検1級に合格し、イギリスの大学を卒業した僕だから分かる英語学習に関するヒントや、明日から使える英語表現を毎日お送りしています!

フォローするかどうかはあなた次第、SCRATCHH COと一緒に英語力を伸ばしましょう!

英語学習に伸び悩んでいませんか?

  • 英語を始めてみたいけど何から始めたらいいのか分からない
  • 最近英語に伸び悩んでいる
  • 英語学習が全然楽しくない
  • もっと効率的、効果的に英語力を上げたい
  • 英会話スクールには高くて通えないけど本格的に英語を勉強したい

そんな悩みを抱える方々の為に偏差値40からイギリスの大学を卒業したSCRATCHH CO管理人JINが世にあるオンライン英語教材をたくさん試し、数ある中からコストパフォーマンスのみに重点を当てておすすめを5つ厳選してランキングにしました!

>>超厳選コスパランキングトップ5はこちらからご覧いただけます

 

最新情報と英語学習に役立つツイートをチェック!